30代で子持ちの女性でも転職成功!その5つ秘訣と転職先の選び方とは?

30代で子持ちの女性でも転職成功!その5つ秘訣と転職先の選び方とは?

女性 転職 リミット

こんにちは、株式会社Youth Planet-転職エージェント編集部です。

30代で子持ちの女性で、子育てで忙しい中でもキャリアアップやより安定した暮らしを目指して転職を考えたことはありませんか。

でも、いざ転職活動をしてみてもなかなか、決まらず、30代子持ち女性の転職市場の厳しさを痛感しますよね。。

ですが、世の中には30代で子持ちの女性でも転職に成功して理想の暮らしを手に入れている女性も大勢います。

今回は様々な30代子持ち女性の転職成功事例を独自に分析して導き出した転職成功法を解説していきます。
このページを参考に転職先の選び方から、転職活動の注意点など今一度見直してみてくださいね。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

30代子持ち女性でも転職成功は可能?

まず、30代の子持ちの女性で転職を希望される方にまずお伝えしておきたいのが、30代の子持ち女性採用されにくくても諦めず転職を目指す覚悟を持っていてほしいということです。

30代で子持ちの女性を採用したとしても時短勤務が必須であり、子供の急用のために仕事を休みがちになるので、それをリスクと取る企業も多いのです。

しかし、もちろん30代の子持ちの女性でも転職は可能です!

企業によっては女性の感性を必要とするところもあり、その中でも子持ちの女性は責任感が強い方も多いし、限られた時間で仕事をこなすため作業効率が良くいわゆる「出来る女性」が多いと高い評価をしている企業も多いのです。

30代の子持ちの女性の転職では子持ちだであることを引け目に感じるのではなく、あなたのスキルや経験を積極的にアピールしていくことで、30代子持ちの女性の転職先の選択肢は広がっていくのです。

30代子持ち女性の転職に欠かせない事前準備

とはいえ、30代子持ちの女性が転職に成功するためにはしっかりとした事前準備が欠かせません。

転職活動を始める際にはまず下記の3点を事前に準備しておきましょう。

転職の目的を明確にしておく

転職において一番ブレてはいけないのは「なぜ転職をしたいのか」「転職をしてどんな仕事をしたいのか」という転職の目的やキャリアプランです。

30代子持ちの女性でも転職の目的やキャリアプランが明確な方であれば企業側にとっても「採用する価値がある人材」と印象付けることが可能です。

応募書類の準備は完璧に!

転職活動の第一段階にあたる種類審査では企業によっては足切の材料にもなるので、履歴書・職務経歴書の準備はかなり重要です。

ここで重要なのは書類選考ではマイナスポイントを貰わないようにするということです。

応募書類は書き方のコツやマナーがある程度決まっているので、それに沿った応募書類を作ることで、あなたの経歴やスキルも伝わりやすくなりますし、ビジネスマナーを心得ているという点で好印象になりやすいです。

あなたのスキルの棚卸しをしておく

30代子持ちの女性に限らず転職活動において、あなたの得手不得手を知り、スキルを見直す「スキルの棚卸し」は必須です。

あなた自身が自分のスキルを知ることでアピールする部分が明確にできるので、スキルの棚卸しができているかどうかで転職の成功率は大きく変わります。

30代子持ち女性の転職のタイミングは?

30代子持ちの女性の転職は子供の年齢とともに変わってきます。今回は子供の年齢にフォーカスして転職のしやすさや注意点を解説していきます。

0〜3歳

産休・育休から復職しても、この頃は育児にもようやく慣れてきたころでしょうし、そこに仕事も加わるとかなり大変で仕事と家庭の両立がうまくいかず転職を考える人も少なくありません。

この時期の転職活動は育児の手の空いた時間にしなければならないですし、面接当日に子供が体調を崩すと急にキャンセルしなけれなりません。転職活動を円滑に進めるには夫や家族を始め一時保育などのサポートが必要不可欠です。

また、保育園に預けている、もしくは入園予定の場合は就労証明書の再提出が必要になりますし、保育園関連の手続きも並行して進めていくのもきちんとスケジュールを立てて、転職や入社時期を考えましょう。

転職後も有給休暇付与前に子供が体調を崩してしまうと欠勤になってしまうことも考えられますし、総じて子供が0~3歳の頃の転職は転職準備も転職後も心身ともにハードになることは覚悟しておきましょう。

ちなみに育休中の転職はおすすめしません。育休はあくまでも復職前提のものなので現職の人事にもあまり印象はよくないですし、応募先の人事も同様の印象を受ける可能性があります。

やむおえない事情で育休中に転職を行う場合は面接で事情を聞かれてもいいように納得できる理由を準備しておきましょう。

4〜5歳

4~5歳になると子供も体調が安定してきますし、ママも育児に慣れてきていると思いますし、転職のタイミングには良い時期と言えます。

子供の将来を含め、第二子第三子の予定やあなたの今後のキャリアパスも中長期的に考えて転職先を選定していきましょう。

小学校入学前

小学校に上がると子供に手が掛かることも減ってはきますが、それまでと違って毎日の宿題や持ち物チェックのフォローや夏休み・冬休みなどの長期休暇の預け先などの問題が出てきます。

また企業側の時短勤務や育児サポートも小学校入学するまでの期限つきの場合が多いです。

これまでとは違う、子供の小学校生活をイメージして無理なく働き続けられるかを慎重に検討しましょう。また、4月は新学期・新学年のスタートで子供も慣れるまでサポートが必要な場合がありますので、直前直後の転職は避けた方が良いでしょう。

30代子持ち女性の転職はで目指すは正社員?

