【完全版】アマゾンジャパンに転職する為には求人確保と企業理解

【完全版】アマゾンジャパンへの転職する為には求人確保と企業理解

アマゾンジャパンの転職

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

この記事ではプロの転職エージェントの視点から、アマゾンジャパン合同会社(以下、アマゾンジャパン)への転職の成功方法を紹介します。

私たち株式会社Youth Planetが考える、アマゾンジャパンの転職で本質的なことは、「求人確保・理解」と「企業理解」の2点を確実に行うことです。

アマゾンジャパンへの転職を成功させたいなと考えても、アマゾンジャパンへの転職自体が難しいですし、アマゾンジャパンへの転職をどのように準備していいのか分からないという方も少なくないと思います。

アマゾンジャパンへの転職といっても、アマゾンジャパンの転職求人は幅広く、簡単に非公開求人を調べるだけでも、カスタマーサポート工程管理スタッフ社内SE(ITサポートエンジニア)ITインフラ・システム等のエンジニア職ITヘルプデスクFC内の工程管理職安全管理プロセス改善業務輸送管理マネージャー施設管理マネージャー人事アシスタント物流メンテナンスなどがあります。

求人に関していえば、幅広いアマゾンジャパンの求人に対してPRすべきPointの違いを理解しておく必要がありますし、大前提としてアマゾンジャパンの非公開求人をいち早く確保しておく必要があります。

また、企業理解においては、アマゾンジャパンの事業内容や求める人物像を事前に把握しておく必要があります。

もちろん、あなた自身で転職活動を行うこともアリですが、アマゾンジャパンへの転職を成功させている方の多くは転職エージェントのサポートを受けライバル達より優位な条件(年収・ポジション)でアマゾンジャパンへ転職している人が多いです。

この記事では、私たちが蓄積してきた転職のコツやノウハウをアマゾンジャパンの転職に落とし込んでいるので「【完全版】アマゾンジャパンへの転職する為には求人確保と企業理解」を実践していくだけで、あなたもアマゾンジャパンの転職成功を目指せます。

では、プロの転職エージェントが考えるノウハウについて、これから詳しく紹介していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アマゾンジャパン合同会社とは

まずは知識として、「アマゾンジャパン合同会社とは」を知っておきましょう。

アマゾンジャパン合同会社とは、もともとアマゾンジャパンとアマゾンジャパン・ロジスティクスの2社体制でしたが、2016年に株式会社から合同会社に組織変更し、社名をアマゾンジャパン合同会社と変更したもの。

アマゾンジャパンに転職するには?

アマゾンジャパンに転職を検討される場合、アマゾンジャパンへの転職は難しいということを、認識していただく必要があります。

その理由は、面接の回数も3~4回程度あり、書類選考や面接対策でPRすべきことも十分な対策が必要となってくるからです。

またアマゾンジャパンの求人は幅広く、確保する媒体を間違えると、転職後に同じ職種やポジションなのに同僚の方が年収が良かったりと後悔することに繋がります。

例えば、アマゾンジャパンへ転職する際に企業採用HP(コーポレートサイト)などから申し込むことも可能ですが、求人の質アマゾンジャパンの転職難易度を考えると転職の専門家の転職エージェントに相談をすることをオススメします。

アマゾンジャパンの転職対策

アマゾンジャパンの転職の対策は「求人確保」と「企業理解」の2点です。

求人確保
企業理解

特にAmazonへの転職は、コーポレートサイトから応募することができますが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。

Amazonへの転職では、条件の良い求人は転職エージェントに非公開求人として依頼することが多いです。

その為、仮にAmazonへの転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートしてくれるので、受けた方が良いと考えられます。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

