アパレルから転職したいへ。転職したい理由とその解決策教えます!

アパレルから転職したいへ。転職したい理由とその解決策教えます!

アパレル 転職 理由

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

「ファッションが好き」「接客が好き」など憧れを持ってアパレル業界に入ってくる人は多いですが、アパレル販売員の離職率は年々上がってきています。

アパレル販売員の仕事は時に体力勝負であり、その割に給与水準が低かったりと、イメージとのギャップに耐えられない方も多いのが現状です。

そんな中でアパレル販売員として働き続ける不安や悩みを抱えながらも、なかなか転職に踏み切れない方もいるのではないのでしょうか?

しかし、このままアパレル販売員として働き続け、心身ともに疲弊してしまっては、転職など考える気力もなくなってしまい一生後悔することになるかも。

実際にアパレルから転職した方のお話を参考に、アパレル販売員が転職を考えるきっかけとなる理由を始め、アパレル販売員が転職をする際の選択肢と、アパレル販売員が希望の転職を叶える方法を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アパレル販売員から転職したい理由

アパレル販売員から転職を希望する方の理由はそれぞれですが、その中でもアパレル販売員が転職の理由に挙げる4つの理由をご紹介します。

休日が不規則

アパレルでは正社員、アルバイトも含め、休日が不規則であることが転職の一番の理由となっているようです。

特に、年末年始や季節ごとのセールが行われる繁忙期や、販売員が不足しているときには希望休さえ取ることができないのが現状です。

また、基本的にお休みが平日であったり、仕事の時間も変則的であることから、友人や家族との時間を作りづらいことも従業員にとって不満の一つとなっています。

アパレルは給料が安い

アパレル業界は、他の業界と比べて平均的に給与水準が低い傾向にあります。また、個人の業績によるインセンティブがつかない会社も多くあり、いくら個人で販売数を伸ばしても高収入につながらないためなかなか貯金ができにくい状況にあるようです。

同様に、ボーナスも他の業界に比べて少ないため、日々の生活を送るのに精一杯になってしまう人が多いようです。

立ち仕事がきつい

1日のほとんどを立って仕事をするアパレル販売員の中には、体力に限界を感じて転職を考える人も多いようです。

特に女性の場合は、妊娠中や産後など体力が低下する時も変わらず店頭に立たなければいけないため、なかなか仕事を続けることが難しいようです。

また、女性に限らず、いつまで立ち仕事を続けられるのか、怪我をした際にはどのように仕事を続けていけばいいのかなど不安を抱える人もいるようです

キャリアアップが見えず将来が不安

一般的にアパレル業界でキャリアアップする際には、店長を目指すか、本社勤務を目指すかの2つに分かれます。とは言え、どちらも大変狭き門であるため、なかなか簡単にはいかないでしょう。

店長を目指す場合には、副店長同士の社内競争があるため、ある程度の販売成績や勤労年数などが必要になります。

また、本社勤務は、店舗スタッフに比べて給料が高く、残業は少なめ、転勤も無いため、比較的離職率が低い傾向にあります。そのため、本社に異動できる人は限られた少数精鋭で組まれており、なかなか入れ替わりがなく難しいと言えます。

どちらにしても、アパレル販売員からのキャリアアップが現実的に目指しにくいことも転職を後押しする理由になっているようです。

それでもアパレル販売員から転職できない理由とは?

アパレル販売員として働く中で給与や仕事内容に不満を抱えながら、それでも転職できない人が大勢います。

アパレル販売員から転職したいと思いながら、行動に移せない人の主な理由を以下に挙げています。

辞めたら店に迷惑がかかる

販売員の数が少ない小さめの店舗や、マネージャークラスの位置にいる人にとって、自分がやめるとお店や残る社員に迷惑をかけてしまうのではという理由で、転職に踏み切れない人が多くいます。