30代子持ちの女性にとって転職活動はかなり厳しい戦いになることが予想されます。

金銭的なメリットや安定を考えると、正社員での転職が望ましいですが、30代の子持ち女性の転職では、契約社員や派遣社員などの非正規雇用での転職も視野に入れてみてもよいでしょう。

30代子持ちの女性が転職先を選ぶにあたって、正社員と非正規社員ではそれぞれメリットとデメリットがあります。

正社員だけにこだわるのではなく、どちらの働き方がよりあなたの理想とする働き方に合っているのかを考えてみてください。

正社員として働くメリット/デメリット

30代子持ちの女性が正社員転職を選ぶメリットとは、なんといっても福利厚生や社会保険、厚生年金に加入できる点です。正社員転職の方が定年退職後の年金などの不安も少ないです。

ただしデメリットとしては、責任が重く精神的に厳しくなるということです。また、働き方に融通が利きにくく、フルタイム勤務や週5日勤務が余儀なくされます。

30代の子持ちの女性が正社員として勤務を選ぶのであれば、子育てに理解があるか、福利厚生がしかっりしているかなど慎重に見極めて転職先を選ぶようお勧めします。

非正規社員として働くメリット/デメリット

非正規社員として働く場合のメリット残業がなく、働き方に融通が利くということです。時短勤務や、週3日などの働き方もできます。

しかし、デメリットとしては有期雇用契約になりますので、契約期限がきたときに雇用切りにあう可能性が出てきます。

また、正社員と違って手当や福利厚生はなく、またキャリアップを目指すことや仕事のやりがいはなくなる可能性が高いと言えるでしょう。

あくまで正社員を希望しているという方でも非正規雇用から正社員登用を目指すか、非正規雇用で経験を積んでから正社員転職を目指すことも可能です。

契約社員からの正社員転職については「【女性の転職】契約社員から正社員に転職すべき理由と転職成功術」で詳しく解説していますので、こちらも参考にされてください。

契約社員から正社員を目指すなら正社員登用を待つより転職した方が早いって知ってましたか?正社員転職を目指す女性が知っておくべき全知識と契約社員から正社員転職成功までの行程を詳しく解説してみました。

30代子持ち女性が転職を成功させる5つの秘訣

30代で子持ちの女性が転職を成功させるには戦略的に転職活動を行わなければなりません。

30代で子持ちの女性となると、20代や独身の女性と比べるとどうしても時間の面で制約があり、融通が利きにくいというイメージを持たれがちです。

30代子持ち女性が転職を成功させるための秘訣を具体的に説明していきます。

あなたの経験や実績を活かす仕事を選ぶ

30代子持ち女性の転職を成功させるためには、ご自身のキャリアや経験を生かせる企業を選ぶことです。キャリアや経験がある職種や業界ならば、即戦力として採用されやすくなります

ですので、30代子持ちの女性が未経験の職種への転職をするのはあまりおすすめできません。

あなたの経験やキャリアを生かせる業界や企業をしっかりと見極めて選ぶことが重要です。

転職の条件の優先順位を決める

30代子持ち女性の転職活動を成功させるために必要なことに、就職する会社に求める条件に優先順位をつけることです。

30代子持ちの女性が転職をする際、子育てをしているということは時間や勤務体制に縛りが少なからずあります。そういった中での転職は給与が下がることが予想されますし、また、給与がしっかりほしい方であれば、週5日やフルタイムの勤務は余儀なくされるでしょう。

ご自身の条件で何が最も優先させたいのかはっきりさせることで、転職後も納得して仕事を続けることができます。

産休・育休の取得実績が高い会社を選ぶ

30代子持ちの女性が働きやすい会社かどうか見極める基準として、まず一つが「産休・育休の取得実績の高い企業」です。

産休・育休を取得後、復職した女性の多い職場は、子どもの体調不良やによる早退や、子供の学校行事などで発生する欠勤などにも理解がある可能性が高いです。

産休・育休の取得実績の高い企業を調べるには、東洋経済『CSR企業総覧』などでも毎年発表されていますので是非チェックしてみることをお勧めします。

狙い目は大手企業かベンチャー企業

30代の子持ち女性でも働きやすい職場の選択しとしては「大手企業」や「ベンチャー企業」がおすすめです。

大手企業であれば、子供のいる世代も多く在籍しており、育休制度などの手当てや福利厚生もしかっりしていますので、30代子持ち女性でも働きやすいです。また、産休後の復職した女性もいることが考えられ産後のキャリアアップのロールモデルもいるので長期的に働きやすいでしょう。