アマゾンジャパンの採用情報

アマゾンの採用情報

アマゾンジャパンの採用情報

アマゾンジャパンでは、事務職・技術職、その他デザイン系専門職等多くの職種で中途採用を行っています。最近ではリモートワークの職もありチャンスは多くあります。

求人はアマゾンジャパンのコーポレートサイトから確認することができますが、転職後のミスマッチを防ぐ為、転職エージェント経由で応募することをオススメします。

平均年収

転職時の平均年収:550~900万円

社員の平均年収:638万円

※ 株式非公開の為、クチコミ等の参考

アマゾンジャパンの年収は、業界内でも高い水準です。完全年俸制で、全社員に「レベル」がつけられているようで、正社員だとレベル3~6。レベル7以上は役員級。

レベル4以上になると基本給+自社株が付与されます。また、3年目までは現金のボーナスのようなものが支給されます。

労働環境

平均残業時間 月:30~40時間

アマゾンジャパンの平均残業時間は30~40時間程度とされています。

業務量は少なくはありませんが、フレックス制を導入している部署もあるので、働き方をコントロールしやすい環境は整っています。

しかし、シーズンにや部署によって残業時間は変化してきますので、事前に担当の転職エージェント等を通じて確認しておくことをオススメします。

アマゾンジャパンの求人確保の方法

アマゾンジャパンの転職を成功させたいのであれば、アマゾンジャパンの転職求人の違いを理解することが必要です。

アマゾンジャパンの転職に限った話ではないですが、転職求人を手に入れる方法は「ハローワーク」「転職サイト」「自社採用ページ」「転職エージェント」の4つの方法があります。

では、上記4つのどれが良いのかと言うと、アマゾンジャパンの転職において求人を確保していく場合は転職エージェント一択です。

なぜなら、求人確保の視点からだと、転職エージェント経由だとアマゾンジャパンの非公開求人を確保できる為です。

–アマゾンジャパンの転職求人は非公開求人が良い理由

アマゾンジャパンが転職求人を出す際には、以下の2種類の求人を使い募集をかけていきます。

  • 公開求人・・・転職サイトや自社ホームページ掲載の求人情報
    (求人全体の10~20%程。)
  • 非公開求人・・・転職エージェントのみが保有する求人情報
    (求人全体の80~90%程。より良い条件の求人情報が多い)

アマゾンジャパンの転職においては非公開求人を確保することで、求人の幅転職後の年収ポジションが変わってきます。

下記はアマゾンジャパンの転職の事例ではないのですが、先日お話しした転職者との対談の中で話題となった「公開求人と非公開求人の年収の違い」です。

28歳 女性 PR業界

私はサービス業からPR業界への異業種転職を行いました。転職サイトと転職エージェントを利用して、求人を幅広くチェックしていましたが、私が志望している会社の求人が転職サイトでも転職エージェントでも応募がかかっていました。職種は同じコンサルタントの求人ですが、転職エージェント経由で応募した方が年収レンジが50~100万ほど違っていてビックリしました!内定を頂いて、初めは公開求人より50万しか高くない年収でしたが、転職エージェントに交渉をお願いして公開求人より100万も高い年収で採用が確定しました。後日、同時期に入社した社員と話していたら私だけ年収が100万ほど高くて、転職エージェントの非公開求人を活用して本当に良かったと思いました。

このように、非公開求人を活用するとそもそもの年収が高い状態で転職ができ、さらに転職エージェントが年収交渉まで行ってくれる為、転職エージェントを活用しない人と比べると50~100万もの好条件で転職ができたのです。

アマゾンジャパンの転職では、迷わず転職エージェントを利用して『非公開求人』を確保しておきましょう。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

具体的に、アマゾンジャパンの転職求人について、公開求人と非公開求人の違いを確認していきましょう。

アマゾンジャパンの非公開求人の例

大手転職エージェントである『doda』を使って非公開求人を調べると、以下の求人が出てきます。

※ 非公開求人は時期によって求人が入れ替わるので早めの確保が必要です。

カスタマーサポート工程管理スタッフ社内SE(ITサポートエンジニア)ITインフラ・システム等のエンジニア職ITヘルプデスクFC内の工程管理職安全管理プロセス改善業務輸送管理マネージャー施設管理マネージャー人事アシスタント物流メンテナンス

具体的には、以下の様な求人形式で確認ができます。

アマゾン求人例1

アマゾン求人例2

アマゾンジャパンの転職において、非公開求人を利用するメリットは、転職後の年収が前職を参考にされること、成果をあげると1年単位で大幅な昇給が可能なポジションに入ることができる為、高年収も十分に期待できることです。

