40代の手に職をつけたい女性が転職して一生食べていく方法

40代の手に職をつけたい女性が転職して一生食べていく方法

女性40代転職手に職

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

40代女性の中でも結婚や出産、育児や介護などさまざまなライフスタイルに応じた働き方ができる仕事に転職を考える方が増えています。

ライフイベントや家庭の事情で転職や離職を迫られるのは女性の方が多く、その度に仕事探しで困らないよう「手に職をつけたい」と考えたことがある女性は多いのではないのでしょうか。

一方で、残念ながら40代の女性には「40代で今から手に職をつけるのは難しいかも」と諦めている人が多いのが現状です。

40代女性の転職は20代30代の女性に比べると転職市場は厳しくはなりますが、40代女性でも転職して今から手に職をつけることは十分可能です。

このページでは40代女性が手に職をつけることの重要さや40代からでも出来る仕事とともに、40代女性が実際に転職に成功するための方法を具体的に説明していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

40代女性が転職するなら「手に職をつける」仕事

40代女性が転職したい「手に職をつける」仕事とはなんでしょうか?

そもそも「手に職をつける」の定義は人それぞれであいまいです。

40代女性が「手に職がつける」転職先を考えるにはまず、「手に職をつける」という意味と手に職をつけるメリットやなぜ手に職をつけられる仕事に転職すべきかを知る必要があります。

「手に職をつける」とは

手に職をつけるとは、ある分野において”専門的な技術、知識、資格などを習得し、それらを生かして専門的な仕事に就くことができる”という意味合いで使われています。

『手に職がある人』は、希少価値が高く即戦力になるため企業側から重宝される傾向にあります。では、手に職をつけることによって得ることのできる具体的なメリットをみていきましょう。

40代女性が「手に職をつける」メリットは?

40代女性が「手に職をつける」ことのメリットとは何でしょうか?具体的に見ていきましょう。

ライフ家ベントに左右されず働ける

近年では、結婚、出産後も女性が働き続ける、共働き世帯が多くみられるようになりました。また、40代女性の中には、子育てがひと段落し社会復帰をしたいと考える方もいるでしょう。

しかし、出産後は子育てと仕事の両立は大変なものですし、子育てがひと段落してからとなるとブランクもあり、これまでと同じ環境で働くことが難しい状況に直面してしまいます。

そんな状況でも手に職があれば40代女性でも同業種であればブランクがあっても優遇されて転職先を見つけやすくなりますし、働き方選択の上でも手に職があれば選択肢が広がります。

手に職があれば、40代女性の再就職の際にも採用に有利に働くでしょう。

アピールポイントが明確になる

手に職があれば、40代女性が転職の際に自分の能力をアピールできるという点があります。『手に職がある』ということは、専門の技術や知識がをすでに持っているので、有益な存在として判断され、採用に有利になります

履歴書に記入できる資格を習得していれば、面接官の目にも留まりやすく、印象をつけることができるでしょう。

高収入、雇用の安定に有利

希少価値が高い「手に職のある人」は、企業にとってできるだけ長く雇用したい存在であるため、給料面においても優遇されやすく、基本給に資格手当がつくケースも多く高収入を期待できます。
また、専門の知識や技術を必要とする技術職の公募を積極的に行っている企業が多く、雇用の安定にもつながります。

独立、開業できる

専門的な技術や知識があれば、独立や開業も視野に入れることができます。

誰かの下で働くことが肌に合わない人であったり、理想の働き方がある人、手に職をつけておけば今後できることの幅が広がるというメリットがあるのです。

手に職をつけたい40代女性の転職には資格取得もおすすめ

40代女性は手に職をつけられる資格を取っておくと転職に役立つことがあります。

勘違いしてはいけないのは「資格=手に職」ではありません。

資格は40代女性がこれまで積んできたスキルや経験を証明し、手に職をつける仕事への転職を有利したり、キャリアアップに役立てられるツールだと考えてください。

また、一度資格を取っておくと消えることはないので、離職しても資格があればその分野のスキルや知識の証明となり、復職しやすくなります。

40代女性が資格を取り転職を有利にする方法や、取るべき資格の選び方については「40代女性が持っておいて損はない!転職に有利になる資格10選」に詳細を記載していますので、そちらも併せて読んでみてくださいね。

40代女性の転職では資格を取得して転職を有利に進めるのも一つでの手です。40代女性の転職を有利にするおすすめの資格を各資格の詳細と40代の女性の転職におすすめの理由とともに解説していきます。

