女性の転職は何歳まで?女性が何歳でも転職に成功するための知識まとめ

女性の転職は何歳まで?女性が何歳でも転職に成功するための知識まとめ

こんにちは、株式会社Youth Planet-転職エージェント編集部です。

「女性の転職は何歳までがリミット?」

女性の転職はある一定の年齢を超えると難しくなるというのは本当なのでしょうか?

女性の転職は何歳までにするのが理想ですか?

20代の頃は「20代で転職しても経験が浅いから好条件での転職は無理かも」と思い転職を先送りに。

30代になりある程度経験を積み、転職を考えた今では「30代半ばにもなると転職するにはもう遅い?若い子に負けちゃう?」と思い転職できずにいます。

まず、「女性の転職はいくつまで?」「女性の転職は何歳までに」なんて年齢のリミットは基本的には存在しません。

女性の転職で重要なのは、年齢にとらわれすぎず、今あなたの年齢での転職で何を求められているのか、どのようなキャリアパスが描けるのかを知り、それに応じた転職活動を行うことです。

今回は女性の転職と年齢の関係性、女性の転職に年齢が影響する理由と女性の年齢別転職成功方法について詳しく解説していきます


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

女性の転職は何歳まで?転職限界説を検証

女性の転職は何歳まで可能なのでしょうか?

28歳、32歳、35歳など様々ないわゆる「女性の転職限界説」がささやかれていますが、果たしてそれは事実なのか?年齢別に検証していきましょう。

28歳転職限界説

まず「28歳転職限界説」ですが、その理由としては、30代前半までに実績を残してキャリアアップを目指すと考えた場合、30歳までにはその仕事に就いて1人前に仕事が出来るようになる期間として最低2年は必要と考えられているからです。

女性が28歳までに転職した方がいいというのはあくまで「目安」です。28歳を過ぎて転職した女性でもその後順調にキャリアを積みステップアップしていく方は大勢います。

ただ、28歳という年齢は社会人としての経験も適度に積みながら、1つの会社に染まりきっておらず伸びしろが期待できるという点で転職市場価値が非常に高い年齢なので、転職を考える女性にとってはまたとない絶好のチャンスであると言えます。

「28歳転職限界説」なんてささやかれていますが、28歳女性は転職市場価値は意外と高く女性にとって28歳は転職の絶好のタイミングだとご存知でしたか?28歳女性の転職事情と転職を成功させるためのたった5つのポイントと唯一の必勝法について詳しく解説していきます。

32歳転職限界説

次に「32歳転職限界説」というものもありますが、これは転職先の上司が年上であるぎりぎりの年齢と考えられるためです。

確かに年功序列の思想が強い日本では、年下の上司にとって年上の部下は扱いにくいとされ嫌煙されがちでした。

しかし、今は上下関係という概念よりも、上司や部下でなくそれぞれの役職を「役割」と考える会社も増えてきて上司と部下の年齢を気にしない会社も増えており、近年「32歳転職限界説」は消えつつあります。

35歳転職限界説

また、女性の転職は35歳までという「35歳転職限界説」は多くの人が耳にしたことがあるのではないのでしょうか。

「35歳転職限界説」の理由としては、転職先では即戦力としての実力を求められるので、ある程度のスキルや経験がないと転職が厳しいということと、定年から逆算してキャリアアップのための時間が不十分だと考える企業が多いからです。

しかし現状は変わってきていて、日本では慢性的な人手不足が深刻化しており、30代以降でもスキルや経験がある人材はもちろん、スキルなどがなくても働く気がある人ならぜひうちに!という企業も多くなってきていますし、「35歳転職限界説」ももはや時代遅れの話になりつつあります。

35歳独身女性にとって今がまたとない転職のチャンス!?しかし、同時に35歳独身女性にとっては今が転職で人生を変えるラストチャンスかも。35歳独身女性の失敗しない転職のコツと注意点を解説していきます。

女性の転職に年齢が影響するのはなぜ?