職種によりますが、マネージャー職では900万円台も可能な高年収求人が存在します。

また、物流倉庫勤務の求人では、年収が600~800万円と地域勤務としては高年収ですし、勤務条件等が希望と合致する方にはオススメです。

アマゾンジャパンの公開求人の例

公開求人は、転職サイトや会社の採用ページに載っている『誰もが見ることができる求人、応募できる求人』のことを差します。

企業が人員を採用するときに公開求人を使う場合は、大量の人員を募集したいときに公開求人経由で人員を募集することが多いです。だから、ポジションも高くなく、年収も高くない求人が多いのです。

例えば、下のアマゾンジャパンの求人は転職サイトで募集がかかっている公開求人ですが、転職後のポジションは工程管理のアシスタントスタートで、自分で交渉できなければ足元を見られて350万スタートが現実的なところです。

アマゾンの公開求人の例

このように、アマゾンジャパンの転職求人も公開求人だとポジションも低いところからスタートですし、年収もあなたが頑張って交渉しなければ低い年収でスタートしてしまうのが現実です。

転職なんて人生において何度もする訳ではないので、せっかくアマゾンジャパンへの転職を検討しているのであれば、年収条件や待遇条件も良い非公開求人を確保しチャレンジしてみることが、納得した転職を成功させるポイントなのです。

アマゾンジャパンの非公開求人を確保する方法

「アマゾンジャパンの転職では公開求人ではなく非公開求人を確保することが重要」とをお伝えしてきましたが、アマゾンジャパンの非公開求人を確保する具体的な方法も合わせて紹介します。

アマゾンジャパンの非公開求人を確保する方法は、転職エージェントから非公開求人を紹介してもらうことです。

※企業は機密保持契約を結んだ転職エージェントに非公開求人を渡して、人員を集めてきてもらうので、必然的に転職エージェントに非公開求人を紹介してもらうことが必要となるのです。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

アマゾンジャパンの企業理解

アマゾンジャパンの転職を成功させる為には、アマゾンジャパンの書類選考や面接で通過して内定を勝ち取る必要があります。

その為に、アマゾンジャパンの企業理解を深め、アマゾンジャパンが向かう方向性や求めている人物像を把握しておきましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の見るべきポイント
企業理解編)
事業
内容
自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
人物像企業HPや求人票の「求める人物像」をチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
事業理念・計画アマゾンジャパン(Amazon)がどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

アマゾンジャパンの事業内容

1988年に東京都で設立されたアマゾンジャパン合同会社は、アメリカに本社を置くAmazon.comの日本法人です。

2000年11月1日にAmazon.comの日本語版サイト「Amazon.co.jp」としてオープンして以来、事実上1社が独占的に提供する電子商取引としては、日本最大を誇るECサイトである。

(引用:https://ja.wikipedia.org/)

日本貿易振興機構(JETRO)が7月31日に公表した「ジェトロ世界貿易投資報告」2017年版では、日本のEC市場に置ける企業別のシェアはアマゾンジャパンが20.2%でトップでした。(2位:楽天20.1%、3位:Yahoo!ショッピング8.9%)

 2016年度売上高売上増減(前年比)売上増減率(前年比)
イオン8兆2,101億円+334億円+0.4%
セブン&アイ5兆8,356億円△2,100億円△3.5%
ファーストリテーリング1兆7,864億円+1,047億円+6.2%
ヤマダ電機1兆5,630億円△496億円△3.1%
三越伊勢丹1兆2,534億円△338億円△2.6%
アマゾンジャパン1兆1747億円+1,831億円+18.5%

アマゾンジャパンの事業理念・計画

アマゾンの事業内容(参照:https://www.amazon.co.jp)

アマゾンジャパンでは『毎日が常に「Day one」である』という考えがあり、今よりも新しく、満足の高いサービスの拡大を進めています。

これまでのAmazonが提供するeコマースだけでなく、スマホ決済サービスのAmazon Pay(アマゾンジャパンペイ)の導入、マーチャント@amazon.co.jpでの取り扱い商品拡大、レジなし店舗のAmazon GoAWS(Amazon web service)に代表されるクラウドサービスなど新たな事業領域への進出をすすめています。

