転職回数が多い女性の失敗しない転職方法を1から10まで教えます

転職回数が多い女性の失敗しない転職方法を1から10まで教えます

こんにちは、株式会社Youth Planet編集部です。

30代前半(女)で転職6回目になります。
転職回数が多いからかなかなか転職先が見つかりません。
転職回数が多いのは書きたくないけど、履歴書に嘘はかけないし。。。転職の回数が多くても転職できる何かいい方法はありませんか?

実際のところ、転職回数が多い女性の転職が難しくなってくるのは事実です。

しかし、果たして転職回数はあなたにとって不利になるだけなのでしょうか?

転職回数が多い女性は転職回数の分様々な経験を積んでいるのも事実で、そこをあなたの強みとしてアピールすれば、転職を有利に進めることができます。

今回は女性の転職において転職回数はなぜ不利になるのか、また、転職回数が多い女性が転職に成功するためのコツをご紹介していきます。

難しいこと何もありません。
ちょっとしたコツを知っておくだけで内定率はぐっと上がるはずです。ぜひ参考にしてみてください。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

女性の転職回数が多いと不利なのか

女性の転職において、転職回数が多いと不利なのでしょうか。

残念ながら多くの場合において転職回数が多い女性は転職に不利になる傾向にあります。

しかし、絶対的に不利であるというわけではなく、転職を重ねた女性だからこそのセールスポイントも持ち合わせているのも事実なのです。

採用担当が多いと感じる女性の転職回数

では実際に採用担当者が多いと感じる転職回数は何回なのでしょう? アンケート結果を見てみましょう。

引用:リクナビNEXT

年齢などにもよりますが、転職3回目から「転職歴が気になる」という採用担当者がぐっと増えます。 年代別では20代では3回、30代では3~4回で「転職回数が多い」という印象を持つという意見もあります。(参考:マイナビ転職

転職回数が多い女性はなぜ転職に不利なのか?

転職回数の多さに加え、1社1社での勤続期間が短い方は「ジョブホッパー」と呼ばれ、ジョブホッパーに関して採用担当者たちは次のような懸念を持っています。

  • 忍耐力がないのでは
  • また気に入らないことがあったらすぐやめてしまうのでは
  • 人間関係を築く上で問題があるのでは

企業は人1人を採用するのに多くの費用を投じます。そうまでして採用した人材が入社後まもなく問題を起こしたり、退社してしまうリスクを事前に防ぐため転職回数が多い人材を敬遠しがちです。

転職回数の多い女性こそのセールスポイント

しかし、転職回数が多くとも採用されたケースは意外と多いことがわかりました。

引用:リクナビNEXT

「転職回数が気になる」という意見が多かった転職回数が3回ある転職者の採用実績が一番高いのが注目です。では彼女たちはなぜ採用を勝ち取ることができたのでしょうか。

それは転職を繰り返しているからアピールできる長所があるからです。

転職の回数を重ねるごとに培ったコミュニケーション能力

転職の数だけ様々な会社を見てそこに働く人たちと渡り歩いてきたコミュニケーション能力は転職回数を重ねたからこそ得たスキルと言えます。人間関係がうまくいかなかった経験も次の転職先では教訓として活かせることもあります。

どんな職場にもすぐ溶け込め、円滑に業務を遂行できる人材はどこの会社でも重宝されます。

転職の回数の分、多様なスキルがあり、即戦力になれる

まだまだ好景気と言えない中、企業としてはより少ない人材で最大限の利益を生みたいと思うもの。1人で幅広いスキルを持つマルチタスク型の女性は評価が高いです。

今までの転職の中で培った様々なスキルや経験が次の会社では思わぬ形で役に立つこともあります。

企業や組織の仕組みを客観視できる

新卒からずっと一つの職場でしか働いたことのない女性の中には「会社特有のルール=社会一般の常識」と勘違いしてしまい、考え方に偏りがある人がいます。

その一方、転職を繰り返している女性はその分様々な職場や人間関係を見てきている為、考えに偏りができにくい傾向にあります。

転職回数が多い女性の中には、新しい仕事の要点を短期間でつかみ効率よく仕事ができたり、いろんな場面に臨機応変に対応する力が備わっている女性が多いです。

転職の回数が多い女性の転職先選び

転職をこれ以上繰り返さないようにしたいのであれば、転職先選びは慎重に行いましょう。

まずは転職活動を始める前にしっかりと自己分析をしてみてください。

何を評価されてきたのかを知ることで次の転職ではどんな業種・職種が向いているのかを考える上で重要になってきます。あなたの培ってきた経験・スキルと関連が強い会社ほどあなたを欲しいと思ってくれるでしょうし、あなたが長く続けられる会社である可能性が高いです。

