転職エージェントは評判が悪いって本当?良いエージェントの探し方

転職エージェントは評判が悪いって本当?良いエージェントの探し方

転職エージェント評判

こんにちは、株式会社Youth Planet-転職エージェント編集部です。

転職エージェントを利用したいなと思うけど、「評判が悪い転職エージェントに登録してしまって転職に失敗したらどうしよう」

ネットで出てくる情報だけでは、どの転職エージェントが評判が良くて、どこが悪いのか、サイトによって情報は様々でわかりにくいですよね。

また登録した転職エージェントの中でも、実はランダムに担当者がつくので正直に言って運要素が強いです。

しかし、事前にどの転職エージェントが評判が良いのか、どういった転職のサポートを強みとしているのか、情報収集をしておくことで、あなたにとって合わないエージェントに当たる可能性を避けることができます。

実際に転職エージェントを利用した転職者の口コミから見る転職エージェントごとの評判と、評判の良い転職エージェントの選び方をおさえ、あなたに合った転職エージェントと転職活動を始めてください。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職エージェントの評判は悪いのか?

ネットなどで評判の悪い転職エージェントは避けたいところですが、転職エージェントの評判や口コミというのは転職エージェント選びの一つの指標でしかないのを最初に覚えておいてください。

転職において大事なのはあなたを担当するエージェントとの相性です。

知名度の高い転職エージェントであっても、あなたの年齢層、転職希望職種などによっては担当者の不得手部門であったり、相性が悪く希望する転職が叶わないこともあります。

どんな担当者になるかは運による部分が大いにありますが、事前に入念な情報収集をしあなたにあったエージェントに当たる可能性の高い転職エージェントを選ぶことが重要です。

転職エージェントの評判ってどうやって調べるの?

正直に語ると、企業単位で転職エージェントの評判はチェックすることが難しいです。

何故なら、どこの会社でも優秀な人がいると同時に、成績が悪い人がいるように、大手の転職エージェントですら成績が悪く怠慢なエージェントが一定の割合を占めていることが一般的だからです。

そこで、どこの企業のエージェントではなく、誰がエージェントとして優秀なのかを評価する賞を参考にすることをオススメします。

質の高いマッチングを実現した転職エージェントに授けられる「グッドエージェント賞2016

(参照:https://next.rikunabi.com/

迷った時は、口コミなどではなく、第三者から正式に評価された「賞」や「ランキング」を参考にすることをオススメします。

直接聞いた転職エージェント利用者の評判とクチコミ

実際に転職エージェントを利用した転職者の評判や口コミを参考にしてみるのもよいでしょう。

口コミから見る転職エージェントの評判

口コミは転職エージェントのホームページなどでは知ることができない転職ージェントの実態を知ることができます。

弊社では、転職相談を通じて他の転職エージェントの情報を集め、まとめております。

リクルートエージェント

リクルートの画像

業界最大手で売上・転職決定数・求人数・登録者数共にNo.1を誇るリクルートエージェントは幅広い世代・業種に対応した質の高い求人数を多く保有しています。

人気の最大手エージェントであるからこそ、求人数に比例して登録者数も多く、一人のキャリアアドバイザーが数人の転職者を掛け持ちすることもあり、サポートが雑になることもあるようです。

・平日夜でも面談してくれた。複数登録した中で、ダントツで求人紹介数も多かった
(20代後半 男性)

・地方への転職で地方に精通してそうな中小転職エージェントとリクルートエージェントを登録したが、リクルートエージェントの方が紹介案件も多く、内定ももらえた。企業からの信頼も厚くさすが大手という感じ。
(30代後半 男性)

・いい意味でビジネスライク。案件を紹介してもらって気に入らなければ断る。気になる案件については先へ進めてもらう。プレッシャーもほとんどなくマイペースに転職活動で来た。
(30代前半 女性)

・登録から3ヶ月しかサポート期間が無く、割と急いで進めないといけなかった
(30代前半 女性)

doda

dodaの画像

リクルートエージェントとならび業界最大手で膨大な求人情報量を誇るdoda。他社と被らない非公開求人は自分のスキルや希望職種にマッチするものだけ閲覧が可能となっていますが、その中には優良求人情報も多いと評判です。

