弊社があえて転職エージェントの複数利用をオススメする理由

弊社があえて転職エージェントの複数利用をオススメする理由

転職エージェントを複数利用すべきか

こんにちは、株式会社Youth Planet-転職エージェント編集部です。

先日「転職エージェントを複数利用した方が良いのか?」と質問がありましたのでお答えしていきたいと思います。

希望した業界に特化したエージェント以外にも、大手転職エージェントを利用する必要があるのか」「転職エージェントには複数社利用した方が有利なのか」など、複数社を利用した方が良いと言われているけど、よく分からないことも多いですよね。

今回は、転職の専門家としての転職エージェントが、転職エージェントを複数社利用する理由や方法についての正しい情報をまとめてみました。

結論からお伝えすれば、転職エージェントを複数社利用した方が転職成功率は上がります。

※ 注意点としては、とりあえずエージェントに登録しておけば良いという訳ではなく、正しい転職エージェントの選び方を理解した上で、複数社のエージェントを利用していきましょう。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職エージェントを複数社利用することは有利

転職エージェントを複数社登録しておくことは、転職において有利です。

リクナビNEXT(会員は700万人以上、転職者の約8割が使っているとされるサービス)によるデータですが、転職決定者は平均4.2社のエージェントサービスを利用していることが分かっています。※ 全体は2.1社。

データとしても、より多くの転職エージェントを併用して利用した方が転職を成功させやすいと言えます。

転職エージェントを複数利用(併用)する旨を伝える?

転職エージェントを複数利用(併用)したいのですが…。他の転職エージェントに御社を利用していることを伝えても大丈夫でしょうか?

弊社 株式会社Youth Planetの答えとしては、『転職エージェントはガンガン複数社利用(併用)して、納得した転職を行って欲しいですが、合わせて複数利用する旨を伝えた方が良い』です。

私たちエージェント側でも、転職希望者にマッチした求人がなければ、他の転職エージェントを併用して希望する求人を確保することをオススメしております。

そして、転職エージェントを複数利用する旨は他の転職エージェントに伝えることで、エージェントのモチベーションが上がって、優先して対応してもらえることが多いです。

弊社があえてエージェントの複数利用をオススメする理由

複数の転職エージェントを利用

弊社があえてエージェントの複数利用を勧める理由は、仕事とのミスマッチや雇用トラブルによる早期離職を減らしていきたいと考えるからです。

もちろん弊社から転職を成功させていただくことも嬉しいと思いますが、複数の転職エージェントを利用することで、効率的に求人確保ができ、複数のエージェントの意見を聞くことができる為、仕事とのミスマッチが起こりにくくなると考えています。

また最近だと、日本国内の人材需要の高まりもあり、転職エージェント業に新規参入してくる企業の中には、エージェントとしての知識やスキルがない企業も増えている為、必ず比較をし転職エージェントを見極める必要もあります。

上記の理由から、転職エージェントを複数社比較して、エージェントや求人の質をチェックすることをオススメしております。

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントを複数利用するメリットは、転職を成功させる3つの要素を強化することができることです。

1, 希望条件にマッチした求人を効率よく集められる
2, 通過率が上がる
3, 入社後のミスマッチを防げる

それぞれ解説していきます。

1, 希望条件にマッチした優良求人を効率よく集められる

「希望条件にマッチした求人を効率よく集めるなら、大手転職エージェント1社に登録するだけで、大量の非公開求人を集められるから大丈夫!」と考えていませんか?

実は、転職エージェント各社には、そのエージェントでしか取り扱ってない『独占求人』があります。1社しか登録していないと『独占求人』を見逃してしまう為、複数社登録して多くの求人を確保することが重要です。

独占求人のイメージ:

企業戦略上、採用情報を他社に知られたくない優良の求人です。「退社や異動により重要プロジェクトの営業担当や技術担当がいなくなった為、年収はいくらでも出せるからすぐに人員を確保したい。この動きを競合他社に把握されたくないので『doda』だけに依頼して内密に人員を確保しよう。」このような求人なので、条件や待遇も良いケースが多いです。

独占求人には「すぐにスキルマッチした人員を確保したい!」と緊急性が高い求人が多い為、登録者数の多い転職エージェントや、マッチング能力が高い転職エージェントに依頼しようとします。

効率良く優良求人を集めたい場合は、国内で最大規模の登録者数を誇る2社、マッチング能力を評価された1社を登録すると良いでしょう。

登録者の多い転職エージェントは以下の2社がオススメです。

・『doda
・『リクルートエージェント

また、マッチング能力が高い転職エージェントでは、弊社『株式会社 Youth Planet』も高評価を得ております。

2, 通過率が上がる

2つ目のメリットは、転職エージェントを複数社登録して優秀なエージェントを見つけることで「書類選考や面接の通過率が上がる」です。

書類選考の通過率をグッとあげる秘策を知っていますか?私の友人は自分で職務経歴書を作成して、13社に応募し、3社しか通過しませんでしたが、私が添削して6社応募で5社通過しました。その方法を転職エージェント社長の私が教えます。

