30代の独身女性の転職市場価値と転職成功方法をわかりやすく解説!

30代の独身女性の転職市場価値と転職成功方法をわかりやすく解説!

有給休暇 取れない 転職

こんにちは、株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

30代の独身女性の転職には不安がつきものですよね。

20代の最大のアピールポイントだった「若さ(ポテンシャル採用)」はもう通用しなくなり、30代独身女性にとって転職は実力勝負(即戦力採用)になってきます。

今後のライフイベントは予想しにくくキャリア形成がしにくいため、30代の独身女性で転職したいけど一歩踏み出せずに悩んでいる人は多いのではないのでしょうか。

30代の独身女性の転職は、『若さに対抗できるアピールポイントとはどこか』『あなたの今後のライフプランにあった働き方とは何か』深く考えることから始まります。

しかし、30代の独身女性の転職市場は年々厳しさを増していきますし、40代50代のキャリア形成を考え、ワークライフバランスを充実させたものにするには、今転職を成功させれるかどうかにかかっていると言われています。

今回は30代独身女性が転職をする際に考えておくべきことや30代独身女性の転職事情に加え、転職先の選択の際の注意点、転職成功方法を解説していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

30代独身女性の転職はハードルが高い?

実際、30代独身女性の転職はなかなかハードルが高いのが現状です。

その理由は以下の2点です。

女性のライフイベントに伴う離職

女性の多くは、20代から30代にかけて「結婚」をし「妊娠・出産」をする方が多いです。出産後は「子育て」も待っています。

そうした中、出産や育児のため育児休業を取る可能性もでてきますし、もしくは結婚後、旦那さんの会社の転勤に一緒についていくため離職するといったケースもあります。そうでなくとも結婚後に専業主婦になるため離職する方もいます。

こういったライフイベントが多い年齢層なので雇用する企業側としても、採用後にすぐに仕事から離れてしまう、ということにリスクを感じ30代独身女性の採用に躊躇いが出てきてしまうのです。

30代は即戦力採用!

20代の頃は仕事に対する熱意や将来性、いわゆるポテンシャル採用でしたが、30代独身女性の転職ではビジネスマナーはもちろん即戦力となれる専門性やスキル、マネジメント経験など求められるものもハイレベルになってきます。

それゆえに20代に比べると30代の転職は企業側からも厳しい目で審査されることになるのです。

30代独身女性の転職成功は可能?

以上の2点から30代独身女性の転職はハードルが高いと考えられますが、近年ではフレックスタイム制やリモートワーク、働き方改革から残業削減などが進んでおり家庭をもつ女性にとっても働きやすい社会になってきているといえます。

また、即戦力となれる経験やスキルをアピールできれば30代独身女性の転職の成功率はぐっと上がる可能性があります。

30代独身女性を雇用するメリット・デメリット

次に、企業側からみて30独身女性の転職者を雇用する際に考えるメリット・デメリットを考えてみましょう。

30代独身女性のメリット

30代独身女性を雇用するメリットは家庭がない分仕事に打ち込んでくれますし、残業や出張、転勤など柔軟に対応してもらえるという点です。配偶者の転居などもないので長期的に働いてもらえるという安心感があります。

30代独身女性のデメリット

現時点ではライフイベントの予定がなくても今後ライフイベントに伴う離職があるかもしれないという懸念があります。

また、家庭がない分融通が聞く反面、身軽という点で仕事への定着してくれるのかという不安もあります。

30代独身女性の転職市場価値とは

30代独身女性の転職市場での価値は30代前半なのか、35歳以降なのかで大きく差があり、30代独身女性の転職はやはり早ければ早いほど成功率も高いと言えます。

30代前半までが独身女性の転職成功のチャンスは高い

30歳代の求人リストをみるとやはり30歳前半のほうが多く求人があります。また、求人リストの中でも未経験可と書かれているものがあるのもだいたい30歳前半までの募集です。

ですので転職を考えている30代前半の方は早めに行動をお越すことで転職に有利になると考えておきましょう。

35歳以降の独身女性の転職市場の価値をあげるには?

