転職を繰り返す女性必見|転職を繰り返す女性の傾向とその対策

転職を繰り返す女性必見|転職を繰り返す女性の傾向とその対策

転職を繰り貸す女性

働く女性が増えると同時に、「女性の職の安定」は大きな課題になっています。

転職を繰り返す女性はなぜ転職を繰り返してしまうのでしょうか。

  • 入社してみたらやりたい仕事と違った
  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 自分のキャリアを活かせる仕事に転職したい

女性が転職を繰り返す理由はさまざまです。

しかし、日本の転職市場では女性が転職を繰り返すことはあまり好ましくないとされています。あまりに転職を繰り返しているとその後の転職にも不利になりかねません。

そうなる前に、今回は転職を繰り返す女性の特徴と、転職を繰り返す理由、転職を繰り返さないための対策を中心に、転職を繰り返す女性がこれ以上転職を繰り返さない対策を詳しく解説していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

女性が転職を繰り返す理由

転職を繰り返す女性がよく挙げる転職の理由に以下の4つがあります。

労働条件や給与に不満がある

転職を考えるときに、まず理由としてあがってくるものが、勤務時間が異様に長い、残業が多い、出勤日数が多いなどの労働条件の悪さです。

またそれと同様に一か月の給与が低い、残業手当がない、その他の手当てが低い、または無いなど給与面の不満も大きな転職理由の一つになります。

せっかく転職しても労働条件や給与面に不満がでてくると再び転職を考えるということになります。

人間関係がうまくいかない

会社内での人間関係がうまくいかず転職を考える人は多く存在します。また他にも、社内の雰囲気が合わず転職する人も多くいます。

やっと転職できたとしても、まわりに馴染めずにいずれ会社に行くことも億劫になってきた場合、再度転職を考えることになるでしょう。

思ったより激務

いざ入社したものの、あなたが思っていたり仕事が過多でなかなか帰宅できない、休日も仕事になってしまうなどの場合、転職を再び考える人もいます。

はじめはやりがいを感じていたとしても、プライベートが全く取れなくなったり、仕事上のプレッシャーが大きく、休みの日でも仕事のことを考えていたりすると精神的に参ってきてしまうこともあります。

仕事にやりがいを感じない

転職したときはこういった仕事がしたい、この部署で働きたいなどがあったが、入社後に別の部署に配属になったり希望の仕事でなかったりすることがあります。

また、入社したが、周りの社員たちが仕事にやる気が感じられない、上司からの圧力や社内の雰囲気から、やりたい仕事ができないなど場合に再び転職を考える人もいます。

転職を繰り返す女性の特徴

転職を繰り返す女性の多くに共通した「転職を繰り返しがちな人柄・性格」の特徴がみられます。

転職を繰り返しがちな女性の特徴には以下の5つがあげられます。

自分の市場価値や能力を把握できていない

転職を繰り返す方に多いのが自分自身の価値や能力が分からず、仕事に対し批判的になっていき転職してしまうパターンです。

今現在働いている仕事に嫌気がさしてくると、明確な目標や指針が無いまま転職してしまいがちです。そのまま転職グセがついてしまい転職を繰り返していると、あなたの能力や会社への貢献度も分からないまま自分の市場での価値も見失ってしまいます。

ます転職を考える場合は、あなたの性格や能力を冷静に分析し、仕事上の実績と自分の会社内での貢献度が把握しておく必要があります。時には信頼できる同僚や先輩の意見を求めるのも良いでしょう。

プライドが高い

プライドが高い人は転職を繰り返す傾向であることが多いです。

仕事をする上では、あなたが悪いわけでなくても謝罪したり、我慢せざるおえない場面も多く存在します。

しかし、プライドが高いがためにそれがなかなかできないかったり、仕事上お世話になってる会社の先輩や上司に感謝ができず、会社での居場所を確立できず転職を繰り返すことになりがちなのです。

人間関係を築くのが苦手

女性の転職理由でよく聞くのが人間関係の悩みです。

元々あまり人と関わることが好きではなかったり、職場内で一度でもトラブルを起こしてしまい人間不信になっていたり、または同じ職場や環境で人間関係を築くのが苦手という人は会社に居辛くなっていってしまたびに転職を繰り返すことになります。

周囲の評価を気にしすぎる

他人からどのように見られているか過剰に気にする人に多いのですが、会社の中で過大に評価を望んでいたり、自分の仕事が評価されないと気がすまないといった人です。

こういった人は周りから評価されないことに強いストレスを感じ、自分の能力を正当に評価してくれる職場を求めて転職を繰り返すことになりがちです。

打たれ弱く、マイナス思考

真面目な女性に多いですが、極端に打たれ弱くネガティブになりがちな人も転職を繰り返してしまう傾向にあります。

上司や同僚に小さなことでも指摘されたり注意されたりすると、自分に問題があると過度にマイナスに考えてしまいまい、会社での自分の存在意義が見出せずすぐに転職してしまうのです。

転職を繰り返す女性の行く末

このまま女性が転職を繰り返していくとどうなってしまうのか。

転職を繰り返す女性は転職を重ねる度に転職しづらくなりますし、勤続年数を重ねられないと退職金や年金の額に影響が出ることになります。

どんどん転職が難しくなる

何回も転職をしている人は、転職時に採用されにくい傾向にあります。

なぜかというと、度々転職を繰り返していると「またすぐ辞めてしまうのではないか」「性格に問題があるのではないか」などと考えられてしまい採用する企業側から信頼が低くなってしまうためです。

退職金や年金が不利になる

度重なる転職をしてきた場合勤続年数が短くなるので勤続年数に支給額をかけて退職金を計算される場合、勤続年数が低いと退職金が低くなる傾向にあります。

また厚生年金に加入している会社の場合、厚生年金は会社が半額負担してくれますし、加入期間が長いほうが将来多く貰えるようになっています。国民年金よりも厚生年金のほうがもらえる額が高いでので将来貰える金額に大きく差が出てきてしまうのです。

女性がこれ以上転職を繰り返さない為には?