・応募書類も細かくチェックしてもらえたし、面接に関してもノウハウだけでなく、企業の内情なども詳しく聞けて役に立った。無事内定をもらえた。
(20代後半 男性)

・地方への転職でも現地のアドバイザーに引き継ぎをしてくれ、転職・転居もスムーズに進められた。
(30代前半 女性)

・求人の豊富さでdodaを選んだものの、予想以上に多くの求人を紹介され、在職中だったこともあり時間がなく、対応しきれなくなり疲れてしまった。
(30代前半 男性)

・若年層だけでなく、他の大手転職エージェントにはなかった30代40代向けの掘り出し優良案件も多かった。
(40代前半 男性)

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリはその手厚いサポート力に定評があり、初めての転職でも安心して任せられるエージェントです。

業界ごとにその業界に精通しているアドバイザーでチーム体制を取っている為、専門性の高いアドバイスをもらえます。

・転職するべきか悩んでた時に親身に相談に乗ってくれ、転職活動中もことあるごとに連絡をくれたりと、とても頼りになった。
(20代後半 女性)

・担当者が転職先業種にとても詳しく、業界や企業の内情についても詳しく教えてくれた。求人数は他社に比べると少ないが、一つ一つの企業や業界に関する知識は豊富だと感じた。
(30代後半 男性)

・登録して3ヶ月を過ぎたあたりから案件の紹介が減ってきた。日に日に転職を決めなければというプレッシャーを感じるようになった。
(30代後半 男性)

type転職エージェント

関東圏の案件を中心に取り扱っているtype転職エージェント。1994年から運営している老舗転職エージェントで、利用者の約7割が年収UPに成功しているとの評判です。

・求人量は他の大手ほどではないが、過去の入社実績などのデータも豊富だし、採用担当者のクセや本音などの裏事情にも詳しかった。
(30代 男性)

・最初の担当者はあまり親身に感じられなかった。type転職エージェントは担当者を指名することが可能なのでその後他の担当者を指名し、希望の企業へ転職できた。
(匿名希望)

・アドバイザーが一対一で対応してくれ、どういった選択肢があるのか、転職後の待遇や年収のシュミレーションなど具体的な事例をベースに説明してくれて役に立った。
(20代後半 男性)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントで中小企業の求人も多く取り扱っています。その反面30代以上やハイキャリアの転職には弱いというデメリットもあります。

登録から転職までの期間の制限もなくサポートが手厚いことで初めての転職や、転職に不安がある人に好評のエージェントです。

・夜遅い時間の面談にも対応してくれた。希望に沿った案件のみを提案してくれ、転職しなければというプレッシャーもなくてよかった。
(20代後半 男性)

・初回面談から長時間のヒアリングと転職市場の状況やこれからの流れについても丁寧に説明してくれた。時にはシビアでも的確なアドバイスをくれてとても役に立った。
(30代前半 女性)

・転職回数が多いためか、登録して間もなく「紹介できる案件がない」と断られた。希望に沿わない求人ばかり提案されて時間を無駄にする前にはっきり言ってくれたのは良かった。
(30代前半 男性)

・転職フェアをきっかけに登録した。担当者の方は経験豊富そうで紹介された案件の中でも内定が取れやすそうなところを教えてくれたり、自身の経験からの具体的なアドバイスももらえた。
(20代後半 女性)

ジェイック

20代を中心に既卒、第二新卒、大学中退、フリーターを対象にしている転職エージェントです。ブラック企業を徹底的に排除し、優良求人のみを取り扱っています

ただ、サービスを利用するには説明会や研修に参加しなければいけません。アフターフォローも手厚く、転職後の定着率は9割を超えます。

・噂通り第二新卒向けの好条件の求人が多かった。研修への参加はほぼ強制で熱血指導で厳しかったが結果的にはその研修が今の業務にも役に立っている。
(20代前半 男性)

・認知度の低さから最初は不安があったが、営業職の求人が豊富で選択肢も多くてよかった。(20代前半 男性)

・フリーターだと他の大手転職エージェントではなかなか対応してくれなかったが、ジェイックでは数は限られているものの、フリーターからでも正社員転職可能な求人も紹介してくれた。
(20代前半 男性)

ハタラクティブ

第二新卒や既卒の若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで未経験歓迎求人を常に1000件以上保有しています。