では、30代後半の女性の転職は難しいのかというと、そんなことはありません。しかし30代後半の女性は20代、30代前半にはないスキルや実績が必ず必要です。

30代後半の女性の場合、即戦力になってほしいという企業の思いがあるため、同業種、もしくは今までの経験を活かせる仕事への転職がポイントとなります。

ですので未経験職への転職はかなり厳しくなります。接客業の経験や、指導職のスキル、もしくは医療や福祉など強みのある資格など、より良い転職をするには、今までの会社でどのような経験をしてきたのか、それによってどのようなスキル、または資格ががあるのか、そういったものが必ず必要だと思っておきましょう

35歳以降の独身女性の転職は厳しくはなりますが、それでも35歳独身の女性で転職を成功されている方も多くいます。

35歳独身女性の転職の注意点と成功方法に関しては「35歳独身女性の転職事情|35歳独身女性の転職の注意点と成功方法」にまとめていますので、ぜひ参考にされてください。

35歳独身女性にとって今がまたとない転職のチャンス!?しかし、同時に35歳独身女性にとっては今が転職で人生を変えるラストチャンスかも。35歳独身女性の失敗しない転職のコツと注意点を解説していきます。

30代独身女性の転職では働き方を考えるのも重要

30代独身女性は転職する際に、正社員転職だけにこだわるのではなく、仕事とプライベートの比重の置き方や、40代以降のライフプランによっては契約社員として働くことを視野に入れておく必要があります。

しかし、契約社員での転職にはメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。

30代独身女性が契約社員で働くメリット

30代独身女性が契約社員で働くメリットは以下の5つです。

  • 正社員より転職難易度が低い
  • 30代独身女性でも転職可能な求人も多い
  • 未経験でも働ける企業が多い
  • 女性特有の人間関係のトラブルが少ない
  • 残業が無い

30代独身女性が契約社員で働くデメリット

30代独身女性が契約社員で働くデメリットは以下の5つです。

  • 雑用ばかり任される
  • スキルアップの機会が少ない
  • 産休・育休の取得ができない
  • 正社員と比べて給与が少ない
  • 30代独身女性が契約社員から正社員登用を目指すのは難しい

30代独身女性の転職は正社員転職がおすすめ

契約社員のメリット・デメリットを上述してきましたが、30代独身女性の転職は正社員転職を強くオススメします。

なぜなら、契約社員に転職することはいつでもできますが、正社員での転職は年齢とともに難しくなりますし、一度契約社員になると再び正社員として働くことはさらに難しくなるからです。

30代独身女性で契約社員の方は早めに正社員転職しておくべき!

今現職が契約社員のかたはなるべく早いうちに正社員転職をしておいた方がよいでしょう。

独身のまま40代50代に突入しても常に契約更新や再就職の心配をしながら過ごすのは不安ですよね?

今契約社員から転職を考えている方は、「働く女性の転職。契約社員から正社員への転職成功術」を読んで具体的な正社員転職の対策を考えてみてください。

契約社員から正社員を目指すなら正社員登用を待つより転職した方が早いって知ってましたか?正社員転職を目指す女性が知っておくべき全知識と契約社員から正社員転職成功までの行程を詳しく解説してみました。

30代独身女性が正社員で転職しやすい業種・職種

一般的には女性の場合、30代を過ぎるとライフイベントが問題視され、年齢と共に求人のハードルが高くなることがあると前述しましたが、30歳代でも転職しやすい業種や職種があります。それは、医療・福祉に関する仕事です。

20代と違って人生経験や考え方などがしっかりとしていて安心できますし、患者さんと丁寧に向き合ってくれると思われるからです。

もしキャリアチェンジを狙うのであれば、「医療事務」「社会福祉」「ケアマネージャー」といった資格を取っておくと有利になるでしょう。

30代独身女性の転職は転職エージェントの利用が必須

30代独身女性の転職は転職エージェントに登録して転職活動をすることを強くお勧めします。

女性の転職で強力なサポートとなってくれる転職エージェントは沢山存在しますが、その中でも業界トップクラスの求人の質と量を誇る転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントは多くの転職成功者をサポートしてきた経験から得たノウハウがあり、30代独身女性の転職に適した企業の紹介や的確な転職活動のアドバイスをくれるので、転職エージェントに登録することで効率的に転職活動を行うことができます。

30代独身女性におすすめの転職エージェント4選

それでは30代独身女性におすすめの転職エージェント4選をご紹介します。

リクルートエージェント|業界No.1の求人量と転職サポート実績

リクルートエージェントは案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。

  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる

30代独身女性の転職ではより多くの求人や情報を収集することが重要ですので、業界内トップの求人量を持つリクルートエージェントは外せません。

   リクルートエージェント  

doda|転職者満足度No.1の手厚いサポート

パーソル(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有

さらに、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

      doda     

パソナキャリア|女性活躍社会を後押し

パソナキャリアは、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは女性の転職に特化した『特化型転職エージェント』ではなく総合転職エージェントではありますが、実は女性の転職で外せない存在です。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

女性の専任キャリアアドバイザーがついてくれるので、30代独身女性でも女性ならではのライフイベントなどに関する悩みも安心して相談出来ます。

     パソナキャリア    

JACリクルートメント|キャリアアップを目指す女性向け

JACの画像

イギリス発祥で世界各国に事業展開をするJACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1を誇ります。ハイキャリア転職向けで年収600万円以上の案件を中心に取り扱っています。

