絶対にやめて!リスクが高い転職方法【解決法アリ】

絶対にやめて!リスクが高い転職方法【解決法アリ】

こんにちは、株式会社Youth Planet代表、 転職エージェント堀田です。

転職したい!でも、自分に合った企業探しってめんどくさい…難しい…という理由で、転職サイトで10~20企業をチェックして、なんとなく気になった企業に職務経歴書を送っていませんか?

なんとなくwebだけの情報で決めてしまった転職って、後から「しまった…想像していた環境と全く違う…」と後悔してしまうケースが多いので注意してくださいね。

今の仕事が嫌になったり、新しい環境でやり直したいと思い、せっかく勇気を出して転職したのに、転職先で後悔してしまうと、、、

前の会社に戻ることも、すぐに転職し直すこともできないので、1~2年は耐えて仕事をしなければいけません。

「納得できる転職を成功させたいけど、どんな方法で転職を進めていいか分からない」

そんな方は、こちらのページを一読してください。

私、株式会社Youth Planet代表、 転職エージェント堀田は、転職エージェントとしては転職が活発な海外でハイクラスな転職を担当し、さらに国内ではメガバンクや大手IT企業の面接官の経験を通じて毎年何百人もの面接を行なってきました。

そんな私が考える、転職における「失敗のリスクを避けるノウハウをご紹介していきます。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職…失敗してしまった!(Aさんの話)

最近、web上だけの情報だけで転職を決めてしまい、失敗してしまったAさんから転職相談を受けました。

私は28歳ですが、これまで3社を経験してきました。

1社目は大手企業でバリバリ働いていましたが、3年目で転職を考え、自分で転職サイトから探した企業(2社目)に入社することができました。

でも、入社後半年で急に経営が傾き「転職失敗した、けど次の転職先探さないと…!」と焦って、転職サイトから企業を探し3社目を決めることができました。

しかし、また失敗してしまった…と思いました。。。
今度は職場が劣悪な環境で上司からのパワハラが酷くて、10ヶ月ほどで体を壊してしまい退職をしてしまいました。

今考えると、誰のアドバイスも受けずに、安易に転職サイトで企業を探してしまったことを後悔しています。

次の会社では、長く働いていきたいのですが応募しても書類選考で落とされてばかりでどうしていいのか分かりません。。。

実は、このような話は少なくなく、web上の情報だけで転職を決めてしまうと失敗するリスクが大きく、後悔してしまうケースがあります。

そして、Aさんのように転職を短いスパンで繰り返してしまうと、人事は「この人はすぐに会社を辞めてしまうので、採用のリスクが非常に高い」と考え、書類選考で不合格になってしまうのです。

転職エージェントの私からみると、大企業でない限り、企業の内情を把握せずに転職をしてしまうのはリスクが高すぎてオススメできません。

転職を成功させる3つのPointとは?

細かく言い始めると、転職を成功させるノウハウやコツはこのページだけで伝えきれません。

しかし、これだけは押さえて転職を始めると大きな失敗を避けることが出来る“3つのPoint”をお伝えします。

Point1 必ず転職エージェントを活用する
Point2 転職エージェントを使いこなす準備をする
Point3 転職エージェントと”●●”で面談をする

Point1
必ず転職エージェントを活用する

まずお伝えしたいことは、
転職エージェントを必ず活用してください。

その理由は、
転職エージェントは企業のリアルな情報を把握しているからです。

転職エージェントは、採用担当者に求める人物像のヒアリングを行い、実際の職場の雰囲気や面接官の特徴などを深く理解した上で、あなたにマッチした企業を紹介していきます。

転職エージェントから企業の内部情報を教えてもらうと、webには載っていない職場の雰囲気や転職後のキャリアや年収のイメージなど、詳細な情報まで理解することができるのです。