・職歴も浅く、正規雇用経験も少なかったため、大手転職エージェントには相手にされなかったが、ハタラクティブは10件以上もの案件を紹介してくれた。
(20代前半 女性)

・初めての転職で右も左もわからなかった私に、応募書類の作成から面接対策まですべて丁寧に指導してくれた。
(20代前半 男性)

・中小企業案件が多かった。
(20代前半 女性)

エンエージェント

転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社エン・ジャパンが運営する転職エージェントです。求人数が少ないことがネックですが、面談前に性格テストを取り入れたりとサポート方法で他社との差別化を図っています。

・私の担当者は転職活動のサポ―トから内定・入社後のアフターフォローまでしっかりしてくれた。
(30代前半 男性)

・紹介してくれる案件も多く、様々な手続きを代行してくれるのは助かったが、求人の選別をもう少し迅速にしてくれたらなおよかった。
(20代後半 女性)

・やはり大手転職エージェントに比べると非公開求人は少なかった。
(20代後半 女性)

neo

ベンチャー企業のネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。新卒採用のキャリアコンサルティングから始めたこともあり、20代・第二新卒などの若手の転職サポートに定評があります。

・大手にはない中小企業の非公開求人があった。会社のネームバリューにこだわらなければいい求人もあった。
(20代後半 男性)

・第二新卒で職歴も浅く大手転職エージェントでは案件の紹介をしてもらえなかったが、neoでは第二新卒で私の希望の職種の求人は少ないことを踏まえて、それでも希望の職種に転職できるよう手厚くサポートしてくれた。
(20代前半 女性)

・友達に勧められて登録したが、私の担当者はろくにヒアリングもしてくれず、その後も連絡が滞ることも多くて信頼できなかった。担当者の当たりはずれがある。
(20代後半 女性)

アイデムスマートエージェント

国内最大級の求人サイトを40年以上運営する「アイデム」の転職エージェント。転職エージェントサービスはまだ開始されたばかりということもあり、求人の質・量・提案力に関しては大手転職エージェントに比べると劣るものの、第二新卒を中心に親身なサポートを行っています。

・面接指導が徹底していた。厳しいことも言われたが、ダメ出しも具体的で納得できた。希望職種以外にも私に適性がありそうな職種の提案もしてくれて選択肢が広がった。
(20代後半 女性)

・最初の担当者は求人を送ってくれるだけで大したアドバイスもなかったので変更してほしいと伝えるとすぐに対応してくれた。次の担当者は対応も迅速でとても親身に相談に乗ってくれたので、担当者の当たりはずれが大きい。
(20代後半 男性)

・営業職から異業種へ転職を希望していたが、営業の経歴しかないため他のエージェントでは営業職しか紹介してもらえなかった。そんな中アイデムさんは異業種の案件を10件以上紹介してくれてそのうち3件も内定をいただけて自信につながった。
(30代前半 男性)

JACリクルートメント

JACの画像

イギリス発祥で世界各国に事業展開をするJACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1を誇ります。ハイキャリア転職向けで年収600万円以上の案件を中心に取り扱っています。

また、大手企業には珍しく企業担当と転職者サポートを同一アドバイザーが行う両面体制を取っており、企業情報にも精通したアドバイザーが直接転職者をサポートしてくれるのは心強いです。

・大手企業や外資系企業の求人が多く、一般募集をしていないような企業の求人もあった。キャリアアップ転職には良いと思うが、求人の質が良い分転職者にもある程度以上の専門的なスキルや経験を求められると感じた。
(30代後半 男性)

・第二新卒枠で転職を狙っていたが「紹介できる案件はない」と断られた。第二新卒での転職にはおすすめしない。
(20代前半 男性)

・他の大手エージェントと違い、企業の営業担当が個々に案件を紹介してくれるスタイルなので、企業の詳細情報に詳しく、質問に対する回答も迅速で的確だった。
(30代後半 女性)

・40代に入る前にキャリアの見直しを考え登録した。秘書として様々な企業で経験を積みある程度の年収もあったためか次々と案件を紹介してくれた。キャリアに自信がある人は挑戦してみると、うまくいけばより良い待遇の企業への転職が叶うと思う。
(40代前半 女性)

