【必読】銀行員の職種別(一般職・営業・本部)自己PRの方法

【必読】銀行員の職種別(一般職・営業・本部)自己PRの方法

こんにちは、株式会社Youth Planet代表、  転職エージェント堀田です。私もメガバンクから転職を経験しましたが、銀行員の転職は自己PRが重要です。

銀行の業務は特殊で、「他業界の採用担当者から銀行員の強みを理解してもらえなかった」と転職相談を受けるケースもあります。

そこで弊社では、銀行からの転職ニーズにお答えできるよう、銀行員の職種別(一般・営業・本部)自己PRで押すべきPointを詳細に分析してきました。

このページでは、弊社がこれまで蓄積してきた銀行員の転職で自己PRすべきPointを職種別ご紹介しつつ、強みを生かした転職先についてまとめております。

銀行員が自己PRすべきPointを職務経歴書や面接で押し出していきましょう。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

銀行員の職種別(一般職・営業・本部)自己PR

銀行員の転職の強み年齢別からも分析することが出来ますが、この章では職種別の視点で自己PRのPointを詳しくまとめています。

一般職(テラー・事務職)

銀行員の一般職(テラー・事務職)の方は、他業界の事務職の人との差を出すことが、一番の強みになります。

以下のようなポイントを参考にして、銀行員の一般職の職務経歴書や面接対策を行って行きましょう。

  1. 業務の正確さ

他の業界の方達と比較して、銀行の業務ではお金を扱うため、金額や期限でミスがあってはいけません。そこはPRしていくと良いでしょう。

私も窓口で研修していた時に経験しましたが実際に誰かが1円勘定が合わなかった事件があり、それによって全員が夜23時ぐらいまで支店に監禁されたこともあります。

それほど厳しい世界で正確な業務を行なっているんだという面白いエピソード話も交じえながら面接でPRするとより効果的です。

  1. 連携する力

一般企業の事務職は周りと連携を取れる人を好むことが多いです。

銀行員の事務は、目の前のお客さんだけでなく、社内の営業マンの持ち込んでくる案件の事務、事務センターとの連携、本部への問い合わせ、外部の業者との連携など、多くの利害関係者と仕事を一緒にしていますよね。

一般企業の人事は、銀行のテラーや事務社員が社内外含めて多くの利害関係者と仕事をしているということを知らない方も多いので、いかに周りを巻き込みながら仕事をしているのかという点を意識して、PRしてください

  1. 対人能力&タフさ

多くの事務職で転職する方の傾向として「楽な仕事をしたい」という思考で転職活動をする方が多いのですが、銀行員の事務の方は、本心は違ったとしても「私はゴリゴリ働けますよー」という姿勢を面接の中で見せることは非常に有利に働くので絶対にやってください

銀行の事務の方はクレーム対応をすることや嫌な上司に対応しないといけないことも多いと思います。

「対人能力の高さと精神的にもタフなんですよ。」というPRは多くの企業が事務社員に求めていることなので、銀行でのお客さんや上司との辛いエピソードも交じえながら話すことは常に意識してください。

銀行員の一般職の職務経歴書で「書き方がわからない」「テンプレ欲しいなー」と悩んでいる方は、以下の記事を参考にして下さい。

銀行員<テラー・窓口>の職務経歴書テンプレート | 自己PRのサンプル

営業(個人営業・法人営業)

銀行員の営業がPRすべきことは、いかに頭を使いながら営業しているのかという点に尽きます。

ここを上手くPRできることが銀行員<営業>の転職の鍵になりますので意識してください。

  1. 営業の行動量

頭を使いながら営業しているのが差別化ポイントと言っておきながら、勘違いして欲しくないのがこのポイントです。

あくまでも銀行の営業マンが強みとして考えられるのは、しっかりと営業の行動量も担保しながら、年間の予算を達成するために営業の質をあげているのかという点です。その両方をバランスよく兼ね備えているのが銀行員営業マンの特徴なのです。