先述した通り、慢性的な人手不足にある日本において、女性の転職の際に年齢を理由に企業が採用しないことはほとんどありません。

しかし、それは表向きで女性には年齢とともに結婚、出産、育児など大きくライフスタイルが変化し、それに伴い離職する可能性もでてくるため、女性の転職には年齢も大きく影響がでやすいのです。

20代前半では結婚は遠いと考えられ転職に優位であったり、20代後半~30代前半は一番働き盛りではあるものの、寿退社を懸念して採用したがらない会社もあります。

また逆に、30代後半40代で独身であれば「結婚はしないかもしれない」と考えられたり、子供がいても子育てにひと段落していれば、時間に融通が利きやすいため企業も採用に前向きだったりします。

年齢よりも考えたいのはライフイベント

女性の転職に年齢が影響するのはそこにライフイベントとのかかわりがあるためです。

女性の転職では、自分のライフイベントについて考え、その上で仕事とプライベートをどのように両立させていきたいのかを明確にすることが大切です。

結婚・出産を考えている女性は結婚後に仕事と家庭とどちらによりウエイトを置きたいのか、キャリアアップを考えているのかによって転職のタイミングをよく考えて計画的に行いましょう。

結婚を機に転職を考える女性にとって結婚前と結婚後、転職のベストタイミングをご存知ですか?女性が転職にベストなタイミングを逃してしまうと、キャリアダウンをせざる負えなくなり、後々後悔することも。女性が結婚しても仕事と家庭を両立するための転職のベストタイミングと成功方法を解説していきます。

女性の転職で年齢にリミットがあるケース

女性の転職には年齢のリミットは基本的にないとお伝えしましたが、公務員の大卒一般枠は年齢制限がありますし、未経験や異業種への転職では求人票に年齢制限がなくても、若年層が優先的に採用されますので、公務員や未経験での転職には注意が必要です。

公務員の大卒一般枠

公務員に転職するには、大卒一般枠と経験者採用の2つの方法があります。大卒一般枠の場合、受験資格に年齢制限があるところが一般的です。

例えば国家総合職・裁判所総合職などの国家公務員試験の場合、ほとんどの職種で30歳までしか受験できません。また、多くの自治体で地方公務員試験の年齢制限を29歳から31歳までとしています。

受験を希望する場合、各自治体で年齢制限に差があるため、事前にチェックをすることが必要です。

未経験・異業種への転職

特に専門的な知識や実務経験が重視される業界・職種では、未経験者の採用には年齢が問われる場合があります。

例えばIT業界やエンジニアは、企業で働きながら学んでいくことが非常に多い業界・職種です。30代後半・未経験での転職の場合、「研修にコストがかかる」ため企業側は採用しにくいでしょう。

その他、整備士や研究職など専門的な知識や実務経験が必要な業界・職種への転職は、できる限り20代のうちから考えることが転職の鍵です。

【年代別】女性の転職事情と成功の秘訣

「女性の転職は何歳までに」というリミットはありません。

女性の転職において年齢のリミットを意識して転職を考えるよりも、まず、年を重ねると共に仕事の経験を積み重ね、職種におけるスキルを身につけていくことを優先していれば、いくつになっても転職はそんなに難しいものではないです。

20代と30代・40代の転職では企業が女性の転職者に求めるものや転職先の選択肢も異なりますので、転職を考える際にはあなたの年齢の転職事情を把握しておくのが転職成功の秘訣と言えます。

20代の女性の転職

20代前半での転職を考える方の中には、学生の頃描いていた理想と入社後の現実にギャップを感じて安易に転職を考える方も少なくありません。

20代前半の女性が転職を成功させるために、転職したい理由が仕事内容なのか職場環境なのか、それは本当に転職しなければ解決しないのかをしっかりと考える必要があります。