また、転職回数が多くても比較的採用されやすい業種でいえば、常に人手不足になっている運送業や、転職回数よりもあなたの持っているスキルや経験を重視してくれるIT業界や外資系などはおすすめです。

人事が転職回数が多い女性対して着目するポイント

転職回数が多い女性の転職準備のポイントを解説するに先立って人事が選考の際に着目する3つのポイントを押さえて書類選考や転職面接に臨みましょう。

定着性

人事として転職回数が多い女性に対しての1番の懸念は「またすぐ辞めてしまうのでは」ということです。

一人採用するために企業は大金を支払うため、すぐに辞めてしまわれては大きな損失になるので、採用する際にこの人が長く勤めてくれるかという点をみているのです。

ストレス耐性

転職先がまた自分に合う環境かどうかは入社してみないとわかりませんが、何か不満な点があったり壁にぶつかったりすぐ辞めるのではなく改善しようとできるかどうかもまた重要なチェックポイントです。

また、協調性を持って周りと一緒に業務を遂行できるのかどうかも転職回数が多い女性についても注意してみられるでしょう。

キャリアの一貫性

転職ごとに職種が変わっていると「この応募者はキャリアの一貫性がない」と思われます。

人事は書類選考や面接で、それまで違う業種や職種に転職していても年収をアップするためやキャリアアップなど一貫した目的があるかどうかを注目しています。

転職回数が多くても好印象な女性の職務経歴書

転職回数が多い女性は書類選考から足切されることも多いので、書類選考で重要視される職務経歴書は採用担当者が「この人に会ってみたい」と興味を持ち面接まで持ち込めるようなものにしなくてはなりません。

要約部分はアピールポイントを絞る

職務経歴書で一番最初に目に留まるのは要約です。要約では転職してきたすべての会社についてではなく、あなたが一番アピールしたい職歴を伝えましょう。

ここでいかにあなたの強みを短くかつ採用担当者に伝わるように書けるかはあなたのプレゼン能力を問われるところでもあります。

また、アピールする職歴については応募先の会社によって関連がより強い職歴に変えて書くとより良いです。

A4用紙に1,2枚が理想の文章量

転職回数が多い方の職務経歴書でありがちなのが、すべての経歴を網羅しようとして内容が薄く、どこがアピールポイントかわからなくなってしまうことです。

長すぎる職務経歴書は採用担当者にはあまり好まれず斜め読みされてしまいがちです。アピールポイントを盛り込んだところで読まれないと意味がありません。

職務経歴書は採用担当者の負担にならないA4用紙1,2枚に簡潔に書くようにしましょう。

転職回数が多くても一貫性があることをアピール

転職回数が多く業種・職種がバラバラであったとしても、その中であなたが貫いてきた業務への取り組み方やポリシーを伝えることが大切です。

また、そこから応募先企業に転職を希望する理由までストーリー性を持たせることができれば説得力が増します。

転職回数を重ねる度にステップアップしてきたことを強調

職歴ごとに部署や役職、また部下がいれば部下の人数などを詳しく書くことで転職回数を重ねるごとにステップアップしてきたことを伝えましょう。

また、達成した実績や表彰されたことがあれば具体的な数字を交えてアピールするとより良いです。

女性が転職回数をプラス要素に変える面接

面接までこぎつければあともう一息!

ここでは転職が多い理由は必ず聞かれると思ってください。厳しい質問が来たとしてもきちんとあなたの言葉で説明できるように準備をしておきましょう。

転職の理由はポジティブに伝える

転職の理由の伝え方が、採用を大きく左右する大事なポイントです。

特に女性の転職理由には多いのが「人間関係の問題」ですが、転職理由を「人間関係の問題」と言ってしまうと、「人間関係のトラブルを起こしやすい人なのかも」というマイナスのイメージを与えてしまいがちなので避けるようにしましょう。

「妊娠・出産」や「介護」などの家庭の事情などはもちろんマイナスイメージにはなりません。

転職回数が多くても「なぜ転職したか」という理由をきちんと説明し、今回の転職に対する前向きな姿勢をアピールしましょう。

下手な言い訳より自己PRをする

下手に転職を繰り返してきた理由を並べたところで言い訳にしか聞こえません。

それよりも転職を繰り返す中で得たスキルや経験をしっかりアピールしましょう。 この時、あなたの強みと転職先の理念や事業内容がリンクしていないと意味がありません。

採用担当者はあなたが自分の強みを理解し、それをどう入社後活かし会社に貢献していけるか、明確なビジョンがあるかを見ています。

転職回数が多い女性の転職活動は慎重に

転職回数が多いことをいかにあなたの強みに変え、好印象をあたえるかということについてお伝えしてきましたが、理屈はわかっていてもなかなか難しいというのが正直なところですよね。

そんな時は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに登録しておけば、あなたに合った職場の求人情報の収集から応募から入社するまで、転職活動のすべてを全力でサポートしてくれます。

一人で悩みながら転職活動をするより、断然効率的ですし、より確実に内定を取りにいくには転職エージェントへの登録は必要不可欠です。

転職回数が多い女性にもおすすめの転職エージェント

では実際に転職回数が多い女性でも安心して頼れる転職エージェントを3社ご紹介いたします。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

希望の職種などが決まっていない方は幅広い求人情報を保有するリクルートエージェントに登録して情報収集から始めるのが良いでしょう。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

面接・応募書類対策といったサポートの手厚さが好評なエージェントです。

また、女性専用のアドバイザーが担当してくれるので安心です。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

パソナキャリア」も平日・土曜日は夜間まで面談可能で何かと融通が利くことと、手厚いサポートで有名です。

パソナキャリアを企業をあげて「女性活躍社会の推進」をうたっており、女性転職者のサポートに対する社内表彰制度などもあるため、女性転職者のサポートにはかなり力を入れています。

パソナキャリアはエージェントが親身になってくるとサポートの手厚さに定評のある転職エージェントです。

     パソナキャリア    

転職回数が多い女性は転職後が重要!

書類選考や面接に関しましては、ここまでお伝えしたポイントに気を付けながら転職エージェントを活用ししっかり準備していけば、内定率はぐっと上がります。

しかし、「転職したら終わり」ではありません。 入社してからはいかにあなたのスキルを発揮して会社にとって必要な人材になり長くおいてもらえるか、新しい職場の人間関係も円滑に進め居心地のよい職場にするかはあなた次第です。

また、転職を繰り返しがちな女性には思考や正確に共通点があります。これ以上転職回数を増やさないためにも、「転職を繰り返す女性必見|女性が転職を繰り返す原因とその対策」を参考に、これ以上転職を繰り返さない工夫をすることも大切です。

転職を繰り返す女性の中で「これ以上転職を繰り返したくない」という方のために、転職を繰り返す女性の傾向と対策を詳しくまとめました。このページを読んで、女性が今度こそ最後の転職に成功することを祈っています。

トラブルに対する耐性をつける

転職回数が多い人は、新しい職場で何かうまくいかないことがあると、転職という選択肢がすぐ頭に浮かんでしまいます。どこの職場でも大小少なからずトラブルはつきものです。あなたなりにまず目の前の課題をクリアしていく方法を探してみましょう。

職場内での処世術や問題への対応能力などそこから何か学べることはないのか観点を変えてみると意外と前向きに取り組めるものです。

社内の存在価値を高める

例えば待遇に不満があって転職を繰り返してしまう場合などは、すぐ転職するのではなくまずは今の職場で「なくてはならない存在」になる努力をしてみてください。

実績やスキルを積むことはもちろん、後輩や部下が相談しやすいような関係を築くことも大切です。難しいものでなくても「あなたがいないとまわらないシステム」「○○のことはあなたに聞くのが一番」ということがいくつかあるとよいですね。

まとめ

転職回数が多くても転職を成功させる方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

「合わなかったらまた転職すればいい」はもう終わりにしてください。今回を最後の転職にしないともう後がなくなります。

これからの人生を有意義に送っていけるかどうかは今回の転職にかかっています。

もうのんびりしている時間はありません。
今すぐ転職エージェントに登録し、万全の準備をして転職に臨みましょう。

 特徴詳細
リクルート
エージェント
業界No1の情報保有量詳細
doda転職者満足度No1の
サポート
詳細
パソナキャリア女性活躍を推進詳細