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職支援サービスです。年収1000万円以上の求人や、管理職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材用求人に特化しています。すべてのスカウトメールに応募したり、よりハイクラスのヘッドハンターに相談するのは有料サービスになってきますが、本気でハイクラスの転職内定を取りに行くには有料会員になっておいた方がよいでしょう。

・ビズリーチは年収1000万円以上の求人が豊富で中には2000万を超えるものもあった。他の転職エージェントでは希望の求人がなかったが、ビズリーチで希望の求人に応募、転職することができた。
(30代前半 男性)

・海外転職を希望してビズリーチに登録。登録直後からスカウトメールが多くびっくりした。年収・企業ブランド共に申し分ない企業に転職出来た
(30代後半 女性)

・私の当時の年収は400万ほどだったが思い切ってチャレンジ転職で登録。受かる可能性が低いからかヘッドハンターからの回答も遅く不親切に感じた。
(30代前半 女性)

Spring転職エージェント(アデコ)

2017年5月に株式会社アデコの転職エージェントがSpring転職エージェントにブランド名を変更。Spring転職エージェントは世界60カ国に拠点を持ち、人材業界の世界シェアNo.1のエージェントです。

アジア、ヨーロッパに700名以上のコンサルトを擁し、年収400~700万円のミドルクラスのビジネスパーソンを中心に新卒から、ハイクラス、バイリンガルと幅広い層の転職をサポートしています。

・職歴が浅く、転職活動に行き詰まっていた時に登録した。担当者は親身になって私の現状や転職理由についてもヒアリングしてくれて好印象だった。異業種転職にも理解を示してくれて、私のキャリアを活かしつつキャリアチェンジできそうな求人の紹介をしてくれて役に立った。
(匿名希望)

・求人の質・量は国内大手エージェントの方が良いと感じた。
(20代後半 男性)

マイケルペイジ

マイケルペイジは世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントです。外資系に関する専門性が高く、年収800万円以上で外資系求人が欲しい人にはおすすめの一方、年収700万以下の人には案件の紹介すらないこともあるようです。

・日系エージェントと比べて外資系企業や業務について理解度が高く、とても頼りになった。
(20代後半 女性)

・ダメ元でキャリアアップ転職を目指し登録してみたが連絡すらなかった。高収入の転職者向けというのは本当だった。
(20代後半 女性)

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは世界24カ国で人材紹介ビジネスを展開する大手外資系転職エージェントです。世界規模で昔からビジネスをしているため、大手外資企業からの信頼も厚く、独占求人も多く保有しています。

コンサルタントにもバイリンガルが多く、バイリンガルやスペシャリストに特化した転職エージェントです。

・外資系特有のシステマチックな対応でスピード感があった。応募先企業独特の面接についても対策をしっかりとしてくれ、内定につながった。
(30代後半 女性)

・他のエージェントに比べて細かいところまでヒアリングしてくれた。おかげで紹介してもらった案件は希望にマッチしたものばかりではずれが無かったように思う。
(30代後半 男性)

・外資系企業にチャレンジ転職を希望して登録。英語力には自信がありTOEICも700点後半だったが紹介できる案件はないと言われた。求められる英語力はかなり高いようだ。
(30代前半 男性)

・待遇だけで見れば好条件案件ばかりだが、こちらに求められるスキルや経験もかなり高い。
(30代前半 女性)

ランスタッド

ランスタッドは本社をオランダに構え世界39カ国で人材ビジネスを展開するアデコに続く世界シェアNo.2の人材サービス会社です。

ハイキャリアだけでなく20代30代向けの転職求人も多く取り扱っており、国内でも全国展開している為、日本各地での転職に対応できます。

・外資系の求人案件も多く、英語での面接対策もしてくれて本番前に練習できたのがよかった。
(30代後半 女性)

・複数登録した転職エージェントの中でもランスタッドが一番連絡が早かった。内定がなかなか出ない時も励ましてくれながらアドバイスもくれたので頑張れた。
(20代前半 女性)

・自分のスキルにあった求人を全国様々なところから紹介してくれた。たまに的外れな求人もあった。
(30代前半 男性)

リブズキャリア

リブズキャリアは女性の転職に強い転職エージェントです。多くの女性転職者に対応してきただけあり、女性ならではのライフプランやライフワークバランスに関する悩みなどにも親身に応えてくれますし、女性にとって働きやすいと評判の企業の案件も多いようです。