また、ベンチャー企業は新しい事業やサービスを展開するにあたって、年齢や家庭環境に関わらず、あなたの能力を重視して採用してくれる可能性があります。また、その会社に必要な人材であれば離職されたくないので急な休みなども対応してくます。

古い考えにとらわれず、能力重視のベンチャー企業であれば、制度を上手に活用することで、30代子持ちの女性でもやりがいを持って働くことが可能です。

面接での質疑応答への対策をする

企業が30代子持ちの女性に対して最も懸念するのが「子供がいることが仕事に支障をきたすのではなか」ということです。

転職面接では、子供に関する質問をされると思いますが、ここでの受け答えの準備を入念にしておくことで、子供がいても問題なく働けると理解してもらいましょう。

30代子持ち女性の採用面接で企業がよく質問する項目は以下の4点です。

  • 子育てに関して周囲の手助けはあるのか?
  • 子供の年齢
  • 今後のライフプラン
  • 今後も長く働く気持ちがあるのか?

子育てに関して周囲の手助けはあるのか?

この質問には、いざ子供が病気やケガなどがあった場合に他のサポートがあるのかどうかいううことが知りたいという意図があります。

子育てをしながらでも、時にイレギュラーの業務にも対応できるかを確認しています。

子供の年齢

この質問では、子供の年齢を知ることで、子供にどれぐらい手がかかるかの度合いを確かめています。

それによって仕事の欠勤の回数や勤務時間の調整がどのようになるか確認しているということになります。

今後のライフプラン

今後のライフプランを聞くのには、第2子や3子の予定があるかどうか知ることで、産休や育休の取得の可能性があるかどうか確かめたいという意図があります。

ですが、この質問はプライベートなことなので直接的に聞いてくる企業は少ないです。もし今後予定を考えているのであれば、伝えておくのも良いでしょう。

今後も長く働く気持ちがあるのか?

この質問には、育児がひと段落した場合でも長く働き続ける意思があるかの確認をしています。また、企業がご自身のスキルや経験が貴重だと判断している可能性もあります。

他にも、家庭との両立が難しくあきらめて離職してしまわないか、ご自身の意思確認をしたいという意図もあるでしょう。

30代子持ち女性は転職エージェントを活用して転職成功率UP!

30代子持ちの女性の転職はかなり難航することが予想されます。

30代の子持ち女性の転職では、転職エージェントをうまく活用することで転職活動を効率的に進めていくことがおすすめです。

実際求人票からは「30代子持ちの女性の働き方に理解があるのか」なんて見分けることは出来ません。しかし、転職エージェントであれば企業の社風や内部情報に精通しているので、30代の子持ち女性でも働きやすい企業を紹介してくれます。

また、転職エージェントの保有する求人のほとんどが非公開求人で、転職情報誌などでは見つけられない好条件の求人に出会えるのも転職エージェントを利用する大きなメリットの一つです。

30代の子持ち女性におすすめの転職エージェント3選

以下に30代の子持ちの女性の転職にもおすすめの転職エージェントを3社ご紹介しますので、まずは相談をしてみることからはじめてみてください。

リクルートエージェント|業界No.1の転職サポート実績

リクルートの画像

業界最大手で売上・転職決定数・求人数・登録者数共にNo.1を誇るリクルートエージェントは幅広い世代・業種に対応した質の高い求人数を多保有しています。

雇用形態や勤務先などより多くの選択肢から転職先を吟味したい方におすすめです。

また、リクルートエージェントは転職サポート実績No.1ということもあり、企業からの信頼もあつく、求人票などでは分からない内部情報などにも精通している上、内定率も高いので、迷っている人はまず登録しておきたい転職エージェントです。

   リクルートエージェント  

doda|転職者満足度No.1

リクルートエージェントとならび業界最大手で膨大な求人情報量を誇るdoda

他社と被らない非公開求人は自分のスキルや希望職種にマッチするものだけ閲覧が可能となっていますが、その中には優良求人情報も多いと評判です。

dodaの職務経歴書添削サービスは手軽で利用しやすいと人気のサービスの一つです。

また、dodaに在籍する転職エージェントは自社研修を受けていますので、担当者に当たりはずれが少なく、安心してまかせられる転職エージェントです。

      doda     

パソナキャリア|女性の転職には欠かせない転職エージェント

パソナキャリア」は、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。

実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

希望をすれば、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性の事情について理解をしてくれ安心して相談することができるため、女性に必須の転職エージェントです。

     パソナキャリア    

 まとめ

今回は30代の子持ち女性の転職について解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。

子育てしながらの転職活動、働くことは容易なことではありません。

しかし、女性活躍社会の推進がうたわれる現代では、戦略的な転職活動を行い、あなたに合った企業への転職に成功すれば、家庭や子育てと仕事の両立は可能です。

転職エージェントを活用してあなたに合った働き方、企業を見つけることが、その第一歩になります。

このページを参考に一人でも多くの30代子持ち女性が転職に成功させて充実した日々を送ってくれることを祈っています。