アマゾンジャパンの求める人物像

アマゾンジャパンでは「全員がリーダー」という考えがあり、Amazonの14項目からなる共通の信条があります。

–Our Leadership Principles

Amazonには世界で共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条があります。 それは、チームを持つマネージャー 
であるかどうかにかかわらず、Amazonでは、全員がリーダーであるという考え方のもとで、社員一人ひとりが、すべての日々の活動に 
おいて、常にこの「Our Leadership Principles」に従って行動するよう心がけています。

(参照:https://www.amazon.co.jp)

アマゾンジャパンの転職において、上記の Our Leadership Principles は面接の中でチェックされていくようで、特に「Customer Obsession」の項目は意識して対策を練っていく必要があるようです。

※ 具体的な数値を踏まえて経験・成果を説明できるように準備を進めていきましょう。また、アマゾンの転職対策方法に自身がなければ、転職エージェントの面接対策のサポートも合わせて受けることをオススメします。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

アマゾンジャパンへの転職に必要なPRポイント

アマゾンジャパンへの転職に必要なPRポイントを考えてみましょう。

もちろん、あなたが応募するアマゾンジャパンの職種によって対策は少しずつ異なってきますが、基本的なアマゾンジャパンへの転職に必要なPRポイントをプロの視点で紹介します。

アマゾンジャパンの中途採用募集フローの解説

アマゾンジャパンの職務経歴書や面接のPR方法に悩んでいる方は、企業の求人募集までのフローを理解しておきましょう。

1. 役員がIRや中期経営計画で会社全体の方向性を示す
2. 中期経営計画等に基づき、各現場が戦略を考える
3. 各現場の戦略に基づいて、人事部が求人募集を出す

企業は上記の3つのstepで、中途採用を行なっていきます。

アマゾンジャパンに関しては合同会社ですのでIR情報や中期計画よりも、『 毎日が常に「Day one」である 』『Our Leadership Principles 』などで採用したい人物像が明確になっていますし、各求人票に具体的に必要なスキルや経験が記載されているので、逆算して、各現場の戦略を把握することができます。

特に、アマゾンジャパンの非公開求人を保有している転職エージェントであれば、アマゾンジャパンがどのような人員を確保したいと計画しているかの情報を持っているので、積極的に転職エージェントに確認することをオススメします。

アマゾンジャパンのクチコミで対策が可能

アマゾンジャパンのPR方法は、クチコミ(転職会議など)で読み解くことも可能です。

具体的には以下の3点は対策しておきましょう。

リーダーシップに対する考え方
生産性に対する考え方
フェルミ推定問題

アマゾンジャパンは『 Our Leadership Principles 』の考えに基づき、リーダーシップに対する考え方を質問されることが多いようです。

また、アマゾンジャパンは『 毎日が常に「Day one」である 』という考え方を元に、常に改善を行うという文化もあり、生産性に対する考え方も問われるようです。

※ 業務改善体験に対する考え方をまとめておきましょう。
1. 前職での失敗体験
2. 問題に対する対応
3. その問題に対する対策・対応

また、フェルミ推定問題は、アマゾンジャパンの転職面接で問われることが多いようで対策が必要です。

フェルミ推定とは、実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することを指す。

フェルミ推定で特に知られているものは、「アメリカのシカゴには何人(なんにん)のピアノの調律師がいるか?」を推定するものである。これはフェルミ自身がシカゴ大学の学生に対して出題したとされている。
この問題に対して、例えば次のように概算することができる。
まず以下のデータを仮定する。

シカゴの人口は300万人とする
シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする
10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする
ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする
調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする
週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする
そして、これらの仮定を元に次のように推論する。

シカゴの世帯数は、(300万/3)=100万世帯程度
シカゴでのピアノの総数は、(100万/10)=10万台程度
ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる
それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に250×3=750台程度を調律する
よって調律師の人数は10万/750=130人程度と推定される

アマゾンジャパンには転職エージェント一択の理由3選

アマゾンジャパンの転職には、以下の3つの理由から転職エージェント受けるべきだと考えられます。

・ 非公開求人確保
・ 特化した対策が可能
・ 日程調整・年収交渉も依頼が可能

アマゾンジャパンの転職には非公開求人確保

大手の転職エージェントはアマゾンジャパンと機密保持契約を結んで、転職サイトやコーポレートサイトに一般公開されていない『アマゾンの非公開求人』を大量に保有しています。

