【年齢別】女性の転職に関する悩みと転職のメリット・デメリット

【年齢別】女性の転職に関する悩みと転職のメリット・デメリット

残業代 ゼロ 転職

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

「仕事量のわりに給料が少ない」「プライベートの時間が取れない」「職場に合わない上司がいる」など様々な悩みを抱えながら働く女性は大勢います。

悩んだ末に誰かに相談しても解決には至らず、結局悩みを抱えたままの女性も多いのではないでしょうか。

信頼のおける人に相談しても何も変わらない、解決を諦めてやり過ごそうとしても無理といった方は、悩みを解決する手段として「転職」を考えてみませんか?

確かに、女性の転職にはキャリア形成だけでなく、結婚や出産などのライフイベントも考慮しなければならず、転職活動も一筋縄ではいかない場合もあります。

このページでは女性に多い仕事の悩みや年代別の女性の転職に関する悩みを具体的データとともに分析し、仕事や転職で悩む女性のために、仕事の悩みを根本的に解決する転職の成功方法について詳しく解説していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

働く女性の悩み|女性が転職を考える時

働く女性が仕事に悩みを抱え転職を考える時、その悩みとはどのようなものが多いのでしょうか。

引用:エンジャパン(調査期間:2017/8/29~20107/9/25)

エンジャパンのインターネットによるアンケートによると、女性の仕事に関する悩みで多いのは以下の4つでした。

  1. 給与・待遇
  2. 今後のキャリア
  3. 仕事内容
  4. 人間関係

1.給与・待遇

給与や待遇の悩みは、同じ職場で職務や雇用形態の違う同僚をみて悩み始めるケースが多いようです。

例えば、正規社員として働いている同僚と、非正規雇用の自分が同じ仕事内容なのに、なぜ給与や待遇に違いがでるのか?などといった悩みです。こうした悩みは仕事をした経験がある人なら一度はあるのではないでしょうか?

あるいは、同じ正規社員なのに営業職と事務職では、実は給与に大きな差があると知って悩むケースです。同じような勤務時間でも営業は会社の売り上げを担っている部署なので、ここでも大きな給与差が生まれてくるのです。また他にも一般職と総合職とで業務内容が同じなのに給与差が出ている場合もあります。

2.仕事内容

入社前とあとで仕事内容が思ったものと違ったと悩む方や、仕事を続けていくうちにこのままでいいのかと悩む女性は少なくありません。

例えば、多くの業務を担っているが他社では通用しない自社独自の業務や、社内試験もなく資格を取得しても仕事の幅が広がらない業務など、将来、今の会社を離職したらなにも残らないのではないかという不安が生まれてきて悩むケースです。

さまざまな業務をしていても、社外で通用できる汎用的なスキルを積むことができないとわかると、やりがいを失い将来に不安を感じ悩み始めるようです。

3.今後のキャリア

働く女性のキャリアと切っても切り離せない事柄としてライフイベントがあります。

結婚や出産のために離職したり職種を変更せざる負えなかったり、働く女性にとってキャリアップできるかできないかはとても重要になってくる悩みです。

今の会社にロールモデルがいなかったり、会社内にそういった体制がまだ完備されていなかったりすると、転職や離職を考えざる負えない状況がよくあります。

女性がライフイベントを意識しだした時に今の会社では働き続けることが難しいと考えたとき、キャリアアップを望む女性にとって大きな悩みとなるようです。

4.人間関係

特に女性の中には人間関係に悩む方は多くいます。それは職場を転々とする派遣社員でもあるようです。

女性の職場での人間関係での悩みとして多いのが、派閥があるような職場ですそのような職場だと、居心地が悪くなり仕事の効率も悪化しやすくなります。

移動やチーム編成がないような職場だと、その環境下に長く置かれることになりますので、さらに長い間悩むことになりやすいです。

女性が仕事に関する悩みを解決するには?

働く女性には様々な悩みを抱えて働いている人が多いようですが、女性は仕事に関する悩みをどのように解決しているでしょう。

引用:エンジャパン(調査期間:2017/8/29~20107/9/25)

上記グラフを見ていただけると仕事の悩みを抱える女性の4割が「相談する」と答えています。

しかし、それを上回っているのが「解決できていない」方で、全体の約半数を占めています。

相談をしたり、キャリアプランの整理やセミナーへの参加などいろいろと悩みを解決するための努力をされた結果、解決せず悩みを抱えたまま仕事を続けざる負えない女性が多いということですね。

