アマゾンジャパンの中途採用(転職)徹底解説!評判・難易度・求人情報

アマゾンジャパンの中途採用(転職)徹底解説!評判・難易度・求人情報

こんにちは、株式会社Youth Planet代表、 転職エージェント堀田です。

私自身、転職エージェントとしては転職が活発な海外でハイクラスな転職を担当し、さらに国内ではメガバンクや大手IT企業の面接官の経験を通じて毎年何百人もの面接を行ってきました。

そんな私が考える、転職で本質的なことは、企業理解”と”戦略的な求人確保”の2点を確実に行うことです。

あなたのアマゾンジャパン(Amazon)への転職成功率を劇的に上げられるよう

記事の前半では「アマゾンジャパンの転職で見るべきポイント | 企業理解編」。

記事の後半では「アマゾンジャパンのキャリア(中途)採用 | 戦略的な求人確保編」をまとめました。

アマゾンジャパンへの転職(中途採用)を考えている方へ

アマゾンジャパンが着々と攻めの姿勢を出して来ています。今後、求人の急増が予想されますし、転職におけるライバルたちも動き始めて来ます。

この記事を読んでいるあなたは、すぐにでも求人の確保に動き始めることを強くオススメします。

[注目1]東京勤務1000人新規採用
インターネット通販大手アマゾンジャパンは22日、来年までに東京勤務の正社員1000人を新規採用すると発表した。小売りや人工知能(AI)スピーカーの分野などでの事業拡大に合わせ、人員を増やす。今夏後半には東京都内に新オフィスも開設する。
(引用:日経新聞 2018年5月22日)


<2020年1月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
1月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アマゾンジャパン(Amazon)の評判をすぐに理解

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
スキルアップに繋がる?
仕事のやりがいはある?
職場の雰囲気はいい?
中途採用で入社しやすい?

アマゾンジャパンの評判は、同業他社と比べると年収の評判は良いですが、残業や福利厚生に対してはよくない評判もありました。

残業は部署の評判は勤務地によって異なってくる為、担当の転職エージェントに相談をして具体的な情報を集めていきましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の転職は企業理解が大切

アマゾンジャパン(Amazon)の転職の通過率を上げる方法は、企業理解”と”戦略的な求人確保”の2点を確実に行うことです。

記事の前半では、企業理解(事業内容・求める人物像・会社理念とトップメッセージ)をまとめています。

アマゾンジャパン(Amazon)の見るべきポイント
企業理解編)
事業
内容
自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
人物像企業HPから「求める人物像」をチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
会社理念・社長メッセージアマゾンジャパン(Amazon)がどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

>>アマゾンジャパンの求人確保を先にしたい方

アマゾンジャパン(Amazon)ってどんな会社?

Amazon.co.jp(アマゾン シーオージェイピー)は、Amazon.comアマゾン・ドット・コムの日本法人アマゾンジャパン合同会社が運営する日本のECサイトである。

引用:wikipedia

アマゾンジャパン(Amazon)の事業内容

米国のAmazon.com ( アマゾン・ドット・コム )は、2015年10月23日時点での時価総額は約33兆8000億円に達し、中国のアリババグループ、米国のウォルマート・ストアーズを突き放し、世界の小売業界(リアル+ネット)の中でダントツのトップに立っています。

そして、アマゾンジャパン(Amazon)は1998年から始動し、日本マーケットに確実に浸透してきています。

 2016年度売上高売上増減(前年比)売上増減率(前年比)
イオン8兆2,101億円+334億円+0.4%
セブン&アイ5兆8,356億円△2,100億円△3.5%
ファーストリテーリング1兆7,864億円+1,047億円+6.2%
ヤマダ電機1兆5,630億円△496億円△3.1%
三越伊勢丹1兆2,534億円△338億円△2.6%
アマゾンジャパン1兆1747億円+1,831億円+18.5%

さらに、日本貿易振興機構(JETRO)が7月31日に公表した「ジェトロ世界貿易投資報告」2017年版によると、日本のEC市場に置ける企業別のシェアはアマゾンジャパン(Amazon)が20.2%でトップでした。(2位:楽天20.1%、3位:Yahoo!ショッピング8.9%)

求める人物像:プリンシプルへの共感を大切に!

