結婚前か結婚後か?女性の結婚前後の転職のベストタイミングはいつ?

結婚前か結婚後か?女性の結婚前後の転職のベストタイミングはいつ?

結婚前後 転職 タイミング

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

結婚を控えた女性にとって「転職」は人生の重大イベントですよね。

来年結婚を予定しており、それを機に転職を考えています。

しかし、「既婚女性」は転職に不利になると聞いたことがあります。。

バタバタにはなりますが、結婚前に職探しを優先すべきですか? それとも今の仕事を継続し、結婚後落ち着いてから転職した方がよいのでしょうか?

(26歳 女性:事務職)

先に結論からお伝えしますと、転職のベストなタイミングは「結婚前」です。

  • 今までのキャリアを無駄にしたくない
  • 結婚後は出産・育児を考えている
  • 育休後は復職して長期的に働きたい、でも家庭も大事にしたい

結婚後も仕事を続けながら家庭と仕事をうまく両立していくためにも、結婚前に転職をして職場での信頼関係を築き、産休・育休を取りやすい環境づくりをしておくことで、休暇の取得やその後の復職もスムーズに運びます。

参考までに結婚前後の転職のタイミングの違いでのメリットとデメリット結婚前後の女性の転職の成功方法を詳しく解説していますので、あなたにベストなタイミングで転職をし、充実した結婚生活の実現を叶えましょう。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

結婚前と結婚後で女性が転職をするベストタイミングとは?

女性が転職をして結婚後も家庭と仕事を両立していくにはまず「結婚前後のどのタイミングで転職するのか」が肝心です。

結婚に伴う女性の転職では、結婚後のキャリアプランやライフスタイルによって結婚する前後どちらのタイミングで行うべきかが変わってきます。

まず、女性の結婚前後の転職で、それぞれのメリット・デメリットから考えていきましょう。

結婚前に転職した場合

結婚前の転職は、「すぐには出産の予定がない方」や、「長いスパンで継続して仕事をし続けたい方」、または「現職では結婚後に仕事がし続けずらい方」にとってはベストなタイミングです。結婚前に転職するメリットとデメリットを以下で解説します。

結婚前の転職のメリット

結婚前の転職のメリットとしては、結婚後の生活を視野にいれ、時短や育休の完備されている職場に入社しておくことで、結婚後のあなたの仕事も調整することができるようになるでしょう。

また、少しでも早い方が年齢的に若い方がポテンシャル採用の確率も高くなるので、選べる業界・職種の幅が広くなります。

結婚前に転職しておくと結婚後、出産育児などで職を離れても正社員ならすぐに復帰できますし、すでに会社に信頼関係が築けているので復職もしやすいでしょう。

結婚前の転職のデメリット

結婚前のデメリットとしては、転職してまもなくは産休、育休が取りづらく、結婚は可能ですが、妊娠・出産がしづらくなります。また、転職してすぐに結婚した場合、家庭も仕事も慣れておらず心身ともに大変かもしれません。

なお、結婚前でも家庭優先で転職先を考えた場合は、今までの年収ダウンやキャリアダウンする可能性が出てきます。

結婚後に転職した場合

結婚後の女性の転職の場合、加齢に伴い若さは武器にならなくなりますが、今後のプランが立てやすく、転職活動も的を絞りやすいため探しやすいと言えます。ここでは、結婚後の転職のメリット、デメリットを紹介します。

結婚後の転職のメリット

結婚後のメリットとしては、結婚生活をしながらあなたの生活に照らし合わせて現実的に続けられる転職先の選択ができるというところです。勤務地や働き方を含め、実生活を元に判断できるので、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することは少ないでしょう。

また、妊娠・出産後に転職をした場合は、子供の成長を見守り育児が少しひと段落してから、マイペースに転職活動をし復職を実現している方もいます。

結婚後の転職のデメリット

結婚後のデメリットとしては、まず、転職先を探すのが難しいということです。

すでに出産・育児を経験している方は、フルタイムで働きづらく、そのため転職の際に不利になってきます。そのため、何か専門的知識や経験、もしくは特殊なスキルをもっていないと転職しずらいということが言えます。