では上記のアンケ―トに上がっている悩みの解決法で悩みの解決に至らなかった場合、どのような方法で女性の仕事の悩みを解決するのがよいのでしょうか。

仕事に悩む女性に残された解決方法は「転職」です。

転職をして職場を変えることが女性の仕事の悩みの根本的解決になることは多いです。

転職すべきかどうか迷った時の判断基準

「転職した方がいいのかな」と迷った時に転職すべきかどうかの判断基準は以下の2点です。

  • 相談や異動では解決しない悩みかどうか
  • 将来を考えて判断

相談や異動では解決しない悩みかどうか

今の会社で解決できる悩みであれば働き続けたら良いケースもあります。

例えば人間関係の悩みや仕事のやりがいで悩んでいる場合、上司に相談したり異動することで悩みが解決する場合があります。

一方、社風が合わないと感じる場合は個人の問題ではないので勤め続けることで解決する問題ではないですし、人間関係や仕事に関する悩みでも心身に異常をきたすくらいの悩みであれば転職した方がよいでしょう。

将来を考えて判断

転職するかどうかを考える時は、今のことだけでなく長い目で将来を見据えて判断することが重要です。

これからの自分のキャリアは構築する上で今転職することは果たして正解なのか、またはこの会社でこれ以上の成長を見込めるのかなどキャリアプランを具体的に考えてみましょう。

また、女性のキャリアにライフベントは大きな影響を及ぼすので、将来結婚や出産を考えた時に今の会社で働き続けることは可能かも考えなければなりません。

【年代別】女性が転職者の悩みと転職のメリット/デメリット

女性が転職で悩みを解決するには、転職する年代別のそれぞれのメリットやデメリットを知った上で効率的に転職活動を行う必要があります。

20代、30代、40代の女性転職者の悩みを各年代での女性の転職のメリット・デメリットと併せて解説していきます。

20代の女性転職

20代女性の転職者は多くいますが、まずメリットとデメリットを見てみましょう。

20代の転職のメリット

・若さでポテンシャル採用が可能で採用されやすい

・他業種、未経験でも採用されやすい

・第二新卒で転職が可能

20代の転職のデメリット

・転職活動に経験を活かしにくい

・給与が下がる可能性がある

・ポテンシャルがないと難しい

20代はまだ若く他業種へも転職が大いに可能です。ただし前職が3年未満だと転職活動でもネックになりやすく採用されにくいこともあります。

また、20代転職者の悩みでは、勤続年数が短くアピールできるスキルがないことや、またすぐに辞めてしまうと思われるのではないかと言った悩みが多くあるようです。

以上のことから勤続年数は3年以上の経験が一つでもあるようにしましょう。また、ネガティブな理由での転職活動であったとしても、必ず前向きな回答をできるようにしておくと良いでしょう。

20代の女性の転職におすすめ記事

20代女性の転職の実態とは|20代女性の転職成功方法を徹底解説

「28歳女性の転職は難しい」は本当?28歳女性の転職の実態と成功方法

女性にとって25歳は転職の絶好のチャンス!プロ直伝の転職成功法とは?

女性が第二新卒での転職に成功するためのポイントと注意点を徹底解説

20代女性に本当にオススメの転職サイト13選!最適な選び方のコツ

30代の女性転職

次に30代女性の転職活動のメリット、デメリットをみてみましょう。

30代の転職のメリット

・即戦力となりやすい

・経験において有利になる

・ライフスタイルが確立されていて転職しやすい

30代の転職のデメリット

・20代と比べると年齢的にハンデがある

・異業種、未経験での転職はしにくい

・転職に失敗が許されない

30代女性の転職は即戦力としての採用が多い傾向です。そのため、今までの経験が生かせる職種が良いでしょう。

30代女性の転職者の悩みは、家庭と両立できるかどうか、年齢的に採用されにくいのではないか、といった悩みがあるようです。

しかし、デメリットに年齢的にハンデがあると記述しましたが、その分スキルや経験が大いに活かせる職場であれば、転職にも優位になるのであまりハンデにはなりません。体力的なハンデもありますが30代ではあまりネックにならないでしょう。逆に30代の女性であれば、結婚や出産を終えている方も多く、離職しづらいと積極的に採用を考える企業は多くいます。

また、求人を探す際も、家庭と両立しやすいかどうかしっかり企業情報を調べて、面接でも質問しておくことで、転職のミスマッチを防ぐことができます。

ですので、30代で仕事に悩みを抱えている方は、まだまだ大いに可能性があるのであきらめずにより良い環境を目指して転職することも考えてとみると良いでしょう。

30代女性の転職におすすめの記事

【30代女性の転職】30代女性が転職に成功する方法完全攻略版!