40代からでも始められる!手に職をつけたい40代女性におすすめの転職先

40代女性が転職をして手に職がつく仕事とはどんな仕事があるのでしょうか。

手に職をつけたい40代女性には、仕事に就くことで専門的な知識や技術を習得することでき、実務経験がその後の転職、再就職に有利になる「手に職がつく」仕事をおすすめします。

手に職をつけたい40代女性向け仕事9選

実際に40代女性の転職におすすめの手に職がつく仕事9選をご紹介します。

医療事務

医療事務とは、病院や歯科医院、診療所などの医療関係施設で、受付業務や経理業務を行う仕事です。

40代女性が医療事務に転職する際に、特に必要な資格はないため未経験から始めることができます。しかし、『医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)』や『診療報酬請求事務能力認定試験』などの民間の資格を取得していれば良い待遇で働くことができるケースが多いようです。

医療事務は、勤務時間に融通が利きやすく、幅広い勤務形態が可能であるため、子育て世代や子育てがひと段落した40代女性も多数従事しています。

歯科助手

歯科助手とは、歯科医院での受付や患者さんの案内、会計や電話対応、後片付けなどもを事務業務全般を行う仕事です。

歯科助手には特別な学歴や資格は必要なく、未経験可の求人も多い傾向にあります。しかし、職場では専門的な用語でのやり取りがあるため、ある程度の知識を持っておく方が尚良いでしょう。日本歯科医師会などが定期的に講習や講義を行っているので参加されることをお勧めします。

歯科医院は安定した休みを取ることができ、残業が少ない反面、収入が高いことが40代女性にも人気の理由です。

ライター

ライターとは、雑誌やフリーペーパー、Webなどに掲載される記事を書く仕事です。文章を書くことに抵抗がなく、文章をまとめる力がある人であればライターになることができます。

近年、ライフスタイルに合わせて働くことができるため、自宅で記事を書く40代女性や主婦のライターも一般的になってきています。

子供の急な急な体調不良などにも対処しやすく、急な欠勤などの職場に迷惑をかける心配もありません。自分の空いた時間で働くことができるため、子供との時間を取りながら子育て家事との両立がしやすい仕事の一つです。

webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを制作する仕事です。通常、Webデザイン会社に入社して経験を積む仕事なので、未経験から始める場合は『ウェブデザイン技能検定』を習得すると就職の際に役立ちます。

Webデザインの会社は女性が多く働いている傾向にあるため、出産や育児休暇などの福利厚生が手厚く、職場復帰もしやすい環境にあります。また、パソコンがあればできる仕事なので子育て中は、在宅での仕事が認められる場合もあります。

介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や体の不自由な方をお手伝いする仕事です。身体的な介護だけではなく、利用者の話し相手をしたり、自宅に訪問して家事などサポートをする生活支援も行います。

介護福祉士になるには国家資格が必要になります。資格を得るには、3年以上介護等の業務に従事し実務者研修を修了して得る方法、又は、指定養成施設を卒業して得る方法の二つがあります。一般的には後者が主流ですが、前者であれば働きながら知識を身に付けることも可能です。

高齢化社会が進む中、ますます需要が高まる仕事の一つと言えるでしょう。

調理師

調理師とは、様々な施設で料理を作る仕事です。

特に資格は必要ありませんが、国家資格の『調理師免許』を取得すれば、就職に有利になったり、資格手当などを受けられる傾向にあります。調理師免許を習得するには、調理師学校に入学して無受験で習得する方法と、飲食店などで2年以上の実務経験を経て、調理師試験を受験する方法があります。

40代女性でも料理が好きであれば、比較的挑戦しやすい仕事かもしれません。

アロマセラピスト

アロマセラピストとは、良い香りのするエッセンシャルオイルを用いてマッサージを行い、またその香りの持つ効果で心や体をリラックスさせる仕事です

人の心や体に直接影響する重要な仕事であるため多くの専門的知識が必要になってきます。『アロマセラピスト』『アロマテラピーアドバイザー』『アロマテラピーインストラクター』などの民間資格である程度の知識を習得しておくことが望ましいでしょう。

ネイリスト

ネイリストとは、様々な方法で爪の手入れをする仕事です。ネイルにデザインを書くネイルアート、ネイルのケアやカラーリング、リペアーなど、様々な技術が必要になってきます。

未経験から、アシスタントとして仕事を始めることはできますが、施術をするにはある程度の知識と経験が必要になります。近年ではネイリスト検定取得をサポートしている通信教育もありますので、40代女性でも家事や育児をしながら学べます。