・女性の働き方を考えてくれるエージェント。女性管理職も活躍している企業を紹介してくれてキャリアアップに成功した。
(30代後半 女性)

・求人は関東圏が多く、地方の転職には向かない。
(30代後半 女性)

・求人案件は厳選しているようで少ないがはずれがない。
(20代後半 女性)

・大手転職エージェントのように応募書類の添削や模擬面接などのサービスがないのが残念だったが、質問をすれば丁寧なアドバイスをしてくれた。
(20代前半 女性)

ワークポート

ワークポートは長年IT・Web業界に特化した転職エージェントだったが、近年ではその強みを活かして様々な職種向けの案件を取り扱っています。

大手エージェントに比べると総合力では劣りますが、IT・Web業界の案件の質・量は共に定評があります。

・未上場のスタートアップやメガベンチャーの情報なども豊富。
(30代前半 男性)

・職歴の浅さから他社エージェントには相手にされないこともあったが、ワークポートは担当者が手厚くサポートしてくれ、企業にも率先して売り込んでくれた。書類通過率も高かったように思う。Web業界に特化した面接対策はかなり役に立った。
(20代前半 男性)

・登録者は専用ツールを介して担当者と情報を共有したり、活動進捗の確認ができるのでミスコミュニケーションもなくストレスなく進められた。
(30代前半 男性)

レバテックキャリア

レバテックキャリアは株式会社レバレジーズが運営するIT・Web系エンジニアに特化した特化型転職エージェントです。コンサルタントには業界経験者も多く業界知識も豊富でそのサポートにも定評があります。

企業からの信頼も厚く高収入求人も多いですが、未経験からの転職を希望する方向けの求人は少ないようです。

・レバテックは業界経験者が多いため、業界知識をもって第三者目線で私に合った企業を紹介してくれたし、その企業の裏も表も教えてくれてとても参考になった。
(20代後半 男性)

・IT業界に絞って転職活動をしていたためレバテックに登録。他社より専門知識が豊富で役に立った。ただ求人に偏りがあるのでIT業界以外の求人も幅広くほしい人には向いていないと思う。
(20代後半 男性)

・社内SEかWeb系エンジニア系に転職するか迷っているときに、両社のメリットデメリットを含め、詳しく教えて頂けて職種選択の際に役に立った。大阪勤務希望だったが、大阪での求人は少なかったように思った。
(30代前半 男性)

エリートネットワーク

エリートネットワークは従業員約30名の小規模エージェントです。

従業員のほとんどがリクルートエージェント出身で業界知識も豊富であり、小規模エージェントならではの細やかなサポートが受けられます。ただ、求人案件の量や質に関しては大手エージェントに比べると劣ることは否めません。

・企業の営業担当と転職アドバイザーが一緒のため、企業情報に精通しているのはよかったが、転職希望企業が変わると担当者も変わるのでバタバタした。
(30代後半 男性)

・求人は少ないが質は悪くない。求人にはこだわっているよう。
(30代前半 女性)

・アドバイザーが少ないため忙しいのか、連絡しても返事が返ってこなかったり遅いことが多かった。
(20代後半 女性)

転職エージェントを利用する6つのメリット

転職エージェントを利用する6つのメリットは、以下の6つです。この6つのメリットを完全無料で受けることができます。

転職エージェントの6つのサービス

1, キャリア相談(転職相談)
2, 非公開求人の紹介
3, 履歴書・職務経歴書の添削
4, 面接日程調整
5, 面接対策
6, 年収調整

具体的な6つのメリットの正しい理解

転職エージェントの具体的な6つのメリットを正しく理解し有効活用することで、転職成功率はぐんと上がります。

1, キャリア相談(転職相談)

転職エージェントに登録したら、まずキャリア相談を行います。ここでエージェントがあなたの経歴の棚卸、転職の目的、またそもそも転職する必要があるのかなど相談に乗ってくれます。

転職を希望するにあたって、あなたのPRポイント、転職理由、希望条件などを整理してもらうことで、あなたも気づいていないあなたの強みや、やりたいことも見つかるかもしれません。