結論:女性の転職は結婚前がベストなタイミング

女性の結婚前後の転職のメリットと、デメリットを総合して考察すると、女性が転職するなら結婚前にしておく方がいいと言えます。

結婚後の女性の転職は、企業側もすぐに退職や休暇に入ることを懸念して、採用を控える傾向があるのが実情です。

女性の結婚後の転職では転職先の選択肢が狭まってしまい、どうしても結婚前のキャリアを維持するのは難しくなってしまいます。

結婚前後での転職を考えている女性は、まずは転職をして仕事を安定させてから結婚というのが理想のようです。

結婚前の転職で転職先を見分けるためのチェックポイント

結婚後も女性が長く働ける転職先を見分けるために、結婚前後の女性が転職先企業を探す際に確認したいポイントをご紹介します。

産休・育休の取得実績

女性が結婚後も長く働きやすい会社の条件として、産休・育休の取得実績の高い会社は、育児世帯となっても働きやすい会社といってよいでしょう。

「産休・育休取得可能」と求人票に書いてある企業は多いですが、いざ入社してみると「勤続○年以上の社員のみ取得可」などの縛りがあったり、実際に産休・育休を経て復職している女性社員がほとんどいないなどという企業も多いのでその点は面接の場で確認しておくと良いです。

また、直接質問しにくい場合は転職エージェントなどを活用してうまく情報収集をするとよいです。

時短勤務が可能か

結婚・出産後には育児や家事もしていかなければならないので、独身の頃のような仕事のペースでは働けなくなります。

家庭と仕事を両立させるためにも時短勤務が可能かどうかは転職先選びの際にチェックしておいた方がよいでしょう。

残業や出張・転勤の頻度

独身時代は家は「帰って寝るだけ」でも大丈夫だった人も、家族ができるとそうはいきません。

転職して残業や出張が増え家族とすれ違いの生活になってしまっては転職した意味がないですよね。

結婚前後で転職する際は残業や出張・転勤についてもしっかり事前に情報収集しておきましょう。

既婚率でライフワークバランスをチェック

ワークライフバランスを見る一つの指標として「既婚率」を確認しておきましょう。 既婚率が高いということは、社員の家族がその企業で働くことに賛同できる職場環境であることが推測でき、ある程度職場環境の良好であると言えます。

面接の際には「社員の中で何割ぐらいの方がご結婚されていますか?」などと確認しておくのが良いでしょう。

結婚後のライフスタイルに合わせた働き方の選択

結婚後に後悔しない転職をするために、転職の際には「どういった働き方をしたいのか」ということも考えておかなければなりません。

正社員転職のみにこだわらず、パートナーとの関係性や生活の中での優先順位によって転職後の働き方を選択するようにしましょう。

安定した収入と後々の復職を考えたら正社員

結婚を機に新居を購入するなどである程度の収入を確保したい人や長期的に仕事を続けたい人は、ボーナスや昇給も期待できる正社員転職を目指しましょう。

女性が正社員転職をすると、福利厚生も利用できますし、産休・育休を利用して収入を得ながら子育てをし、子供が大きくなるまでは時短勤務を利用するなどして育児をしながら復職することができるのも正社員転職の大きなメリットです。

仕事も家庭もバランスよく両立を目指すなら派遣社員

「結婚後は家庭を優先。出産・育児が落ち着いて復職」という方は派遣社員への転職がおすすめです。正社員と違って時間を自分の都合で自由にできるので、結婚後は定時で帰りたい、育児中は時短にしたいという希望も叶えられます。

ただし、賞与や有休といった制度は利用できなくなる可能性があり、また、急に契約が切れるて失業するリスクもあることを理解しておきましょう。

家庭を優先するならパート・アルバイト

結婚してすぐの妊娠・出産を考えている場合や、家庭をとにかく第一優先にしたい方は、働くペースにも融通が利くパートやアルバイトがおすすめです。

雇用保険の対象外になるので高収入は望めませんが、正社員に比べると責任の負担も少なく産休のタイミングの心配もないので気軽に始めることができます。

ただし、将来的に正社員に戻りたいと考えている方は契約社員か、パートでも独自に資格を取るなどのサブアクションが必要になってくるでしょう。

結婚前後の女性が転職に成功するための注意点5つ

結婚前後の女性が良い転職先を見つけるためには、妊娠・出産を考慮したキャリアプランを考えた上で、女性の働き方に理解のある会社を確実に見つける必要があります。

結婚前後の女性の転職を成功させるために、下記5つの項目をぜひ参考にして良い転職先を探してみてください。

事前の情報収集は念入りに

結婚前後の女性の転職先を選択する際は、しっかりとした情報収集が必要です。求人情報や企業HP上の情報だけでは不十分で、本当の企業の内情はわかりません。

実際に、内定をもらったが面接で言われていた部署に配属されたなかった、希望勤務地でなかった、時短勤務ありと書かれていたが時短勤務不可と言われた、などという方も非常に多くいます。

結婚前後の女性の転職で「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、事前に転職エージェントなどを活用して、情報収集を入念にしておきましょう。