入社後のリアルな情報を知ることができるので、全くイメージと違った…失敗してしまった…と後悔することもほとんどなくなりますよね。

私も自身も26歳で転職を経験した際には、大手の転職エージェント4社に登録をして、情報収集を十分に行い満足のいく転職を行いました。

どうせ転職をするなら、無料で活用できる転職エージェントにアドバイスを受けながら転職を進めたほうが納得感が出ると考えています。

特に転職を初めて行う方は、以下の大手転職エージェントに登録をしておきましょう。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
パソナ
キャリア
20代
第二新卒
初めての転職に必須
サポートが丁寧
20代・第二新卒の
求人情報が豊富
doda全ての方に
必須
顧客満足度No.1
丁寧な対応
ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
JAC
Recruitment

外資・技術系に
必須
スペシャリスト採用では実績No1
経験を生かせる。

要は転職エージェントには3~4社一気に登録 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけでいいんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが、勝手に転職エージェントが求人を探して、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉までやってくれるんです。

補足ですが、以下の質問も多い為ご紹介します。

転職エージェントを活用するコツを教えてください!
答えとしては、最低2~3社に登録して、転職エージェントの比較を行いましょう。

正直な話、転職エージェントも一会社員なので、優秀な方もいらっしゃいますし、そうでない方もいらっしゃいます。

1社しか登録していないと、この転職エージェントって優秀なのか、そうでないのか判断がつきませんよね。。。

ですので、転職エージェントには2~3社登録を行い、必ず比較をしてくださいね。

私は4社とも登録して比較を行いましたが、「そんなに多く登録できないからオススメを教えて欲しい!」という方は、「リクルートエージェント」「パソナキャリア」は最低限登録しましょう。

優秀な転職エージェントのメリット

転職エージェントは面接後に採用担当者と連絡を個別にとり、あなたの評価を確認しています。

優秀な転職エージェントの能力次第なのですが、あなたが面接で上手くPRできず、本来不合格になるところを、転職エージェントの営業力で面接をやり直したり、ゴリ押しして通過させることも少なくはないのです。

注意点は、転職エージェントが優秀でないと、あなたを売り込むことができないので、必ず複数の転職エージェントに登録をし営業力が強い優秀な転職エージェントを選びましょう。

Point2
転職エージェントを使いこなす準備をする

転職エージェントを120%使いこなす為には、職務経歴書の用意が必要です。

転職エージェントに登録後、1~2週間後に電話や対面で面談を行いますが、その際に職務経歴書の提出が求められます。

そして、あなたの強みや価値を、職務経歴書を通じて十分にPRすることで、転職エージェントから条件の良い求人を紹介してもらえたり、強力な推薦文を書いてもらえるのです。

職務経歴書なんて書いたことないし、難しそうだな…と心配な方もご安心ください。

以下の“秘策”を実践していただきますと、あなたの職務経歴書が評価されやすくなります。

秘策:数値を用いて”客観的に”PRする

転職エージェントや採用担当者は、過去の経験や実績を見て、転職後も活躍できるか判断していきます。

数値を用いて客観的にPRすると、あなたの実績を上手く伝えることができます。

悪い例
私の強みはフットワークを生かした営業です。社内でも営業成績はとても良く上司からも評価されています。
良い例
2016年度(個人)  目標8,645万円/実績10,960万円/達成率126.8%(2位/25名中 営業平均達成率109.2%)2016年度(チーム)目標11,525万円/実績13,277万円/達成率115.2%

数値を用いてPRする為に、次の2点を押さえてPRすると客観的に見せることができます。

・ノルマ(目標)に対してどれくらいの実績を出したのか
・その実績は会社やチームの中でどれくらい凄いのか(2位/25名中)