Amazonには世界で共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条があります。 それは、チームを持つマネージャー
であるかどうかにかかわらず、Amazonでは、全員がリーダーであるという考え方のもとで、社員一人ひとりが、すべての日々の活動に
おいて、常にこの「Our Leadership Principles」に従って行動するよう心がけています。

引用:アマゾンジャパン(Amazon)公式HP

アマゾンの公式HPにもありましたが、面接は14のリーダーシッププリンシプルに基づいています。特にプリンシプルの1番目は重要視されるようです。

  • Customer Obsession
    リーダーはカスタマーを起点に考え行動します。カスタマーから信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。リーダーは競合に 注意を払いますが、何よりもカスタマーを中心に考えることにこだわります。

具体的な数値を踏まえて経験・成果を説明できるように準備を進めましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の会社概要

“現状に満足することなく、常に今よりも上を目指す”

アマゾンジャパン(Amazon)のビジネスモデル

引用:アマゾンジャパン(Amazon)公式HP

世界最大の河川アマゾンから名づけられたAmazon.comはその名の通り、あらゆるものが流通する場へと挑戦を続けている為、”挑戦”という視点を持っている方を好みます。

気になるアマゾンジャパン(Amazon)の年収情報

アマゾンジャパン(Amazon)の年収は、株式非公開のため口コミ等による参考値になりますが、業界内でも高めの年収といえるでしょう。

平均年収:857万円
Mba取得者 :1000万円以上
マネージャー:800万円~960万円

【職種】
営業:400万円~1070万円
バイヤー:800万円~900万円
工程管理:400万円~500万円

アマゾンジャパン(Amazon)のような外資系の企業の転職はポジション次第で、年収が大きく変わってきます。担当の転職エージェントに求人の相談を十分に行いましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)採用の難易度・倍率の考察

アマゾンジャパン(Amazon)は、勢いのある外資系の人気企業ですので、難易度・倍率は非常に高いと考えられます。また、転職エージェントの私の肌感覚から考えてもアマゾンジャパン(Amazon)採用の難易度・倍率は非常に高いでしょう。

そこで、次項以降で、難易度・倍率の高いアマゾンジャパン(Amazon)の「書類選考」「面接対策」「筆記試験対策」を、私の経験を踏まえてまとめていきます。

アマゾンジャパン(Amazon)の書類選考(履歴書・職務経歴書)

まずは、難易度・倍率の高いアマゾンジャパン(Amazon)の書類選考の対策です。

多くの転職者はアマゾンジャパン(Amazon)の応募書類(履歴書・職務経歴書)で足切りされます。また、面接の質問も応募書類(履歴書・職務経歴書)を元に質問をされます。

アマゾンジャパン(Amazon)の企業理解編で確認してきた、「アマゾンジャパンの転職で見るべきポイント | 企業理解編」を押さえて職務経歴書を作成していきましょう。

職務経歴書の書き方に不安や悩みがある方は、職務経歴書の書き方を教えてくれるdoda を活用しましょう。

アマゾンジャパン(Amazon)の一次面接・二次面接・最終面接対策

アマゾンジャパン(Amazon)は外資系の会社なので、強力なリーダーシップや生産性に対する考え・行動ができるかをチェックされる質問が多いようです。

また、物流を担っているアマゾンジャパン(Amazon)ですので5Sに対してのこれまでの経験を質問されることもあるようです。

アマゾンジャパン(Amazon)に特化した面接対策

アマゾンジャパン(Amazon)のような難易度・倍率が高い企業の面接対策は、ズバリ!転職エージェントを活用してアマゾンジャパン(Amazon)に特化した対策を行うことです。

<Point 1>
転職エージェントは、アマゾンジャパン(Amazon)のような大手企業であればあるほど、多くの転職希望者をサポートしているため、アマゾンジャパン(Amazon)への転職の成功・失敗それぞれのデータを蓄積&ノウハウ化しています。

<Point 2>
また、優秀な転職エージェントは、アマゾンジャパン(Amazon)の採用担当者と深いコネクションがあり担当者の特徴を把握していたり、独自の経路で転職者をプッシュしてアマゾンジャパン(Amazon)へ内定させることもできるのです。