にもかかわらず銀行員の営業マンでよく勘違いしている人がいるのですが、「経営コンサルのレベル」で頭を使って仕事をしている風に話をする人です

これは絶対に人事に好かれませんので注意してください。

  1. 目標から逆算した行動ができる

銀行の営業マンの良いところは、年間の融資や運用の予算に対して、しっかりと材料出しをしながら、不足予算を埋めるための動きができるというところです

他の業界の営業マンは意外とその辺がおろそかで、自分の予算の不足分とかもあまりわからないまま、ただの数打ち営業をしているだけの会社が大半です。

予算を埋めるためにあなたがどのような工夫をしているのか(ex.法人営業だがあえてオーナー個人の節税のソリューションから提案した。ビジネスマッチングなどを通じて自ら金融イベントを起こしてきた。etc…)等のエピソードを交えることで、人事にも魅力的にアピールできると思います。

  1. 周りを巻き込む力

銀行員の営業の特徴の1つだと思いますが、自分の知識のない分野に対して、関連会社(リース、証券、ファクタリング,,,etc)や本部の人材、時にはビジネスマッチングなどお客様同士を巻き込んで、売上につなげていく力が必要とされるところにあるかと思います。

一般企業からすると銀行の営業マンのこの動き方は、とても面白く魅力的な動き方なので、周りを巻き込みながら利益を創出する力があることはアピールしていくと良いでしょう

本部(管理・企画・推進・審査)

本部はやはり専門性を生かしたエピソードを話していく必要があります。

銀行の本部部署は、仕事が大きすぎて、一般企業では使いづらい能力が身についてしまっている人も多いので、何ができるのかという点を分解して伝える必要があります。

  1. ジョブローテーション

邦銀の悪いところはジョブローテーションをしすぎて、キャリアがよくわからなくなることです。全ての業務であまり専門性が付いていない人は、逆にそのジョブローテーションをしていることで、ゼネラリストとしてアピールしていくほうが良いと思います。営業から企画・管理・推進まで幅広くできることをアピールしながら、応募企業でこんな風なことができるという話につなげていく戦略が良いでしょう。

  1. 業務の全体像を把握しておく

例えば銀行の経理部・財務部のような仕事だと、決算書を作るにしても1人の担当者が1つの勘定科目しか担当していないことも多いです。これが一般企業になると1人の経理担当者で、グループ会社の連結決算まで完結していることも多いですよね。銀行の本部機能は他の事業会社に比べて母体がでかすぎるのが、本部の銀行員は一般企業からすると使い勝手が悪いと思われてしまいがちです。なので、かならず自分の担当している業務の全体像をしっかりと把握しておくことが大事です。

  1. PDCAをどう回しているか

複雑な業務をわかりやすく伝えられないというのは面接において致命傷なので、あなたの担当業務をわかりやすく説明する練習はしておきましょう。またそれに伴い、あなたの日々の業務のPDCAの回し方がどうなっているのか説明できるようにしておいてください。銀行の本部はある程度システムやマニュアルが整っていて、与えられたことをやっているだけで終わっている方も多いので、そのなかでも業務効率を改善するためにあなたなりに工夫してきたエピソードなどは用意するとアピールポイントになります。

銀行員の営業職の職務経歴書で「書き方がわからない」「テンプレ欲しいなー」と悩んでいる方は、以下の記事を参考にして下さい。

銀行員<営業職>から転職の職務経歴書のサンプルと自己PRの書き方

銀行員の職種別(一般職・営業・本部)転職先

一般職(テラー・事務職)

親和性の高い業種は以下です。やはり事務系の方が多いですが、対人能力を生かしてお仕事する人も多いです。

  • 一般事務・営業事務
  • 経理アシスタント
  • 査定系の仕事(保険会社査定事務)
  • 人事アシスタント
  • カウンター職(住宅、旅行)
  • 秘書
  • 受付

営業(個人営業・法人営業)

無形商材の営業が多いです。稼ぎたい思考の人は外資の金融なども多いです。実は営業力のある方だと人事の採用のポジションなども銀行員は結構引き合いがあります。

  • 無形商材の営業(人材・IT)
  • ベンチャーのCFOや企画
  • コンサルティング業界
  • 人事
  • 外資金融
  • 経理・財務
  • 海外転職

銀行から無形商材営業への転職を成功させた体験談は以下の記事を参考にして下さい。

地銀から大手人材派会社へ転職を成功させた Iさん。年収は340万→540万まで上げることができ、業務のストレスからも大幅に解放されたそうです。Iさんから、地銀からの転職を検討されている方に向けて「銀行員って思っていた以上に市場価値が高くて、銀行員の時より年収が大幅に上がったから銀行員から転職を考えている方はどんどん転職すべき!」とメッセージがあります。

本部(管理・企画・推進・審査)