ライフプランに嘘はつかない

結婚前後の女性の転職面接では、企業は必ずライフプランに質問してきます。企業としては、すぐに産休や離職する恐れがないか確かめたいという思いがあるためです。

すぐに結婚の予定がある、将来的には出産も考えているなどは正直に話しましょう。そうでないと、入社後に会社とトラブルになってしまう可能性もあるからです。

正直に話して不採用にする企業は、女性の働き方に理解があまりない可能性があるので入社しない方がよいです。

あなたのライフプランを正直に伝えた上で、仕事への強い意欲を伝えることが大切です。

自分勝手な希望を主張しすぎない

家庭のことを考えると職場に求める条件や待遇はあげればキリがありません。しかし、自身の都合を多く主張しすぎることは避けるようにしましょう。

採用企業側の事情も考えたうえで、少しは譲歩する姿勢を持つことが大切です。あなたの中で譲れない条件の優先順位をつけておき、妥協できる点は代替プランも用意しておくと良いでしょう。

長く働く意思をアピール

採用する企業としては女性の転職者が、離職したり、休職してしまうことを懸念しています。そのため、面接では長く働く意思を前面にアピールし企業側の不安を払拭するようにしましょう。

そのためには、結婚後のプラン立てが重要で、「子供が生まれたら近くに住んでいる両親にサポートしてもらう予定です」や復職の予定などの具体的な回答を用意しておくと良いでしょう。

1人じゃ不安な転職活動は転職のプロのサポートが必須

結婚前後の女性の転職活動では、結婚の前後どちらのタイミングで転職するか、あなたが理想とする結婚生活や将来のキャリアプランに合った転職先を見つける必要があります。

結婚を控えている中での転職は転職準備にも時間を要しますし、 特に転職経験が無い方にとってはこれから始まる新生活と共に未知の職場に飛び込むのは不安が多いでしょう。 そんな時は転職エージェントを活用してください。

転職エージェントなら、あなたの不安を理解し、あなたにあった企業を探し出してくれます。不安の多い転職での強い味方になってくれるでしょう。

女性の結婚前後の転職では転職エージェントのサポートが心強い

女性にとって、結婚はビッグイベントであり、今後の人生を左右する重大なポイントです。

結婚前後の女性の転職は今後の家庭生活にも大きく影響を及ぼす可能性があるので、転職を確実に成功させる必要があります

結婚前後の女性の転職を成功させるためには、転職エージェントの利用が必須です。

転職エージェントに登録すると、無料でキャリア相談に乗ってくれ、あなたの希望にあった求人を紹介してくれるうえ、転職活動のサポートもいろいろと行ってくれます。

女性のキャリアアドバイザーを希望することも可能ですので、女性ならではの悩み理解がある転職エージェントに相談に乗ってもらえるので、結婚前後の転職においてもとても心強い味方となります。

結婚前後の女性の転職におすすめの転職エージェント3選

結婚前後の女性の転職におすすめの転職エージェント3社をご紹介します。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

業界最大手だけあって、あなたの働き方や職種の希望に応じて、様々な求人を取扱っています。

希望の職種などが決まっていない方は幅広い求人情報を保有するリクルートエージェントに登録して情報収集から始めるのが良いでしょう。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

面接・応募書類対策といったサポートの手厚さが好評なエージェントです。

dodaでは自社の研修制度を設けており、在籍するエージェントは転職のプロであり、エージェントのあたりはずれがないので、安心して登録できる転職エージェントです。

また、女性専用のアドバイザーが担当してくれるので安心です。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

パソナキャリア」も平日・土曜日は夜間まで面談可能で何かと融通が利くことと、手厚いサポートで有名です。

女性活躍を推進する企業であるため、女性に親身なコンサルタントが多いことで有名です。

転職経験が少ない、または初めての転職には些細なことから相談に乗ってくれるアドバイザーも多い、パソナキャリアがおすすめです。

     パソナキャリア    

まとめ

結婚は女性にとって自身の生活環境が変わるだけでなく、その後の妊娠・出産を含め、人生における最大の転機と言っても過言ではありません。

結婚前にあなたのライフプランにあった働き方や転職先を選択し、新生活をスタートさせてください。

しかし、結婚前はバタバタして何かと時間が取りにくいと思うので、余裕がある今のうちに転職の準備を始めておくことをおすすめします。

まずは転職エージェントに登録から。

いざとゆう時に焦って転職して失敗なんてことにならないように、早めの行動を心がけましょう。

 特徴詳細
リクルート
エージェント
業界No1の情報保有量詳細
doda転職者満足度No1の
サポート
詳細
パソナキャリア女性活躍を推進詳細