また、ネイリストはサロンなどで経験を積んだ後、開業も可能ですので、長期的に続けられキャリア形成が出来る仕事です。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーとはホテルやレストラン、結婚式場やイベント会場などでお花をコーディネートする仕事です。

フラワーアレンジメントなどの趣味の延長で、お花のお仕事を始める方が多い傾向にあります。必ず必要な資格はありませんが、花の種類や、それぞれのお花に合わせた育て方や特徴などといった幅広い知識を要します。スクールなどに通い基本的な情報を習得した方が良いでしょう。

『フラワー装飾技能士』や、『フラワーデザイナー資格検定』などは就職の際に重宝される傾向にあります。

40代女性が今から手に職がつく仕事に転職するには

40代女性で手に職がつく仕事に転職を目指すのであれば、転職エージェントに登録することを強くおすすめします。

40代女性の転職は十分可能ではありますが、正直転職市場はかなり厳しいです。

そこで転職エージェントはあなたの転職市場での価値を見極め、今転職すべきかどうかを含めて、40代女性が今から出来る仕事で、あなたのライフスタイルやスキル、経験によりマッチした転職先を吟味して紹介・転職サポートをしてくれます。

実際、転職エージェントに登録しているかどうかで40代女性の転職成功率は大幅に変ってきますよ。

また、転職エージェントに登録すれば様々な求人を紹介してくれますから、いますぐ転職をしたい訳でなくとも登録だけしておくべきです。

転職エージェントの登録、利用は完全無料ですので今のうちに登録だけ済ませておきましょう。

登録さえしておけば、転職すると決意した時にすぐ行動できますので登録のみでも十分メリットがあります。

手に職をつけたい40代女性が転職する時は、一人で悩まず、まず転職のプロである転職エージェントに相談することが先決です。

手に職をつけたい40代女性におすすめの転職エージェント

40代女性が手に職をつける仕事への転職におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

 登録必須度特徴
パソナキャリア女性の転職に
必須
詳細
リクルート
エージェント
比較するために
必須
詳細
doda比較するために
必須
詳細

パソナキャリア」はその丁寧のサポートに定評があり、女性の転職支援に力を入れているので、女性ならではの育児や家事と仕事の両立などの悩みにも親身に乗ってくれます。

また、転職しようか悩んでいるだけの人は「doda」に登録しておけば間違いないでしょう。「doda」は営業力も高く求人も多いですし、その上職務経歴書の添削もしっかりしてくれるので書類選考対策もばっちりです。

リクルートエージェント」はさすが業界No.1と言える求人数と転職決定率を誇ります。

以下に詳しくそれぞれの転職エージェントの特色を解説していますので、あなたに合った転職エージェントに登録して転職活動を始めてみてください。

40代女性におすすめの転職エージェントの特色

40代女性が手に職をつけられる仕事への転職におすすめの転職エージェント3社の特色を解説していきます。

パソナキャリア | 女性の転職には必須

総合転職エージェントの中で『女性活躍』を推進する代表企業

パソナキャリアは、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは『特化型転職エージェント』ではなく総合転職エージェントなので女性の転職特化しているとPRはしていませんが、実は女性の転職で外せない存在です。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

(引用:パソナ公式HP)

希望をすれば、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性の事情について理解をしてくれ安心して相談することができるため、女性に必須の転職エージェントです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1と同時に、社内でも女性が働きやすい環境づくりを進めているようですので、リクルートエージェントでも女性特有の事情に深い理解があるようです。

求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントを活用することが最も賢明な判断です。

また、私が転職を経験した際に担当していただいた女性の転職エージェントさんは、企業の制度について詳しく調べてくれました。

   リクルートエージェント  

doda | 転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

doda画像

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

私が担当していただいた女性の転職エージェントさんは、業界の知識とそれぞれの会社の社内の雰囲気など質問すると必ず調べて教えてくれました。

さらに、doda」は職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。
>>doda-職務経歴書専門<<

      doda     

最後に

40代女性におすすめの手に職がつく仕事と、手に職をつける転職の方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

どの仕事転職するにしても、また、転職に向けて資格を取得するにしても学ぶことが必要になりますので、転職したい目的や、やりたい気持ちがないと始まりません。

もし、やりたいことや転職したいけどどの仕事を選べばいいのか迷っている方は、まずは転職エージェントに相談してみてください。

40代女性の転職は失敗してはもうあとがありません。

焦らず、まずは転職エージェントとあなたの将来のプランにあった手に職がつく仕事への転職の戦略をたてることから始めましょう。