特にノルマ(目標)数字もなく実績の売上金額だけを書いてしまうと、それがどれくらい凄いことなのか、転職エージェントにも人事にも分かりません。

流れとしては、転職エージェントに登録をした後、面談までに時間があるので、実績を数値化して職務経歴書を書いて準備を進めましょう。

Point3
転職エージェントと”●●”で面談をする

転職エージェントに登録をすると1~2週間後に電話や対面で面談を行い、あなたの希望職種や職務経歴書のブラッシュアップなどを面談を通じて行います。

これは私の転職エージェントとしての経験から言えることですが、面談は対面で行うことを強くオススメします。

その理由は、対面で面談を行う方が、よりマッチする求人やリアルな情報をご紹介することができると考えています。

対面での面談だと、職務経歴書のブラッシュアップにも時間を使えますし、ぶっちゃけた企業の裏側の話を行いやすいのです。

繰り返しになりますが、転職で失敗しない方法は、表面上の情報ではなくよりリアルな情報を転職エージェントから引き出すことです。

可能な限り、対面の面談を行いましょう。

まとめ
転職を考えているあなたに…

勇気を出して現状を変えていきたいと考えている中で、転職という選択肢を頭に入れているのであれば、

自分一人で思い悩むのではなく、私たちのようなプロの転職エージェントにご相談ください。

もちろん、自分で転職サイトを使って企業を探し出すことも1つの方法でしょう。

しかし、十分に納得した転職を行なっていただけるよう、密度の濃いリアルな情報を提供することが私たち転職エージェントの仕事です。

なんとなく応募して見て、転職して「あっ失敗してしまった…」と思ってからキャリアの修正することは非常に難しいです。

どうせ転職するなら、「こんなに検討して決めたことだから、転職先で新しい人生を頑張っていこう!」と思えた方が良いですよね。

私も転職の際にお世話になった「大手の転職エージェント4社」をこちらでご紹介させていただきます。(必ず2~3社に登録して、優秀なエージェントを探してくださいね。)
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
パソナキャリア20代
第二新卒
初めての転職に必須
詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

登録後は、1~2週間ほどで職務経歴書を作成し、面談を通じて職務経歴書のブラッシュアップや希望する求人を紹介してもらいましょう。

しかし4社も登録は時間もないし難しいと思う方は、以下の組み合わせがオススメです。

転職が初めてという方は、以下の2つのエージェントがオススメです。

リクルートエージェント
パソナキャリア

第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントが良いでしょう。

doda
パソナキャリア

ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

doda
JAC Recruitment
ビズリーチ

ビズリーチ の使い方 は別途、説明しております。)

以前は海外では年収2,000万円以上のハイクラスな人材のエージェント、現在は転職エージェントの社長を務められている堀田さんに「企業からヘッドハンティングを受けるノウハウとコツ」を取材してきました。

追記:条件の良い求人を見逃さない方法

追加で、質問をいただいたので追記していきます。

追加の質問

転職エージェントに登録するタイミングは、職務経歴書を作成した後でも大丈夫ですか?

答えとしては、職務経歴書を作成する前に、今ここで登録すべきです。

この理由は、転職における求人は”不動産”と同じだからです。

求人の有無については、各転職エージェントごとに、職種や時期、募集人数により応募締め切りも変わっていきます。

注意して欲しいのは、”不動産”と同じで、条件が良い求人は募集がかかったと思ったらすぐに応募が埋まってしまいます。

本気で転職を考えている方は、今すぐにでも転職エージェントへ登録し、求人情報を逃さないようにすることを強くオススメします。

私も昨日に登録していただけたら、求人をご紹介できたのに…と残念に思うことも少なくありません。

転職をしたいと考えているのであれば、まずは求人を確保する必要があるのです。

(転職は求人を集められるだけ集めて、その中から条件が合えば応募するか考えていけばいいのです。)

何度もお伝えしますが、条件の良い求人は本当にすぐに埋まってしまいますので、求人がなくならないうちに求人を集めることを強くオススメします。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
パソナキャリア20代
第二新卒
初めての転職に必須
詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。

>>顧客No.1のdoda

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 常時10万件以上の求人を保有

さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。
>>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 第二新卒・初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

第二新卒・初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。

もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。

  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる

これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント

ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment