人材紹介会社向け求人データベースサービス、6社を徹底比較

人材紹介会社向け求人データベースサービス、6社を徹底比較

こんにちは、株式会社Youth Planet代表、 転職エージェント堀田 です。

この記事では「求人データベースサービス」つまり、人材紹介会社向けに求人獲得をしてくれる企業の比較をしてみます。

人材紹介会社を立ち上げてから、求人企業の獲得って大変ですよね。

人脈だけでは獲得できる企業にも限界があるし、従業員数が少ないうちは求人企業の開拓をいくらしても、必ずお金になるわけではないし、そもそも日々の求職者とのキャリアカウンセリングをしながら求人企業の求人情報を更新しているだけでも大変な手間です。

そこで人材紹介会社同士で提携などをして求人情報をシェアすることもありますが、どう考えても今の日本のマーケットだと求職者担当の方が工数かかるし、Feeが50:50だと割りに合わないですよね。

そんな中、最近はいくつかの企業が人材紹介会社向けに求人開拓をして、求人シェアリングをしてくれます。今まで「Feeが減るから仲介会社みたいなものは全く使わない。」と決め込んでいた人材紹介責任者の方も、紹介する先のなかった求職者にも求人を紹介できる可能性がでてくるので、是非求人シェアリングを検討してみてください。

本日はそんな求人シェアリングのサービスを展開している企業をご紹介します。

求人データベースサービスとは

求人データサービス

求人データーベースサービスとは、人材紹介向け会社に求人獲得をしてくれる企業、つまり、RA業務を削減してくれるサービスです。

自社で求人を開拓せずに、web上のシステム上に掲載されている求人に求職者を推薦することができるサービスです。

私が人材紹介会社向け求人データベースサービスを利用したきっかけ

私は元々、日本国内で人材紹介業を行なった経験がなく、国内の企業人事にも知り合いがいなったので、そもそも人材紹介業を日本国内でやるつもりはありませんでした。

ただ、人材紹介会社向けの求人データベースサービスの存在を知ったことで、自分で独立して人材紹介業をやる決意ができたのです。

そもそも一人で、なんの人脈もなく人材紹介業をゼロベースから始めて、求人開拓もしながら、求職者をスカウトしてキャリアアドバイスもしていくということはほぼ不可能です。

しかし、そこに求人データベースサービスがあればどうでしょうか。なんの人脈がなくても1,000社ほどの求人に人を紹介することができるのです。仮に年間20人決めたとしても、求人データベースサービスに支払うお金はざっくり600万円ぐらいです。

600万円の給料を払って絶えず1000社にアプローチしてくれるRAだと考えたらどうでしょう。600万円を営業マンに払ってもとてもじゃないけど1,000社に絶えずアプローチすることは難しいことです。そう考えると安いと思いませんか。

求人データベースを使ってみて分かった5つのメリット・デメリット

私が求人データベースを使ってみて分かった、メリットとデメリットをご紹介します。具体的には以下の5つです。

求人データベースサービスを利用する5つのメリット

求人データベースサービスには、求人開拓コスト以外にも様々なメリットがあります。具体的には以下の5つのメリットです。

  • 契約締結を求人データベース側でやってくれるので、事務がいらない
  • 請求や入社確認なども求人データベース側で行ってくれる
  • 小さいエージェントでは取引できないような大企業も紹介できる
  • 物理的に開拓しにくいような地方求人も紹介できる
  • スカウトを打っていい求人が多い

求人データベースサービスを利用する5つのデメリット

一方で、求人データベースサービスには、以下の5つのデメリットもあります。

  • 利益が薄まる
  • 紹介手数料の回収が遅くなる
  • 求人の温度感が伝わらない(ただ掲載されているだけの求人がたまにある)
  • 企業の人事とのリレーションが薄く、グリップしづらい
  • 複数のエージェントと競合する

最近はこのような外部の求人データベースサービスだけにRA業務を投げて、CA業務だけに集中している人材紹介会社も多いようです。

もちろん人材紹介会社の社長としては、自社での求人開拓の戦略も練る必要はあるとは思いますが、1つのパートナーとしてこのようなサービスを使うメリットは大いにあると思いますので、まだこのようなサービスを使ったことがない人材紹介会社様は是非一度検討してみてください。

人材紹介会社向け管理システム一覧

Crowd Agent(クラウドエージェント)

参照:https://www.crowd-agent.com/agent/

2005年に創業して、国内最大の求人企業と人材紹介会社をつなぐ求人情報流通システムである「Crowd Agent」。最近は様々な地銀などと提携をして、バンバン資金調達もしています。地銀のネットワークを基に、地方求人などを多く保有しています。

Sardine(サーディン)

参照:https://sardine-system.com/

もともとはScouter(スカウター)というサービスで、一般の方が副業で人材紹介ができるサービスを始めたことで有名になった会社です。そのサービスで獲得した企業の求人DBを転職エージェントにも開放し始めたのがSardineになります。社長も若く勢いのある会社でUIがとても綺麗です。2019年6月には紹介料前払いサービスも始めましたね。これは小さい人材紹介会社には嬉しいサービスですね。

マイナビジョブシェアリング

ご存知マイナビさんが、圧倒的な求人DBを転職エージェント向けにシェアリングを始めました。手数料は高いですが、メーカー系の求人など質の高い求人を持っているのが特徴です。

JoBins(ジョビンズ)

参照:https://corp.jobins.jp/

一律10%という安いFeeで採用ハードルの低い求人を多く保有しています。人材紹介会社としては儲からない手数料ではありますが、これまで案件がなく決めれなかった人材を決定することができる求人DBとして、注目されています。社長も元々人材紹介会社をやっていた方なので、人材紹介会社の気持ちを理解している点も良いです。

リクまどα

参照:https://recmado.jp/lp/

様々な案件が、掲載されています。更新頻度は高くはないですが、良い求人があれば、他のサービスよりも取られるマージンが少ないため、人材社紹介会社に多く手数料が残る可能性があります。

エクスオード

参照:https://ex-ord.co.jp/

これまでのサービスとは違いますが、大企業の採用代行を行なっている会社です。なかなか獲得できないような案件や大量採用プロジェクトのような求人案件を、多くのエージェントに投げてくれます。転職エージェント側は中間マージンも取られないので、取引しておいて損はありません。

実際にサービスやデモを使ってみて、サービス選びで確認すべきポイント

求人の毛色が全然違うので、うまくサービスを組み合わせて使うことも可能だと思います。その中でも意識するポイントをいくつかご紹介します。

コスト

コスト感は各サービスによって全然違います。貴社の求職者と求人の相性、どれぐらい決定したら採算が合うのかを考えながらサービス導入した方が良いかと思います。

簡単な比較表を用意したので、比べてみてください。料金に関してはあくまで参考程度に。決定人数によっては割引や優遇なども入る可能性があります。正確な金額は直接企業にお問い合わせください。

月額成功報酬
Crowd Agent10万円発生手数料の30%
Sardine20万円無料
マイナビジョブシェアリング5-10万円発生手数料40-50%
JoBins無料無料
リクまどα無料発生手数料の10%
エクスオード無料無料

サポート体制

ここはとても大事です。どのサービスも極力人材紹介会社と人事がシステム上でやりとりしてもらうような仕様になっていますが、やはりサポートがないとなかなか決定までもっていくことは難しいです。

サポート力という意味ではCrowd Agentさんが1つ頭抜けているかなといったところだと思います。マイナビさんは、エージェント窓口を通してから求人を持っているマイナビの各事業部の担当者に連絡がいくので、連携という意味ではまだまだ使い勝手は悪いです。契約を結ぶまでは積極的に営業にきてくれるのですが、契約を結んでからはサポートの連絡もほぼないです。個人的にはお勧めできないです。エクスオードさんは各企業毎にエージェント向け説明会を行うので、その後のサポートはただのコールセンターみたいな感じではありますが、とりあえず不安点はなくなります。

みなさん分かりきっていることかと思いますが、人材紹介業は企業人事とのグリップの勝負です。各サービスがどれぐらい企業人事の懐に入り込めているかが私たちの紹介成功に大きく繋がってきます。人材紹介会社と企業人事の間に入ってもらい営業マンになってもらう会社なのでただ伝言ゲームをするだけの会社とは組みたくないものですね。

UI・操作性

これは個人的にはSardineかなと思います。やはり若い会社でUIとかにすごく気を使っているんだろうなと。他の会社さんと比べても非常に見やすいです。マイナビさんも最初の頃は微妙でしたが、最近はとても良くなっています。

その他の会社はまだまだ努力が必要ですね。笑

まとめ|弊社はどこで契約しているのか

無料のところは全て使っていて、そのほかにも色々デモなど試してみたり契約もしているのですが、弊社が一番多く使っているのは今の所はサポートが手厚いCrowd Agentさんです。Crowd Agentさんとであれば、一緒に決定を出していけるイメージが湧きます。最近は企業との人材紹介契約も35%で巻いてくれることも多く、取られるマージンは少し多いですが、そこも決定数を出していけば苦にはなりません。弊社も年間でも結構決めているので、大体500社ぐらい提携している人材紹介会社の中でも常に1-3番目ぐらいに入るのではないでしょうか。エクスオードさんもいい案件を持ってきて無料なのですが、いかんせんエージェント側で使っている人も多いので、競合が激しすぎてエクスオードさんの案件は追いかけると疲弊します。

ただ、どこのサービスも工夫を凝らして頑張っているので、私たち人材紹介会社と一緒に売上を伸ばしていけたらいいなと思っております。

初めて人材紹介会社向けの求人データベースを利用する方へ

私は一通り全てのサービスを利用しておりますので、求人DBで悩んでいる方は人材紹介会社目線でアドバイスすることも可能です。おそらくどの辺りの求職者を集められるのかで、どのサービスを利用した方が良いかが、全く変わってくるかと思います。

各会社の担当の方にお繋ぎすることも可能なので、お困りの方は是非弊社の問い合わせ窓口よりご相談ください。

https://youthplanet.co.jp/contact/

人材紹介会社向け求人データベースサービスへの意見

ここ数年で一気に求人データベースサービスも増えてきました。私たちのような小さい人材紹介会社にとってはとても嬉しいことです。そんな中でもやはり今後は、以下のようなシステム改定も進めてほしいなと思っております。

  • 人材紹介会社向け業務管理システムとの連携 or 業務管理システムを内包
  • 自社求人も求人データベースサービス上で管理できるようにする

などなど。

人材紹介会社はスカウトのシステム、業務管理システム、求人データベースサービス、求人企業の求人管理システム、etc、、、普段の業務フローの中で何回も画面を切り替えて、そのたびにシステムにログインしないといけないことが多々あるので、求人データベースサービスと業務管理システムを合わせたようなサービスになってくれると普段の業務が楽になると思います。これを見ている事業者様は是非改善をよろしくお願い致します。

人材紹介業向けノウハウ関連記事

人材紹介業でKPI管理法を使いこなすことは決定を出し続けるだけでなく、転職エージェントとしての価値を高めることに繋がります。弊社がどのような考えを持って人材紹介業のKPI管理を選択し具体的にどのように改善を行なっているのかを事例を交えてまとめています。
ある日突然やってくる労働局による有料職業紹介事業者の定期指導・監査に対応できていますか? 行政処分や司法処分を受けないために、転職エージェント社長が管理体制構築の方法を教えます。
人材紹介会社向けの業務管理システムについてまとめました。労働局の監査も経験したことのある私が、どこの業務管理システムが使いやすいか、実際にデモを使ってみた感想なども含めて比較しますので、これから業務管理システム導入を考えている人材紹介会社の方は参考にしてください。
平成30年1月1日から職業安定法の一部の改正が施行されました。有料職業紹介事業を営んでいる方や職業紹介責任者は知らなかったではすまされないルールも多々あるので、人材紹介会社社長が対応したことを参考にしてください。
有料職業紹介事業に関しては、これまで事務所要件として20平米の面積要件がありましたが、2017年に職安法の改正で緩和されました。事務所要件と要件には乗っていない注意点を写真を交えて、説明します。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

堀田 誠人

メガバンクで面接官を経験。その後、人材大手Intelligenceのシンガポール法人立ち上げメンバーとして転職。帰国後に株式会社Youth Planetを設立。リクルートキャリア社主催のGood Agent Award 2016で大賞を受賞。 キャリア相談はお気軽にこちらから連絡ください>>