2, 非公開求人の紹介

転職エージェントのみが保有する非公開求人は発生している求人全体の約80%を占めます。しかも、好条件の求人情報は非公開になっていることが多いのです。

転職エージェントに登録することでより多くの求人の中からあなたの希望条件にマッチした好条件の求人情報を効率的に集めることができます。

3, 履歴書・職務経歴書の添削

企業によっては書類選考で足切をするところもあるくらい、書類選考は重要な過程です。転職エージェントは応募企業ごとに特化したノウハウから、あなたの履歴書・職務経歴書の添削をしてくれます。応募企業に合わせた応募書類の作成ポイントを伝授してくれるので、書類選考の通過率を上げることができます。

4, 面接日程調整

転職活動中は忙しく面接の日程調整も面倒な過程ですが、そんな時も転職エージェントに登録しておけば、あなたの面接可能な日時を伝えておけば、企業との間に入り、面接の日程調整をしてくれます。

また、止む負えない事情で日程の変更が必要な時もエージェントを介して再度日程を調整することが可能です。

5, 面接対策

転職エージェントは数多くの転職者をサポートした経験から培ったノウハウをもって事前に面接対策をしてくれます。

それに加え、転職エージェントは企業の採用担当者を通じて合否の確認をしています。

優秀な転職エージェントになると、面接が事前準備の通りにうまくいかなかったとしても、本来不合格になるところを交渉次第で再面接を取り付けたり、裏であなたの魅力をごり押しして何とか通過させたりということも可能なのです。

6, 年収調整

内定後の年収などの条件交渉は自発的に行う必要があります。企業相手だとなかなか本音を伝えづらいところですが、転職エージェントがあなたの代わりに希望条件を企業側に伝え交渉してくれます。

28歳 女性 PR業界

私はサービス業からPR業界への異業種転職を行いました。転職サイトと転職エージェントを利用して、求人を幅広くチェックしていましたが、私が志望している会社の求人が転職サイトでも転職エージェントでも応募がかかっていました。職種は同じコンサルタントの求人ですが、転職エージェント経由で応募した方が年収レンジが50~100万ほど違っていてビックリしました!内定を頂いて、初めは公開求人より50万しか高くない年収でしたが、転職エージェントに交渉をお願いして公開求人より100万も高い年収で採用が確定しました。後日、同時期に入社した社員と話していたら私だけ年収が100万ほど高くて、転職エージェントにサポートをお願いして本当に良かったと思いました。

評判の悪いエージェントか見極める6つのPoint

評判の悪い転職エージェントかを見極めるポイントは以下の6つです。

・転職相談で求人紹介しかしてこない
・大量の求人を紹介してくる
・転職しましょうとしつこく言われる
・企業の質問をしても分からないことが多い
・受かりやすい求人しか紹介しない
・連絡スピードが遅い

評判の悪いエージェントの見極めは転職成功率に関わるのでこの5つのポイントに注意し、しっかりと見極めてください。

こんな転職エージェントは使わない方がいい

評判の悪いエージェントを見極めるポイント6つを具体的に解説していきましょう。

1,転職相談で求人紹介しかしてこない

まず転職相談の段階でろくにキャリア相談にも乗ってくれず求人紹介しかしてこないエージェントはダメな転職エージェントの典型的な例です。あなたに合った求人を紹介してくれる可能性はとても低いです。

2,大量の求人を紹介してくる

大量に求人を紹介してるだけのエージェントもダメ。
「数打てば当たる」と大量の求人情報を送り付け、運よく転職が決まったたら儲けものと思っている成功報酬目当てのエージェントです。

こういうエージェントの送ってくる求人は質が悪いことが多いのでやめておいた方が良いです。

3,転職しましょうとしつこく言われる

転職しようか迷っているあなたに根拠もなく転職をゴリ押ししてくる転職エージェントも、成功報酬目当ての可能性が高く、親身になってくれる可能性も低いためやめておいた方がいいです。

4,企業の質問をしても分からないことが多い

優秀なエージェントほど企業の内部情報にも精通しているはずです。企業に関する質問をしても分からないことが多いようなエージェントの紹介してくる求人情報は信用性に欠けます。

5,受かりやすい求人しか紹介しない

明らかにあなたの経歴とマッチしていて必ず通過できそうな求人ばかり紹介してくるエージェントもNGです。

優秀なエージェントはあなたの経歴から潜在的な能力を見出し、一見チャレンジに見えるけども、あなたの能力を活かせる企業をマッチングしてくれます。そういったエージェントは企業からの信頼も厚く、「この人の紹介なら」と通過率も高くなります。