優秀なエージェントを見極めるのは企業のエージェントを育てる教育制度が整っているか、エージェントが評価され賞を取っているか、エージェントとしての経験年数など自分で調べる必要があります。

例えば、質が高い転職エージェントを知りたければ以下の情報も参考にされると良いでしょう。

>>質の高いマッチングを実現した転職エージェントに授けられる「グッドエージェント賞

また、教育制度が整っている企業のエージェントを利用するのであれば、大手転職エージェントがオススメです。例えば、大手転職エージェント『doda』は、入社後の研修期間が3ヶ月と十分に組まれているので安心して利用できます。

3, 入社後のミスマッチを防げる

3つ目のメリットは、転職エージェントを複数社登録して優秀なエージェントを見つけることで、webで調べても出てこない企業内部情報を知ることができる為、「こんな職場環境って知らなかった!」などと言うミスマッチを防ぐことができます。

※ 転職後、人事の連携ミスなどにより「求人内容と違う職種で働かされた!」と言う事例もありますが、転職者に寄り添ったエージェントであれば、企業と戦ってくれます。

私がAさんを某ベンチャー企業にご紹介して、6月に入社したのですが、入社して1ヵ月も経たずに辞めたいと連絡してきたのです。実はこのパターン、転職エージェントをしていると数年に一回ぐらい経験すると思います。大手の転職エージェントなどに所属していて、あまり求職者のことを考えずに決定人数を追っている会社だと年に数回こういうことに出くわすこともあります。

転職エージェントを複数利用しないリスク

転職エージェントを複数利用しないとリスクが大きいので注意してください。具体的なリスクは以下の2つです。

求人を比較検討できない可能性がある。
エージェントの質が悪かった場合足手まといになる

求人を比較検討できない可能性がある。

大手転職エージェントであれば、業界を横断して求人を確保できますが、人材業界に新規参入してきた企業や求人数が1-10程しかない企業では、十分な求人が確保できません。

求人の数が少ないとあなたの可能性を狭めてしまうので、複数のエージェントから幅広く求人を集めることを強くオススメします。

エージェントの質が悪かった場合足手まといになる

複数のエージェントを比較しないと、エージェントの質が悪い場合、足手まといになってしまい、スキルや経験的には受かるチャンスも潰されてしまうケースもあります。

また、エージェントの質が悪くノルマの数字しか見てない場合、エージェントからブラック企業の求人を紹介されてしまい、転職後後悔してしまうのです。

転職エージェントを複数利用する際の注意点

転職エージェントを複数利用するときの注意点を説明していきます。

・1つの求人に複数のエージェントから応募しないこと
・エージェントに複数利用していることを伝える

1つの求人に複数のエージェントから応募しないこと

例えば、1つの求人に2社のエージェントから応募してしまうと、最終的にどちらかのエージェントに絞って選考を進めていかなければいけません。

エージェントもビジネスなので、揉め事に繋がりますし、企業からも印象が悪くなってしまいます。注意してください。

エージェントに複数社利用していることを伝える

各エージェントには、他の転職エージェントを併用していることを伝えましょう。

複数社利用していることを伝えると、それが原因でトラブルにつながることはありません。逆に、各エージェントは競い合うように条件の良い求人を紹介してくるメリットに繋がります。

転職エージェントを複数社利用する流れ4Step

転職エージェントの選び方の流れは、次の4Stepです。

1. まずは大手転職エージェントに3~5社に登録
2. エージェントをチェックして1,2社に絞る
3. 絞ったエージェントに求人の相談をする
4. 必要であれば中小転職エージェントに登録する

1. まずは大手転職エージェント3~5社に登録

転職決定者が利用した転職エージェント数は4.2社(※ 全体2.1社)です。転職に成功する人は転職エージェントを複数社登録して、求人確保や転職エージェントの比較を行なっているのです(リクナビNext調べ)。

大手転職エージェントのメリット・デメリット

○ 業界を横断して大量の案件を保有(最大10万件以上)
x 転職エージェントの質が悪い場合がある
x 基本的に3ヶ月しかサポートしてくれない

上記のが大手転職エージェントの主なメリット・デメリットですが、大手転職エージェントは入社1年目の人でも転職エージェントを名乗ることができる為、エージェントとしての経験が全くない人もいます。また、大手転職エージェントは3ヶ月のサポートと言われているので、じっくりと転職活動ができないことも問題としてあります。

※ 必ず複数社に登録を行い、担当者の質の担保を行なって下さい。

 大手転職エージェントの選び方

総合転職エージェントの選び方は「あなたの年収を軸に2社以上」選ぶことです。

転職エージェントの私たちからみても信頼ができる5社を厳選して、まとめました。

〜500万〜800万〜1200万1200万以上
doda
リクルート
パソナキャリアx
マイナビxx
JACリクルートメント ◎

それぞれの特徴をまとめましたが、初めて大手の転職エージェントを利用するなら、リクルートエージェント or doda の2社には必ず登録しておきましょう。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 常時10万件以上の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

