アパレル営業への転職|アパレル営業に必要なスキルと転職成功のポイント

アパレル営業への転職|アパレル営業に必要なスキルと転職成功のポイント

アパレル 転職 営業

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

「アパレル業界」といえば販売員をイメージする方も多いのではないかと思いますが、アパレル業界の中でも様々な職種があります。

アパレル業界の中でも転職に人気の職種が「アパレル営業」です。

アパレル営業はアパレル業界未経験の方やアパレル販売員からも転職に人気の職種ですが、人気の理由としては、アパレル業界にいながらにして、営業の経験が積めるので、販売員として働くよりもその後のキャリアパスも幅広いということが挙げられます。

一般的に営業職はどの業界でも大変だと言われますが、アパレル営業の実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

今回はアパレル営業の具体的な仕事内容をご紹介すると共に、アパレル営業への転職を希望する方のために、アパレル営業への転職に必要なスキルや知識アパレル営業への転職に成功するポイントを詳しくお伝えしていきます。

アパレル営業は主に百貨店や量販店、アパレル専門店などに自社製品を売り込むことがメインの業務になりますが、アパレル営業の種類には営業相手先によって主に3つに分類されます。

百貨店営業

ブランドによっては百貨店への営業があります。

歴史がある百貨店は、お堅いイメージ通り、独自のルールが非常に多いです。その中で、初めにいかに好条件で契約できるかが重要であるため、あなたの腕の見せ所です。

また、百貨店の場合、各フロア毎に担当者が存在します。その担当者と良好な関係を築くことが百貨店営業にとってとても大切です。

ホールセール営業

セレクトショップなどに商品を卸す交渉をする営業をホールセール営業といいます。

セレクトショップと契約することによって、直営店がないエリアで商品を販売することができるため、より多くの人にブランドを知ってもらえるようになることがメリットです。

リテール営業

リテール営業とは、直営で運営しているショップに対して行う営業のことをいいます。アパレル業界では個人に対して営業する「小売り」のことをリテールとも呼びます。

ショップ運営が売上げをアップすることができるように、スタッフ・商品に至るまで戦略や考えを浸透させることを目的としています。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アパレル営業の仕事内容

アパレル営業の仕事は自社製品のPRに始まり、私たちの手元に商品が届くまでの過程で、様々な仕事を行っています。

自社製品のPR

アパレル営業職の中で、最も重要な仕事の1つは自社製品のPRをし、営業先に商品を買ってもらったり、店舗で取り扱ってもらうことです。自社製品のことを深く理解した上でアピールをして、営業先が求めるようなアイテムを紹介する必要があります。

他社からの営業に負けないように、自社の商品を売り込むことが営業のメインのお仕事です。

イベントの企画運営

アパレル営業職は、商品をPRして売り込み先を見つける他に、アパレル商品の販売後に販売をサポートする仕事もあります。

多くの人の関心を集めて、購入してもらうために販促イベントの企画や運営を行います。ここで商品の実売に持っていくための一押しができるかも営業の腕の見せ所になります。

シーズンごとのセールイベントなどの企画は営業職にとっても重要な仕事のひとつと言えます。

展示会での商談

イベントや展示会後に、バイヤーや百貨店の担当者などを相手に商談を行うのもアパレル営業職の役割です。

営業が担当するのは、内部の担当者につなぐまでというケースが一般的ですが、企業によっては、営業職が窓口として連絡役を担当することあります。

アパレル営業の平均年収

アパレル営業の平均年収はだいたい350万円〜と言われていますが、インセンティブがつくことも多いので、その企業の業態や個人の成績によって変動があります。

一般的に年収が高いのは素材・繊維メーカーと言われていますが、自社ブランドを持つ総合アパレルメーカーも給与水準が高いです。

アパレル営業への転職で必要なスキルや知識

アパレル営業への転職に必要なスキルや知識は主に以下の3つです。

  • アパレルに関する知識
  • マーケティングスキル
  • コミュニケーション能力

アパレルに関する知識

アパレル営業は、自社商品の売上を上げるためになくてはならない存在です。

アパレル商品の販売に至るまで、他職種の人や、工場の職人たちともコミュニケーションをとる場合がありますので、アパレルに関する豊富な知識が必要になります。素材や縫製の知識から歴史、流行などの幅広い知識を備えましょう。

マーケティングスキル

アパレル営業には消費者のニーズを把握するためのマーケティング知識やスキルも必要です。

商品を売るためには、消費者が何を求め、今どんなアパレル製品が売れるのかをしっかりとリサーチすることで営業も円滑に進むでしょう。

アパレルでの経験がなくても、マーケティング部門での経験があればアパレル営業への転職は成功しやすいでしょう。

コミュニケーション能力

アパレルに限らず、営業職は顧客ニーズを聞きだし、形にしていく手伝いをする仕事であるためコミュニケーション能力が非常に大切です。

話すことが苦手でも、相手の要求に気がつく力やアパレル業界のこれからの空気感を読む力があり、それを伝えることができれば問題ありません。

また、アパレルに関心があり、ファッションが好きなこともアパレル営業職に求められる特性です。

アパレル営業への転職に成功するためのポイント

アパレル営業への転職に成功するためには以下の5つのポイントをおさえておきましょう。

  • 応募先企業やブランドの特性を理解する
  • 志望動機はブランドによって変える
  • コミュニケーション能力をアピール
  • 販売・営業経験がある方は有利
  • 身だしなみにはこだわる