30代女性の転職|30代女性が未経験での転職を成功させる必勝法

35歳独身女性の転職事情|35歳独身女性の転職の注意点と成功方法

40代の女性転職

40代女性の転職のメリットとデメリットをみてみましょう。

40代の転職のメリット

・キャリアップ転職をすれば給与アップが望める

・現職よりもよい人間関係になる可能性がある

40代の転職のデメリット

・給与や待遇面が下がる可能性がある

・なかなか転職が決まらない

・職場に馴染みにくい

近年は40代女性の転職者も増えていますが、やはり日本においてはまだまだ難しいのが現状です。

40代女性の転職者の悩みで多いものは、転職することでローンの支払いや子供の出費に対応できるかどうか、家族の同意がなかなか得られないなどがあります。

40代女性が転職活動をするのであれば、まず、家族や家などのキャッシュフローを考えてみましょう今後にかかる出費や必要な経費を算出し、現職を継続したときとの比較をしてみることで、より具体的にみえてくるでしょう

また、40代の女性として自分に何が優先させるべきなのかを具体的に考えてみましょう。家庭での時間なのか、給与や待遇なのか、働きやすさなのかよく見極めることで今後どうしたらよいのか具体的に見えてきます。

なお、資格やスキルをしっかりと培ってきたかたであれば、給与アップは望めないものの、より良い環境への転職は可能です。ですので40代の転職においては根気よく、よく考えて行動に起こすと良いでしょう。

40代女性の転職におすすめの記事

40代女性の正社員転職は狭き門?40代女性が正社員転職に成功するには

40代女性向け転職に有利になる資格の選び方とおすすめの資格7選

女性が40代からでも転職をして手に職をつける方法とおすすめの仕事

女性が転職の悩みを相談するなら転職エージェント

女性が仕事や転職の悩みを相談するなら転職エージェントにしましょう。

エンジャパンの調査で女性の仕事の悩みの解決手段として一番多く上がったのが「相談する」でしたが、それでも女性が仕事や転職に関する悩みを解決できていないのは、適切な相談相手に相談を出来ていなかったからではないかと推測されます。

現職の悩みや転職に関しては職場の人には相談しにくいですし、家族や友人に相談しても良い答えが返ってこなかったり。

転職エージェントは転職のプロであるので、転職市場の現状やあなたの転職市場価値に関してはもちろん、様々な企業の内部情報にも精通しているので、他社との比較も含め、今あなたの置かれている現状に関しても的確なアドバイスをくれます。

「今すぐ転職を」と考えている女性だけでなく、仕事や転職に関する悩みがある女性が転職エージェントに相談するだけでも悩みから抜け出す活路を見いだせるかもしれません。

女性の仕事/転職の悩みを解決してくれる転職エージェント3選

女性の転職の悩みを解決してくれる転職エージェントは下記の3社です。

今後のキャリア形成だけでなく、ライフイベントも深くかかわってくる女性の転職には、転職サポート実績も多く、企業からの信頼も厚い大手転職エージェントや、女性活躍社会を推進している転職エージェントがおすすめです。

リクルートエージェント|業界No.1の転職サポート実績

リクルートの画像

業界最大手で売上・転職決定数・求人数・登録者数共にNo.1を誇るリクルートエージェントは幅広い世代・業種に対応した質の高い求人数を多く保有しています。

様々な職種や企業などより多くの選択肢から吟味して転職先を選びたい女性におすすめです。

また、転職サポート実績No.1ということもあり、企業からの信頼もあつく、求人票などでは分からない内部情報などにも精通している上、内定率も高いので、迷っている人はまず登録しておきたい転職エージェントです。

   リクルートエージェント  

doda|転職者満足度No.1

リクルートエージェントとならび業界最大手で膨大な求人情報量を誇るdoda。

他社と被らない非公開求人は自分のスキルや希望職種にマッチするものだけ閲覧が可能となっていますが、その中には優良求人情報も多いと評判です。

また、在籍する転職エージェントは自社研修を受けていますので、担当者に当たりはずれが少なく、安心してまかせられる転職エージェントです。

      doda     

パソナキャリア|女性の転職には欠かせない転職エージェント

パソナキャリア」は、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。

実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

希望をすれば、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性の事情について理解をしてくれ安心して相談することができるため、女性に必須の転職エージェントです。

     パソナキャリア    

 まとめ

女性の仕事や転職の悩みについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

女性が仕事で悩みがある時、信頼できる知人や先輩などに相談しても解決しないのであれば、転職という道を考えてもよいのではないのでしょうか。

女性の転職は年代によってそれぞれ今後のキャリア形成に加え、ライフイベントと仕事の両立など、新たな悩みもあるかもしれませんが、一人で抱え込まず、転職のプロの力を借りて、今の悩みを解決できる転職を実現させましょう。

この記事が、より多くの女性の仕事や転職の悩みの解決に役立つことを願っています。