6,連絡スピードが遅い

連絡が遅いエージェントは論外です。

転職において求人情報は不動産と一緒で日々発生しまた同時に採用が決まりなくなってしまいます。いかにより良い条件の求人をライバルよりも早くおさえれるかが肝心な転職活動で連絡スピードが遅いエージェントには任せてはいけません。

評判の良い転職エージェントの選び方

評判の良い転職エージェントを選ぼうと考えると、口コミなどではなく、正しい評価基準で選ばれた転職エージェントを探すことが重要です。

具体的には、以下のように中小の各エージェントの質をチェックできるサイトもありますのでご確認の上、指名制でお問い合わせすることをオススメします。

質の高いマッチングを実現した転職エージェントに授けられる「グッドエージェント賞2016

(参照:https://next.rikunabi.com/

一方で、大手転職エージェントを評判を踏まえて選ぶことは正直不可能に近いです。

その理由は、大手転職エージェントに登録するとランダムに担当者が割り振られる為、評判の良い転職エージェントが担当につくか運次第ということになってしまうからです。

ちなみに、大手転職エージェントの対処方法としては、複数の転職エージェントを利用してして転職相談を通じて、エージェントの質をチェックしていくことです。

大手転職エージェントメリット・デメリット

○ 業界を横断して大量の案件を保有(最大10万件以上)
x 転職エージェントの質が悪い場合がある
x 基本的に3ヶ月しかサポートしてくれない

上記のが大手転職エージェントの主なメリット・デメリットですが、大手転職エージェントは入社1年目の人でも転職エージェントを名乗ることができる為、エージェントとしての経験が全くない人もいます。また、大手転職エージェントは3ヶ月のサポートと言われているので、じっくりと転職活動ができないことも問題としてあります。

※ 必ず複数社に登録を行い、担当者の質の担保を行なって下さい。

中小転職エージェントのメリット・デメリット

○ 転職エージェントの質が高い
○ 求人の質が高い
× 求人数が少ないエージェントもある

上記が中小転職エージェントのメリット・デメリットですが、中小転職エージェントはエージェントが優秀である可能性が高く、保有している求人数は数は少ないものの質が高く満足ができる条件の場合が多いです。

一方で、求人数が極端に少ない(30~100件)の転職エージェントも存在していて見極めることが難しいとされています。

評判の良い大手転職エージェント

上述しましたが、登録後ランダムで担当が割り振られていく為、大手転職エージェントの評判の良いエージェントが担当に付くのは運の要素があります。

しかし、企業単位で選んでいくと質の高いエージェントである可能性が高いです。チェックするPointは『各企業の教育体制』です。

例えば、転職者満足度No1の

doda」は入社後キャリアコンサルタントとしての研修を3ヶ月間みっちり受ける教育制度が整っている為、エージェントの質は担保されていると言えます。

このように、大手転職エージェントで企業の教育制度が整っているエージェントは以下の5社です。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 常時10万件以上の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

評判の良い中小転職エージェント

中小転職エージェントは、各エージェントの質を確認し指名して転職エージェントを選ぶ方法が良いでしょう。

繰り返しにはなりますが、具体的に各エージェントの質をチェックするには以下の記事が参考になります。

質の高いマッチングを実現した転職エージェントに授けられる「グッドエージェント賞2016

(参照:https://next.rikunabi.com/

例えば、弊社代表の堀田 誠人も受賞をいただいておりますので、指名でお問い合わせいただくことで担当させて頂きます。

>>転職エージェント 堀田誠人を指名してお問い合わせ

まとめ

評判の良い転職エージェント、評判の悪い転職エージェントの見極め方を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

あなたの転職を成功に導く転職エージェントを選ぶ際は、評判や口コミを参考にするだけでなく、必ず複数の転職エージェントに登録し、実際にアドバイザーに相談してみてあなたに合ったエージェントがどうかを見極めるようにしてください。

転職において転職エージェントとの相性は転職に成功するかどうかを左右する重要なポイントです。

妥協せず吟味してあなたに合った転職エージェントと転職活動を始めてください。

転職は人生の大きなターニングポイントです。このページの転職エージェントに関する知識を参考にしながら、満足のいく転職を行っていただけることを陰ながら祈っております。