店舗内で自分のポジションを担える人材が育っていないことから、自分が辞めるとお店が成り立たないのでは、と辞めることに罪悪感を感じてしまうようです。

しかし、退職する1、2ヶ月前の時点で、退職する意思を上司に伝えれば、その後の販売員の補充やしっかりとした引継ぎを行うことができるため、過度に心配をする必要はないでしょう。

アパレル販売員以外でやってく自信がない

アパレル業界で接客業だけをやってきた人にとって、一般的なサラリーマンやOLがやっている仕事について無知なため、不安になることが多いです。

そのため、自分がアパレル販売員以外の異業種で働くイメージが沸かずに自信を持つことができません。

実際のところ、未経験の転職を歓迎している企業も多いですし、アパレルECサイト運営などはPCスキルよりもアパレル販売員としての販売経験を重要視することもあり、アパレル販売員としての経験しかなくても転職できる企業はたくさんあります。

働いているアパレルブランドの服が好き

あなたが勤めてきたブランドやそのブランドの服が好きな場合、なかなか辞める決心がつきにくいことがあります。好きな服が社販で買えることは、販売員にとって大きなメリットと言えますよね。

しかし、覚えておいてほしいのは転職したら給料も上がり、自由な時間が増え、その中で好きな服を変える機会はいくらでもあるということです。

アパレルから他の道を選ぶことに挫折感がある

アパレル販売員は体育会系文化の強い業界です。そのため、現職でキャリアアップができず、転職することに「ここで辞めることは逃げだ」という挫折感を感じてしまう場合があるようです。

しかし、不満を抱えたまま働き続けるよりも、納得した職場環境で働くことの方が大切ですし、幸せじゃないですか?

アパレルから転職することを、「逃げだ、負けだ」などと思う必要は全くありません。

アパレル販売員から転職|考えられる転職先とは?

アパレル販売員からの転職の選択肢として挙げられるのが以下の3つの方法です。

  • アパレル販売員として別のアパレルブランドへの転職
  • アパレル業界内で他の職種へ転職
  • アパレル業界から他業種へ転職

アパレル販売員として別のアパレルブランドへの転職

アパレル販売員として別のアパレルブランドへ転職することは、最も確実な方法と言えます。

同じアパレル販売員としてでも、外資系アパレルなどのハイブランドに転職すれば、国内ブランドでアパレル販売員として働くよりも年収UPを期待できます。

ハイブランドは業務形態や社風など国内ブランドとは大きく違うところもありますが、仕事内容自体はほとんど変わらないため、仕事に慣れるのも早いでしょう。

アパレル業界内で他の職種へ転職

アパレル業界には、販売だけでなく様々な分野で活躍する場があります。

例えば、繊維メーカーや、PR会社、アパレル通販運営会社、販売員のコンサルタント会社など多岐に渡ります。そして、それぞれの会社に、営業事務、総務などの各部署があり、ファッション・アパレルに携わる方法は販売員だけではないのです。

アパレル販売員として培った知識を活かすことで、アパレル業界内での転職は比較的しやすいと言えます。

アパレル業界から他業種へ転職

アパレル業界から他業種へ転職をお考えの方は、パレル販売員の経験から得たスキルを活かせる仕事であれば、比較的転職に成功しやすいと言えます。

例えば、不動産屋住宅の営業職は「売る」という面でアパレル販売員と共通するものがあり、コミュニケーション能力やトーク力をフルに発揮することができるため、アパレル販売員からの異業種転職先としては人気のある仕事です。

その他にもアパレル販売員の転職におすすめの職種は下記ページで詳しく解説していますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

>>アパレル販売員の転職におすすめの職種はこちら

アパレル販売員からの転職するためにやるべきこと

アパレル販売員から転職するためにやるべきことはただ一つ、転職エージェントに登録することです。

求人を探したり、企業の評判を調べたり、、転職活動において最初の一歩がとてもめんどくさくて前に進めない方も多いのではないのでしょうか?

