女性が選ぶべき転職エージェント厳選3選と選び方のコツ

女性が選ぶべき転職エージェント厳選3選と選び方のコツ

こんにちは、株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

女性の気持ちをわかってくれる転職エージェントで良いところはないの?と悩んでいませんか?

女性のキャリアは結婚や出産、育児、配偶者の転勤、離婚といった家庭事情など、女性にしか大変さがわからない人生の転勤が沢山あります。

女性の気持ちをしっかりと理解してくれて、あなたの希望にマッチする求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶことが重要です。

このページでは、女性だからこそ登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

最後まで読めば、女性が転職をする際に注意すべきこと、そしてあなたが選ぶべき転職エージェントが分かり、転職後後悔しない人生を歩むことができるでしょう。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

女性が転職エージェントを使うメリット

女性が転職活動を行う上で、転職エージェントを利用するメリットはリアルな情報を手に入れることができるからです。

女性のキャリアの作り方は難しく、企業が整えている出産・育児支援制度も十分に理解する必要があります。

しかし、例えば、転職サイトだけで企業の情報を確認した場合、web上では制度はあると記載されていても、実際に働いてみると制度が機能していないことも少なくはありません。

転職エージェントを利用すれば、企業が整えている制度が実際に機能しているか、利用している人はどのくらいいるのかなど、リアルな情報を入手してきてくれます。

女性が転職エージェントを使うデメリット

女性が転職エージェントを使うデメリットはただ1つです

それは、成績の悪い転職エージェントが担当になってしまうとキャリアを失敗して修正ができないことです。

女性のキャリアの作り方は、正直男性と比べるとシビアで、計画的に行わなければいけません。

そのため、優秀でない転職エージェントを担当につけてしまうと、転職で後悔をしてしまうケースが少なくないのです。

女性が転職エージェントを選ぶ2Point

この章では、女性の転職で失敗しない転職エージェントの選び方をご紹介します。

女性が転職エージェントを選ぶPointは以下の2点です。

1.求人数が多い転職エージェント会社
2.女性の活躍を推進しているか

<注意>

女性のキャリアを専門的に扱っているとPRしている転職エージェント会社も存在しますが、実際に女性の転職に強いかと言われるとYesとは言えません。

なぜなら、転職エージェントの本質は担当者の能力次第になってしまうからです。

あなたの気持ちを汲み取れず、内定が出やすい企業をただ紹介してくるエージェントも存在してしまうことを忘れてはいけません。。。

繰り返しお伝えしますが、女性が転職エージェントを選ぶPointは「求人数が多い転職エージェント会社」「女性の活躍を推進している」の2つです。

1. 求人数が多い転職エージェント会社

転職エージェントには、業界に関わらず大量の案件を持つ『総合転職エージェント』と、業界を絞った『特化型転職エージェント』の2つにわけられます。

例えば、アパレルへ(業界が特殊で店舗見学などに対応)の転職は『特化型転職エージェント』年収600万円を超えている場合はヘッドハンターベースのエージェントを利用した方がベターです。

>>アパレル特化型転職エージェント:クリーデンス
>>ヘッドハンターベース:ビズリーチ

しかし、それ以外であれば『総合転職エージェント』に登録しておけば問題はありません。

<総合転職エージェント一覧>
パソナキャリア
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
JAC Recruitment

上記の『総合転職エージェント』をオススメする理由は、求人数の量が圧倒的に多くあなたの転職の可能性を大きく広げてくれるからです。

転職は新卒での就活と異なる方法で、求人を集めていかなければいけません。就活の時は、サイトに登録してエントリーをしていくことが重要になっていきますが、転職ではサイトには載っていない求人(非公開求人)を転職エージェントが保有しているので、必ず求人数を揃えている総合転職エージェントで情報収拾を行うことが重要になってくるのです。

上記の『総合転職エージェント』5社の中で、女性が登録するべきエージェントを次項でご紹介していきます。

2. 女性の活躍を推進しているか

次にチェックしたいPointは「女性の活躍を推進しているか」です。

女性の転職というのは、女性の気持ちを理解しようとする会社全体での文化も重要になってきます。

例えば、私が実際に転職を行なった際に調べたことですが、上記の総合転職エージェントの中でも女性の活躍を推進している動きがあった転職エージェントの会社は以下の3社です。

 登録
必須度
特徴
パソナ
キャリア
女性の転職に必須 女性特有の事情について社内で徹底教育されている
リクルート
エージェント
比較するために
必須
業界最大手の求人数と
大手企業への転職実績多数
doda比較するために
必須
顧客満足度No.1丁寧な対応
ノウハウが好評

転職エージェントを見極める方法

大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

車や物件など人生において大きな買い物をするときには、複数の業者に見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入・交渉を進めることが多いですよね。