20代前半の女性は不満があるからといってすぐに転職するのではなく、20代後半での転職を見据えて経験やキャリアを積むことも選択肢の一つと言えるでしょう。

また、一般的に20代後半までは、転職先に未経験の業界・職種を選ぶことも可能と言われています。

特に20代後半は社会経験がありながらまだまだポテンシャル採用が可能とみなされ、企業側からの採用ニーズがとても高く、転職に最も適している時期と言えます。

未経験の業界や職種にチャレンジしたいと考えている場合、20代後半までであれば比較的スムーズに転職ができるでしょう。

20代の女性の転職については、「20代女性の転職の実態とは|20代女性の転職成功方法を徹底解説」にも詳しく解説していますので、参考にされてみてください。

20代女性の転職にはキャリア形成だけでなく今後のライフイベントなどの悩みや不安もつきものですよね。今回はその不安を払拭するべく20代女性の転職の注意点と共に、転職成功方法を年代別、働き方別に解説していきます。

30代・40代の女性の転職

これまで述べてきた通り、30代・40代の女性であっても転職することはできます。むしろ転職によってキャリアアップを狙うことが可能です。

特に同業種での転職の場合、あなたの経験やキャリアを求める企業への転職は比較的成功しやすいと言えます。「もっと大きな仕事を任せられる環境の職場で働きたい」「これまでの経験を生かして、リーダーとして活躍したい」等の希望も叶えられるでしょう。

一方で、未経験の業種や職種への転職を希望する場合、即戦力にならないし研修にコストがかかると考え、企業側が採用を見送ることも多くあります。

30代・40代で転職をする場合、あなたの経験やスキルを活かした就職先でキャリアアップを図ることが成功の秘訣と言えます。

【30代女性の転職】30代女性が転職に成功する方法完全攻略版!」「40代女性の正社員転職は狭き門?40代女性が正社員転職に成功するには」により詳しく30代・40代それぞれの転職事情や転職成功の秘訣に関して解説しています。こちらも併せてご確認ください。

30代女性の転職では今後のライフイベントやキャリアアップなどを考えると不安が多いですよね。30代女性の転職はちょっとしたポイントと注意点をおさえることで転職成功に大きく近づきます。この記事を参考にあなたに合った転職を成功させましょう。
40代女性の正社員転職は厳しいですが、ある成功手順を知っておくだけで成功率は大きく上がります。40代女性にとっては正社員への転職を目指すには今を逃すとあとがありません。40代女性が正社員転職を成功させるためのポイントをしっかり押さえて40代女性の正社員転職を可能にしましょう!

女性の転職成功方法|まずは転職エージェントに相談!

転職に不安がある女性は転職のプロである転職エージェントに相談しながら転職活動を行うことをおすすめします。

転職エージェントは数々の転職者をサポートした経験から、各年代、業種や職種に応じた転職ノウハウを持っていますので、一人じゃ不安な転職活動も、転職エージェントのサポートがあれば安心です。

転職エージェントへの登録・相談は無料ですので、転職しようか悩んでいる方もまずは転職エージェントに相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。

女性の転職におすすめの転職エージェント5社

以下に女性の転職にもおすすめの転職エージェント5社をご紹介しますので、ぜひ転職エージェントの利用もご検討ください。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda
それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

追記:女性が転職するなら今!

いま日本は慢性的な人手不足が深刻化しており、2018年9月の有効求人倍率は1.64倍と、1974年1月(1.64倍)以来の高水準が続いています(労働政策研究・研修機構調べ)。

企業によっては人手不足で性別や年齢を気にしている余裕もないほど、新しい戦力を求めています。

女性にとっては転職する絶好のタイミングと言っても過言ではありません。

絶対に転職に成功したい女性はこの機会を逃す手はありません!すぐに行動を起こしましょう。


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

まとめ

今回はよくある「女性の転職は何歳まで可能?」という質問への回答と女性の年代別の転職事情について解説してみました。

女性の転職に年齢のリミットはありません。

たしかに、女性の転職の場合、企業側も結婚や出産などのライフイベントによる離職の不安も考慮しなければならないので、年齢が全く関係ないとは言い切れませんが、事前にライフプランをしっかりと考え、計画的に転職を行えば問題ありません。

女性が転職する際には今あなたの年齢で考えられる転職先、企業があなたに求める能力や経験を知ることから始めましょう。