人によります。営業系に戻る方もいれば、自分の今の職種で専門的にやりたいという方も多いです。海外転勤を機に、銀行をやめて海外就職をする人も多いです。

  • 一般企業の管理・企画部門
  • ベンチャー企業
  • 無形商材の営業(人材・IT)
  • 外資金融
  • コンサルティング業界
  • 海外転職

以上が銀行員の職種別の自己PRの強みと転職先です。銀行は異業界に転職しようと思うと浮世離れしている世界なので、他業界と比べて何が強いのかという点で参考にしてください。

最後に、銀行員の職務経歴書の書き方で悩んでいる時の対策は別記事で用意したので、参考にされて下さい。

>>銀行員の職務経歴書の3Point(テンプレ付き)

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、銀行から転職する際に「転職って難しいな」と感じてしまう要因は2つあります。

1. 他業界の採用担当者に上手く銀行業務を理解してもらえるPRができないこと

2. 転職エージェントが金融業界について深く理解していないケースが多いため、業務を理解してもらえず、職務経歴書や推薦書類で浅いPRしかしてもらえないこと

最近は市場マーケットも開かれている為、銀行から転職が増加していますし、銀行員の第二新卒時期は異業種への転職地銀から転職女性行員の転職も行いやすいです。しかし正しいPRができないと、条件や待遇をかなり落として転職してしまうケース、銀行で身につけてきたスキルや経験を生かせず昇進ができないケースに繋がります。

今の銀行員というステータスを生かして、銀行員からの転職を成功させる為には、金融出身の転職エージェントに転職相談を行い、あなたがPRすべき強みを一緒に考えてもらうことをオススメします。

銀行員の職種別PRなら株式会社Youth Planet

弊社 株式会社Youth Planetでは以下の3つの理由で、銀行からの転職に強いとされています。

金融業界出身の転職エージェントが多数所属
質の高い求人を保有
満足度の高い転職相談

弊社 株式会社Youth Planetでは、金融業界出身の転職エージェントが多数所属している為、地銀からの転職が強みです。弊社代表もメガバンクから転職を経験しております。

弊社の特徴の1つに「質の高い求人を保有している」ことが上げられます。弊社は20社・30社も求人をご紹介することはありません。なぜなら大量に求人を送りつけることは転職者にとって、負荷がかかってしまうと考えているからです。十分にキャリアの棚卸しやヒアリングを重ねて、転職後満足・納得出来るようリサーチしてから、求人をご紹介させて頂いております。

また、弊社では満足度の高い転職相談を行っております。転職エージェントによっては、転職相談でヒアリングも行わず、ひたすら転職しやすい求人(ブラック企業や常に人が足りていない企業)しか紹介されない場合もあります。

弊社では、転職後も満足してキャリアを作ってもらえるよう求人紹介を行う前に十分なヒアリングを行い、価値観や将来なりたい姿をイメージして転職の軸を固めて頂いた上で、求人紹介を行っていきます。

その他にも、転職に関する全てのサポート(銀行員の転職に必要な職務経歴書の添削、銀行員に最適な面接対策、めんどくさい面接の調整、希望に近づける為の年収交渉)を一括してサポートしております。

>>銀行からの転職に強い 株式会社Youth Planetに是非ご相談ください!

私たちは、銀行員の職種別に対策を行うことができる為、あなたにマッチした自己PR方法を知りたいなど転職サポートが必要な方は弊社にご相談下さい。

さらに、弊社にはメガバンクから転職経験を経て現在転職エージェントとして活躍しているエージェントも複数いますし、地銀からの転職は遠方転職などの転職障害に対して最善の提案を行うことも可能です。

>>銀行からの転職に強い 株式会社Youth Planetに是非ご相談ください!

銀行員の転職の関連記事

銀行員の転職の成功方法 | 銀行員の転職先と具体的PR方法

メガバンクの転職の成功方法|メガバンクからの具体的な転職先は?

地方銀行から転職 | 地銀の具体的転職先は?

銀行員の女性の転職は難しい?女性行員の具体的な転職先は?

The following two tabs change content below.

堀田 誠人

メガバンクで面接官を経験。その後、人材大手Intelligenceのシンガポール法人立ち上げメンバーとして転職。帰国後に株式会社Youth Planetを設立。リクルートキャリア社主催のGood Agent Award 2016で大賞を受賞。 キャリア相談はお気軽にこちらから連絡ください>>