2. エージェントをチェックして1,2社に絞る

転職エージェントに登録後、初回面談(転職相談)を行います。そのタイミングで「優秀な転職エージェントの5つの条件」をしっかりチェックして、1,2社に絞りましょう。

同時に3社以上に登録し、面談を行う
転職エージェントの質を見極める

転職エージェントに登録すると、面談日程調整の連絡がきますが、大抵電話専門のスタッフからの連絡の可能性が高いので、後日の面談で対話する転職エージェントの質を確認して下さい。

優秀な転職エージェントの5つの条件

あなたの転職相談にのってくれる
志望する業界の知見が深い
あなたを売り込む営業能力が高い
連絡スピードが早い
・ 保有している非公開求人の質が高い

成績の悪い転職エージェントの5つの特徴

転職相談にのらず求人だけ紹介してくる
ただ大量の求人を紹介してくる
内定が出やすい求人しか紹介してこない
・ 連絡スピードが遅い
・ 求人・業界の知見がない

※ 転職するか転職相談だけしたい方は、リクルートエージェント or doda の2社に「まだ転職するか固まっていなくて・・」と転職相談を行いましょう。リクルートエージェント or doda は業界最大手の2社ですので、転職相談だけでも受け付けています。

3. 絞ったエージェントに求人の相談をする

あなたにとって優秀だと思える転職エージェントに出会えたら、求人を元に転職の相談を進めましょう。

転職エージェントの目線であなたにマッチしている求人を紹介していきますが、紹介された求人に対して「この求人は〜の部分で興味がある」「この求人は〜の部分で興味がない」と紹介された求人に対してフィードバックをしていきましょう。

転職エージェントはあなたの求人のフィードバックに対して、再度求人を探してよりあなたにマッチした求人を紹介していくのです。

4. 必要であれば中小転職エージェントに登録

大手転職エージェントから紹介された求人を元にキャリアの方向性が決まると思いますが、転職エージェントの質に疑問が残る場合は中小転職エージェントを利用していきましょう。

中小転職エージェントのメリット・デメリット

○ 転職エージェントの質が高い
○ 求人の質が高い
× 求人数が少ないエージェントもある

上記が中小転職エージェントのメリット・デメリットですが、中小転職エージェントはエージェントが優秀である可能性が高く、保有している求人数は数は少ないものの質が高く満足ができる条件の場合が多いです。

一方で、求人数が極端に少ない(30~100件)の転職エージェントも存在していて見極めることが難しいとされています。

中小転職エージェントの選び方

中小転職エージェントを検討の方は、私たち転職エージェント 株式会社Youth Planetをご検討下さい。

株式会社Youth Planetのメリット・デメリット

非公開求人を2,000件以上保有
○ エージェントが幅広い視点で提案できる
○ マッチングの質が保証されている
× 大手に比べると求人数が少ない

株式会社Youth Planetには大手転職エージェント出身が多数在籍しており、業界を横断した提案を行うことが強みの一つです。また、代表の堀田 誠人はエージェントとしての高い質を実現し表彰もいただき、日々転職エージェントとしての質を追求しております。

また、大手転職エージェントに比べると求人数は少ないですが、一つ一つの求人の質を満足のいくよう高くしております。

>>転職エージェント 株式会社Youth Planetお問い合わせ

以上の流れを全て守れば、転職エージェントの選び方で失敗することを避けることができます。

複数社の転職エージェントに登録する際のPoint

複数社の転職エージェントに登録する際のPointは、同じタイミングで転職面談を組むことです。

以下のフローチャートは転職エージェントを利用する流れですが、Step2の転職面談の時期を同じタイミングで日程調整をすることが重要です。

転職エージェントの流れ

※ 実際に私が、転職を経験した際には大手転職エージェント5社全てに登録を行い、同じ週で全ての転職エージェントと面談を行い、どの転職エージェントが優秀なのかを見極めました。

具体的に以下の5社が私が利用した転職エージェントです。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

まとめ

最後に、転職エージェントは必ず複数社利用してみて、求人のマッチ度エージェントの質をチェックすることをオススメします。

転職によって人生が大きく左右される為、たった1社だけのエージェント「なんとなくこのエージェントにお願いしよう」と頼んで、比較検討しないまま利用してしまうと、後々後悔してしまうことだってあります。

もし、転職をまだ本気で考えていない人であれば、リクルートエージェント or doda の2社に「まだ転職するか固まっていなくて・・」と転職相談を行いましょう。リクルートエージェント or doda は業界最大手の2社ですので、転職相談だけでも受け付けています。

転職は人生の大きなターニングポイントです。このページの転職エージェントに関する知識を参考にしながら、満足のいく転職を行っていただけることを陰ながら祈っております。