転職も同様に今後の人生の大きな転機なので、複数の転職エージェントに求人を準備してもらい、一番条件が良い求人・相性の良いエージェント経由で転職を進めていくことがセオリーなんです。

一般的にも会社には、優秀な営業マンもいれば、成績が悪い方もいますよね。転職エージェントも同様に営業能力が低く、成績が悪い転職エージェントがいるので注意して下さいね。

(各社登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

パソナキャリア | 女性の転職には必須

総合転職エージェントの中で『女性活躍』を推進する代表企業

パソナキャリアは、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは『特化型転職エージェント』ではなく総合転職エージェントなので女性の転職特化しているとPRはしていませんが、実は女性の転職で外せない存在です。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

(引用:パソナ公式HP)

希望をすれば、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性の事情について理解をしてくれ安心して相談することができるため、女性に必須の転職エージェントです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1と同時に、社内でも女性が働きやすい環境づくりを進めているようですので、リクルートエージェントでも女性特有の事情に深い理解があるようです。

求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントを活用することが最も賢明な判断です。

また、私が転職を経験した際に担当していただいた女性の転職エージェントさんは、企業の制度について詳しく調べてくれました。

   リクルートエージェント  

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

doda画像

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

私が担当していただいた女性の転職エージェントさんは、業界の知識とそれぞれの会社の社内の雰囲気など質問すると必ず調べて教えてくれました。

さらに、doda」は職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。
>>doda-職務経歴書専門<<

      doda     

追記:条件の良い求人を見逃さない方法

繰り返しお伝えしますが、女性の転職において大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

複数の求人と転職エージェントを比較することで、条件の良い求人と優秀な転職エージェントと出会う確率が圧倒的に高くなるのです。

さらに、求人について注意点を記載しました。下記をご確認ください。

※注意事項 転職求人は不動産と同じ?

求人の有無については、各転職エージェントごとに、職種や時期、募集人数により応募締め切りも変わっていきます。

不動産と同じで、募集がかかったと思ったらすぐに募集が埋まってしまうものなので、本気で転職を考えている方は、今すぐにでも転職エージェントを登録し、求人情報を逃さないようにすることが重要です。

このように、転職したいと思っていても、募集がかかった求人は、不動産の物件と同様にすぐに埋まってしまいます

その為、転職を少しでもしたいと考えているのであれば、まずは求人を確保する必要があるのです。(転職自体は求人をチェックして、条件が合えばさらに検討していけばいいのです。)

大手の転職エージェントで一番求人の連絡が早いのはパソナキャリアです。

まずは電話での転職相談から可能なので、面談の時間が取れない忙しい方でも相談しやすいです。

転職に悩んでいるのであれば、とりあえずパソナキャリアに登録しておけば安心です。

余談ですが、転職は戦略的に考えると優位に立てるので、もし私が今転職をするのであれば、事前に求人だけ先に集めます。

この条件なら転職を考えてもいいかと思える求人があれば応募を出して、最終的に年収交渉を転職エージェントにお願いし、現職よりも良い条件を手に入れて転職をします

キャリアを作るのが上手な人は「大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較すること」「転職求人は不動産と同じ」「転職は戦略的に考えると優位に立てる」などの転職のコツを知り尽くしているのですね。

この記事を最後まで読んでいただいたあなたは、すでに転職では非常に優位なポジションを取っています。

下記に、女性の転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント3選を載せています。

求人がなくならないうちに、転職における相見積もりを取って戦略的に内定を取って行ってくださいね。

>>転職についてパソナキャリアに相談してみる

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

 登録必須度特徴
パソナキャリア女性の転職に
必須
詳細
リクルート
エージェント
比較するために
必須
詳細
doda比較するために
必須
詳細

女性が選ぶべき転職エージェントまとめ

女性が選ぶべき転職エージェントをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

転職というものは、職場によっては激務・人間関係が悪い為に失敗する人は少なくはありません。

そこで、年収や待遇の条件の良いポジションを手に入れる為に、求人の比較だけは必ず行ってください。ただ比較するだけでも、条件の違いや待遇の違いは必ず見えてくるはずです。

あなたの今後のキャリアが良いものになるようしっかりと準備することをおすすめします。

女性の転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント3選
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

 登録必須度特徴
パソナキャリア女性の転職に
必須
詳細
リクルート
エージェント
比較するために
必須
詳細
doda比較するために
必須
詳細

<追記>

とりあえず、転職するか迷っている段階であれば、女性の転職に必須の「パソナキャリアに登録をしておけば、まずは安心です。

The following two tabs change content below.

編集部

人事に好かれる転職術の編集部。求職者の転職相談に乗りながら、転職の情報を発信します。