女性がこれ以上転職を繰り返さないようにする為には、どのような対策を取ればよいのでしょうか?

女性が転職を繰り返さないようにするためには、まずは下記の3つを実践し、ついてしまった「転職グセ」を打破しなければなりません。

転職の目的を明確にする

転職しようかと考えだしたなら、一度冷静になってまずはどうして転職を考えたのか考えてみましょう。

「給与や待遇面のさらなる向上を図りたい」や、「やってみたい仕事または会社がある」など、明確に目的をつくることが大事です

転職以外の問題解決法を考える

転職したい理由が明確になったら、次にその理由が転職以外に解決できるのかどうか考えることです。

会社内での異動や、信頼できる同僚や上司へ相談することであなたの不満を解決できないか探ってみましょう。

それでも本当に転職しか手段がないと判断した場合に転職を具体的に考えても遅くないです。

事前の十分な情報収集と会社選び

しっかりと転職の目的と転職の意志を固めたら、具体的な転職先を決めていきましょう。

ここで重要なのは事前の情報収集です。入社してから「思っていた企業と違った」となってしまっては転職した意味がありません。

転職は繰り返すごとにハードルが上がっていくものなので、次の転職が最後と決めて事前にしっかりと情報収集をして転職に臨みましょう。

転職を繰り返す女性が次の転職に成功するには?

転職を繰り返す女性が次の転職で長く働けるあなたにあった職場に出会うには、転職エージェントの利用を強くおすすめします。

転職を繰り返す女性でも次の転職で適職に出会えるよう、キャリアカウンセリングから内定後の条件交渉まで手厚くサポートしてくれるので、転職エージェントを利用するかどうかでこれが最後の転職になるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

無料のキャリアカウンセリングであなたに合った求人紹介

転職エージェントに登録したらまず担当エージェントとのキャリアカウンセリングを行います。

ここであなたが気づかなかったスキルやあなたの市場価値をダイレクトにしることができます。

そして、担当エージェントはあなたの希望条件や経歴などをヒアリングした結果、膨大な数の求人情報の中からあなたに合った求人情報を厳選して紹介してくれます。

転職エージェントだけが知る企業の情報を入手できる

転職エージェントは担当する企業に関する公式HPや口コミなどにも載ってないリアルな情報にも精通しています。

ネットや求人情報誌だけのいい情報を信じて入社してみると、実際は全然違った!なんてリスクを回避することができます。

内定後の条件交渉も転職エージェントに丸投げOK

転職は内定をもらったら終わりではありません。

内定をもらったら後日内定者と会社との雇用条件など各種条件や待遇のすり合わせがあるのですが、ここで自分の意見を言えず納得のいかない条件となってしまい、すぐに辞めてしまう人も多いのです。

転職エージェントはこの条件交渉も代行してくれます。自分では言いにくい希望も転職エージェントが代わりに会社に伝えてくれるので、納得のいく転職が可能になるのです。

転職を繰り返す女性におすすめの転職エージェント

転職を繰り返す女性におすすめの転職エージェント3社をご紹介します。

リクルートエージェント|業界No.1の求人量と転職サポート実績

リクルートエージェントは案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。

  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる

業界トップの転職成功実績があるリクルートエージェントは企業からの信頼も厚く、多くの企業の内部事情にも精通していますので、リクルートエージェントからの紹介から入社をした場合、「聞いていた会社と違う」といったことはほとんどないようです。

   リクルートエージェント  

doda|転職者満足度No.1の手厚いサポート

パーソル(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有

さらに職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

      doda     

パソナキャリア|女性活躍社会を後押し

パソナキャリアは、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリア女性の転職に特化した『特化型転職エージェント』ではなく総合転職エージェントではありますが、実は女性の転職で外せない存在です。

パソナキャリア」は全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

女性の専任キャリアアドバイザーがついてくれるので、女性ならではのライフイベントなどに関する悩みなども安心して相談出来ます。

     パソナキャリア    

転職を繰り返した女性にも転職は可能なのか?

転職を度々繰り返している場合、もう次は採用されないのではないかと考える方は多くいます。

しかし、果たしてそうでしょうか?度々転職をしてきた人がいるということは、採用してきた会社も多数存在しているということです。企業側からしても、いろいろな会社での経験や知識があるというのは即戦力として働いてくれるだろうと考えることもあるのです

ですので決してあきらめてはいけません。

すでに転職回数を重ねている方の転職活動でのポイントや転職成功方法は「女性が転職回数が多くても内定を勝ち取る転職成功法」でも詳しく解説していますので、こちらも参考にされてください。

「転職回数が多い女性は転職に不利?」答えは「はい」ですが、転職回数が多い女性が必ずしも転職できないわけではありません。転職回数をプラスに変える方法とは?転職回数が多い女性の転職成功方法を解説していきましょう。

最後に

今回は転職を繰り返す女性の特徴と転職を繰り返す理由、またこれ以上転職を繰り返さない対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

転職を繰り返す女性は、転職を繰り返すことのリスクを考えるともう後がないことを自覚しましょう。これ以上転職を繰り返さないためには、その要因を知り、改善することから始める必要があります。

その上で、自分に合った転職先を選ぶ際には、転職のプロである転職エージェントの力を借りて、効率的かつ確実に転職活動を進めていくことをおすすめします。

このページを参考に、あなたが納得のいく転職に成功することを祈っています。