応募先企業やブランドの特性を理解する

アパレル営業の仕事は、自社の方向性を理解し、ブランドの特性や魅力を世の中に広めると言うことが最大の仕事です。

いくら営業力があっても、企業の意向に合わない提案をする人は求められません。

アパレル営業への転職活動を成功させるために、重要なのは企業研究です。応募先企業のブランドの特性や魅力をしっかりと理解する必要があります。他社との違いについてもしっかりと答えられるよう、準備しましょう。

志望動機はブランドによって変える

アパレル営業への転職の面接で志望動機を述べるときに、「どのブランドにも通用する動機」では応募企業への志望度が低いと判断されます。

アパレル業界にはさまざまなタイプのブランドがあり、企業やブランドごとに理念や社風などが異なります。そのため、同じ志望動機を複数の会社への応募で使うことができません。なぜその企業で働きたいのかを、しっかりと考えましょう。

コミュニケーション能力をアピール

アパレル営業は、様々な職種や取引先の方と接する機会が多くあります。

受け身で内向的なタイプはアパレル営業にはあまり向きません。アパレル業界内での人脈を広げることで、自社製品をアピールするチャンスにつながりますので、積極的にコミュニケーションをとることは重要です。

アパレル転職の面接の際、これまでの仕事で積極性や社交性を発揮した具体的なエピソードを話すことができれば、面接官に印象を残せるはずです。

販売・営業経験がある方は有利

前職で、販売や営業の経験がある方はアパレル営業への転職に有利に働きます。

アパレル販売員は、実際に消費者と関わってきた経験から、どんな服や提案が売上に繋がるのかを把握しているため、アパレル営業にも役立つでしょう。

また、アパレル業界が初めてでも、営業職の経験があれば、仕事内容は共通する部分が多いため重宝されます。

身だしなみにはこだわる

アパレル営業の転職面接では、特に身だしなみにはこだわりましょう。

営業職のためスーツを指定されるケースが多くありますが、アパレル営業の面接ではリクルートスーツは控えましょう。同じスーツでも色や形、素材にこだわって選ぶことが大切です。
また、私服指定の場合にも、応募ブランドのイメージに適した装いを心がけましょう。

まとめ

今回はアパレル営業の仕事内容と、アパレル営業への転職に必要なスキルや知識、転職成功方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

アパレル営業への転職では、コミュニケーション能力だけでなく、アパレルに関する知識やマーケティング力が求められるため、決して簡単とは言えません。

しかし、この記事でお伝えした転職成功のポイントをおさえ、あなたのこれまでの職務経験の中で、アパレル営業で活かせるスキルをみつけ、アピールできればアパレル営業への転職成功も見えてくるでしょう。

また、アパレル営業への転職に不安がある方は転職のプロである転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントに登録すれば、求人の検索から応募書類の準備や面接対策、転職成功に至るまでマンツーマンでサポートしてくれるので効率的に転職活動を進めることができますし、転職エージェントの転職成功ノウハウを直接伝授してもらえるので、転職成功率がぐんと上がります。

転職エージェントのサービスはすべて無料なので、少しでもアパレル営業への転職に興味がある方は相談だけでもしてみてくださいね。

転職エージェントをフル活用して転職に成功するためには、複数の転職エージェントに登録し、比較しながら転職活動を進めることです。

転職エージェントにも得手不得手があり、あなたの希望や職種・地域に合わせてその時にベストな転職エージェントを選択することで、より効率的に転職活動を行うことができるのです。

アパレルから営業への転職におすすめの転職エージェント

アパレル営業への転職におすすめなのは、転職サポート業界でもトップの情報量と転職内定率を誇る大手総合エージェントの「リクルートエージェント」「doda」、また親身になってくれる転職エージェントを多数保有しそのサポートに定評のある「パソナキャリア」の3社です。

各エージェントの特色は下記をご覧ください。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

業界内トップの求人保有数を誇り、アパレル業界の転職求人も多く取り扱っています。

業界トップの内定決定数から企業からの信頼も厚く、企業の内部情報にも精通しているため、幅広い業界・企業に特化した対策も可能です。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

また、dodaはエージェントが親身になって相談に乗ってくれるとの評判も高く、特に職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。在職中の転職活動であなた一人では不安なことも全力でサポートしてくれます!

dodaではエージェント一人一人に自社研修で徹底的な指導を行っていますので、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

      doda     

パソナキャリア | 親身になってくれるキャリアドバイザー

パソナキャリア 転職エージェント

初めての転職活動にはリクルートエージェント」と「dodaに加え、パソナキャリアの登録は手厚いサポートに定評がある為、特にオススメです。

パソナキャリア」は土日や平日夕方以降の面談にも対応可能で、忙しい在職中の転職活動でも融通が利きやすいです。

また、パソナキャリアは各業界への転職サポートの質の向上のため、チーム体制を取っており、より専門的な知識やアドバイスを受けることができるので、アパレル業界への転職でも頼りになるエージェントだと言えます。

     パソナキャリア