アマゾンジャパンのコーポレートサイトや転職サイトをチェツクして「特に転職したい条件・求人がないな」と思ったとしても、転職エージェントが保有していることも多いのです。

※ 非公開求人は募集がかかると、転職者が集中してしまうので、転職エージェントにはすぐに登録して求人情報をいち早くキャッチすることが重要です。

アマゾンジャパンの転職には特化した対策

大手転職エージェントは、アマゾンジャパン転職のノウハウを蓄積しているので、アマゾンジャパン転職に特化した対策が可能です。

アマゾンジャパンの非公開求人を保有している大手転職エージェントでは、多くの転職希望者への転職サポートを行ってきている為、内部の採用プロセスを熟知しノウハウを蓄積しています。(採用担当者の特徴や好み、過去に受かった人の傾向、特化した想定質問等)

アマゾンジャパン転職について蓄積してきたデータを駆使して、模擬面接・職務経歴書をあなたと一緒に考えてくれる為、転職エージェントを活用していないライバルよりも圧倒的に優位に立てるのです。

アマゾンジャパンの転職には日程調整・年収交渉を依頼

アマゾンジャパンの転職に限った話ではありませんが、転職では面接日程調整・年収交渉など企業と調整や交渉を自発的に行う必要があります。

特に多い多くの転職者が口を揃えて言うのは「どのタイミングで交渉すればいいかわからなかった…」と言うことです。

転職サイトやコーポレートサイト経由で応募すると、そもそも年収交渉をする場面が設けられていないので、足元を見られた年収提示される場合があるのです。

転職エージェント経由であれば、企業とあなたの間に入ってくれ、転職エージェントがゴリゴト年収交渉までしてくれるのです。


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
転職者満足度No.1
丁寧な対応
ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に
必須
サポートが丁寧
非公開求人にも期待が寄せられる。
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の
求人情報が豊富
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
スペシャリスト採用では実績No1
経験を生かせる。

要は転職エージェントには3~5社一気に登録 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけでいいんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが、勝手に転職エージェントが求人を探して、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉までやってくれるんです。

アマゾンジャパンの転職で注意したい!転職エージェントの選び方

アマゾンジャパンの転職で注意したい転職エージェントの選び方は、大手転職エージェントを最低2~3社登録して必ず比較することです。

転職の専門家と言われる転職エージェントですが、大手の転職エージェントの能力はピンキリで、成績の悪い転職エージェントが担当になる場合もあります。必ず2~3社比較をして能力をチェックしましょう。

また、大手転職エージェントですら、時期によってはアマゾンジャパンの求人を保有していない時期もある可能性があります。そこで、複数登録することで求人を保有しているところから応募できるのです。

アマゾンジャパンほどの大手ですと大手の転職エージェントが求人を保有している場合が多い為、以下の転職エージェントを最低2~3社登録してみて、このエージェントなら求人を確保でき、信頼できると思えるエージェントを見つけることが選び方のコツとなります。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

アマゾンジャパンの転職には英語対策は必要?

アマゾンジャパンの転職は、求人によっては英語が必要となります。

外資系企業のアマゾンジャパンですので、海外の方々も多く在籍しています。働く職種によっては社内コミュニケーションを取るために英語が必要となります。

そして職種によりますが、TOEIC700~800レベルの英語力があれば良いと言われています。

一方で英語は必要ない求人もあります。

担当の転職エージェントに、あなたが希望する求人で必要となる英語力を確認してみましょう。

最後に・・・

アマゾンジャパンの転職について、ノウハウをご紹介してきましたが、転職エージェントのサポートを受けながら求人確保と企業理解を準備しておきましょう。

また、アマゾンジャパンへの転職が成功した後も、職場によっては激務で人間関係がタフなあるという問題点もあります。

ミスマッチが起こらないよう、必ず転職の専門家である転職エージェントに相談をして、転職を進めていきましょう。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

あなたが、アマゾンジャパンへ満足のいく転職をおこなえるよう陰ながら応援しております。