その点、転職エージェントへの登録は無料かつ3分ほどで完了し、求人の検索や、企業情報の収集など全部転職エージェントに丸投げしてしまえるので、正直かなり楽になります。

>>実際に転職エージェント経由での転職に成功した元アパレル販売員の話

アパレル販売員の転職で転職エージェントを利用するメリット

アパレル販売員からの転職に転職エージェントを利用すると成功率が上がる理由は以下の3つです。

  • 膨大な数の求人からあなたに合った求人を厳選して紹介してくれる
  • 書類選考・面接まで徹底的に対策をしてくれる
  • 内定後の条件交渉を代行してくれる

転職エージェントに登録しておけば、全て無料で利用できるのでかなり助かります。

膨大な数の求人からあなたに合った求人を厳選して紹介してくれる

転職エージェントはあなたとのキャリア相談で得たあなたの経験やスキル、希望の条件にマッチする企業を膨大な数の求人の中から厳選して紹介してくれます。

転職エージェントは求人情報に載っていない好条件の非公開求人を所有しており、それは転職エージェントに登録しなければ確保できません。

書類選考・面接まで徹底的に対策をしてくれる

転職エージェントは数多くの転職希望者を転職成功に導いた経験から独自の転職成功のノウハウを培っています。

転職エージェントは内定を取るための応募書類の作り方、面接通過のコツを熟知しています。

転職エージェントのサポートを受け、応募書類の添削や応募企業に特化した面接対策をしてもらうだけで、転職の成功率は大幅に上がります。

内定後の条件交渉を代行してくれる

転職は内定をもらったらそこで終わりではありません。

入社後の条件交渉は通常内定後に行われるのですが、ここで自分の希望をなかなか言えず、転職しても希望とはかけ離れた待遇を受け入れざる負えなくなる人も実は多いのです。

転職エージェントはあなたの代わりに内定後の条件交渉もしてくれますし、あなたが自分では言いにくい希望も代わりに伝えてくれるので、入社後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔することもまずありません。

アパレル販売員の転職におすすめの転職エージェント4選

アパレル販売員からの転職におすすめの大手総合転職エージェント4選をご紹介します。

大手総合転職エージェントを利用するメリットは圧倒的な数に転職サポート実績から培った転職成功ノウハウと、保有求人数の多さです。

以下に各転職エージェントの特徴を解説していきます。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

業界内トップの求人保有数を誇り、アパレル業界の転職求人も多く取り扱っています。

業界トップの内定決定数から企業からの信頼も厚く、企業の内部情報にも精通しているため、幅広い業界・企業に特化した対策も可能です。

   リクルートエージェント  

doda | 転職者満足度No.1!丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

また、dodaはエージェントが親身になって相談に乗ってくれるとの評判も高く、特に職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。在職中の転職活動であなた一人では不安なことも全力でサポートしてくれます!

dodaではエージェント一人一人に自社研修で徹底的な指導を行っていますので、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

初めての転職活動にはリクルートエージェント」と「dodaに加え、パソナキャリアの登録は手厚いサポートに定評がある為、特にオススメです。

パソナキャリア」は土日や平日夕方以降の面談にも対応可能で、忙しい在職中の転職活動でも融通が利きやすいです。

また、パソナキャリアは各業界への転職サポートの質の向上のため、チーム体制を取っており、より専門的な知識やアドバイスを受けることができるので、アパレル業界への転職でも頼りになるエージェントだと言えます。

     パソナキャリア    

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1を誇る転職エージェントです。

JAC Recruitmentは専門性の高い職種にも強く、特にマーチャンダイザーの求人保有量は時にアパレル特化型転職エージェントの保有数を大幅に上回ります。

質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

まとめ

アパレルから転職したくても、同時にアパレルを辞められない理由もあり悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、アパレルの仕事は多忙ですし、そのうち心身ともに疲弊してしまってはこのままアパレルから転職できず後悔しながら働き続けなければならなくなりますよ。

実際、アパレル販売員から思い切って転職してよかったという方は大勢います。

今ならまだ間に合いますし、思い切って転職エージェントに相談することからはじめてみてはいかがでしょうか。