30代独身女性でキャリアアップ転職を目指すのであれば登録しておきたい転職エージェントです。

JACリクルートメントは大手企業には珍しく企業担当と転職者サポートを同一アドバイザーが行う両面体制を取っており、企業情報にも精通したアドバイザーが直接転職者をサポートしてくれるのは心強いです。

      JACリクルートメント     

30代独身女性が転職エージェントをフル活用するには

30代独身女性が転職エージェントをフル活用する方法は「女性が選ぶべき転職エージェント厳選3選と選び方のコツ」にまとめています。

ぜひ参考にされてください。

女性の気持ちをわかってくれる転職エージェントで良いところはないの?と悩んでいませんか? 女性のキャリアは結婚や出産、育児、配偶者の転勤、離婚といった家庭事情など、女性にしか大変さがわからない人生の転勤が沢山あります。女性の気持ちをしっかりと理解してくれて、あなたの希望にマッチする求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶことが重要です。女性だからこそ登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

30代独身女性の転職成功のための4つのポイント

30代独身女性が転職に成功するためには以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 雇用形態を安易に選んではいけない
  • 譲れない条件を絞る
  • 企業の情報収集は入念にする
  • 転職活動は在職中に行う

雇用形態を安易に選んではいけない

転職活動をするにあたって、非正規社員と正社員の募集があると思いますが、採用されやすいからといって、非正規社員を安易に選ぶのはやめましょう。それはなぜかというと、30歳代の女性が非正規社員から正社員に上がるのはとても難しいからです。

非正規社員の募集の方がはるかに募集が多いですし、採用もされやすいですが、いくら頑張っても評価されなかったり、正社員に昇格したくともされなかったり、最悪の場合、派遣期間満了ということで雇用切りにあうなんてことも考えられます。

正社員として働くということは、責任を伴いとても大変なことですが、派遣社員や契約社員として働くよりも、30代までに正社員として転職することをおすすめします。

譲れない条件を絞る

転職先の企業を選ぶにあたって、いろいろと条件があることと思いますが、ご自身の今後を見据えて絶対に譲れない条件をしっかりと考えておきましょう。

給与が多く、残業が少なく、ノルマがなく、福利厚生が沢山あるなど、多くの条件を作ってしまうと、すべての条件を満たす会社を見つけることはなかなか難しくなり、そうして時間がかかってくると、焦って転職をすることになってしまいます。

そうして妥協して入社してしまうと再度転職する羽目になりかねません。ですので、絶対譲れない条件を絞って転職先を選ぶようにしましょう。

企業の情報収集は入念にする

前職よりも残業が少ない会社へ転職をしたが、社員のモチベーションが低く、やる気が感じられない会社だったり、アットホームな会社と説明されて入ったが、実際はかなり体育会系だったりと、

企業情報が少なすぎたために入社後に失敗したと後悔することになりかねません。

30代女性の転職は難しく、やり直しがきかないのでそのためにも、事前に応募する企業をしっかり調べておくことが重要となります。

女性が活躍している企業は狙い目

女性が多く働いているということをアピールしている会社はとても狙い目です。

なぜかというと、女性が多くいる会社は育休産休がしっかり完備されていることが考えられますし、女性の活躍推進に積極的な会社といえるからです。そのため女性管理職も多くいることが考えられます。

女性管理職の比率が高いことが公表されている企業は女性が活躍している企業といえるので是非チェックすることをお勧めします。

転職活動は在職中に行う

30代の転職は難しくないと前述しましたが、30代後半になってきてしまうと、徐々にハードルが高くなる傾向にあります。

転職できると思い離職すると、実際はなかなか転職ができずに離職期間がどんどん長くなり、そうすると精神的にも焦りが生まれてしまいます。そうすると思っていた転職ではなく、条件を妥協したり、希望の職種でなくなってしまう可能性がでてきます。

より良い転職を成功させるためにも、勢いで現在の会社を辞めるのは絶対にやめましょう。

最後に

今回は30代の独身女性の転職事情と転職成功法を解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。

30代と一言にいっても30代前半なのか、後半なのかで転職市場での価値も大きく変化しますし、それに伴って、企業があなたに求めるスキルや経験も異なります。

30代の独身女性の転職が厳しいのは確かですが、注意すべき点や成功方法をふまえ前向きに転職活動を行うことが転職成功への第一歩です。

まずは一人で悩まず、転職のプロである転職エージェントに相談するところから始めてみてはいかかでしょうか。