まとめると、アマゾンジャパン(Amazon)は転職エージェントのPoint1&2を活用して特化した対策を行えばいいのか!と思うかもしれませんが、もちろん転職エージェントにも良し悪しがありますしアマゾンジャパン(Amazon)に得意、不得意などもあります。

アマゾンジャパン(Amazon)のキャリア(中途)採用 | 戦略的な求人確保編

ここではアマゾンジャパン(Amazon)の正社員の非公開求人を戦略的に確保して、転職を成功させる方法をご紹介していきます。求人で転職は決まる

アマゾンジャパン(Amazon)の募集職種(公開求人)

アマゾンジャパン(Amazon)のコンシューマー/コーポレート部門では、中途採用においても事業開発から秘書、事務職まで幅広い職種において求人が発生しています。

アマゾンジャパン(Amazon)公開求人(誰でも確認できる求人)からだと、部門別職種別から検索して職種を絞って募集要項を確認できますので、ぜひ参考にしてください。

しかし、アマゾンジャパン(Amazon)のような外資系トップ企業では、事業戦略及び採用計画を公開できない為、条件の良いポジションは非公開求人である場合がほどんどです。

アマゾンジャパン(Amazon)の戦略的求人確保のコツ

アマゾンジャパン(Amazon)への転職を決める為のコツは、転職エージェントを活用するという1点に尽きます。

転職エージェントを使うべき3つの理由は下記の通りです。

  1. 個別に非公開求人をもらえる可能性がある
  2. 応募企業に特化した対策が可能
  3. 年収を上げるなど待遇の交渉も依頼が可能

1. 個別に非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは企業と機密保持契約を結んで、
企業HPに一般公開されていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは、企業が事業戦略上の理由で重要なポジションにこっそり人を採用したい場合、転職エージェントに内密で依頼する求人。
条件が良いケースが多いです。

大手の転職エージェントは、非公開求人の保有率が圧倒的に高い為、アマゾンジャパン(Amazon)の非公開求人を保有している場合もあります。

企業の採用ページや転職サイトをチェックして「特に転職したい条件・求人がないな」と思ったとしても、転職エージェントが保有していることも多いのです。

しかし、非公開求人は募集がかかるとすぐに殺到してしまうので、転職エージェントの連絡スピードが決め手になってしまうことも少なくありません。

2. 応募企業に特化した対策が可能

転職エージェントは多くの転職希望者のサポートを行なってきている為、大手・人気企業であればあるほど、内部の採用プロセスを熟知して独自のノウハウを蓄積してきています。

具体的には、採用担当者の特徴や好み、過去受かった人の傾向、特化した想定質問や正しい回答、など通常知ることができないデータを大手の転職エージェントは蓄積しているのです。

さらに、蓄積してきたデータを駆使して、模擬面接・職務経歴書をあなたと一緒に考えてくれる為、転職エージェントを活用していないライバルよりも圧倒的に優位に立てるのです。

※実は裏でゴリ押しして貰える、あなたの魅力

転職エージェントは面接の後に採用担当者と連絡を個別にとり、面接の評価を確認しています。

転職エージェントの能力次第なのですが、面接で上手く伝えることができず、本来不合格になるところを、転職エージェントの営業力で面接をやり直したりなんとか通過させることも実は多いのです。

注意点は、転職エージェントの営業力が弱いと、あなたを売り込むことができないので、営業力が強い転職エージェントを選びましょう。

3. 年収を上げるなど待遇の交渉も依頼が可能

実際に転職をした方は、ご存知かと思いますが「転職で年収・待遇交渉」は自発的に行う必要があります。

しかし、多くの転職者が口を揃えて言うのは「どのタイミングで交渉すればいいかわからなかった…」と言うことです。

なぜなら、個人経由での応募すると、最終面接の場で入社同意書を書かされることが非常に多い為、そもそも年収交渉する場面が設けられていないのです。

転職エージェント経由であれば、入社する意向は転職エージェント経由で伝えることができるので、合わせて転職エージェントに年収交渉をしてもらうのです。

しかし、成績が悪くて、営業力がない転職エージェントが交渉してしまうと、上がる年収も上がらない…なんてことも多いのが事実です。

アマゾンジャパン(Amazon)の転職で必ず登録すべき転職エージェント5選

Q. 転職エージェントで登録すべき転職エージェントと活用方法を教えてください。

転職エージェント5選

大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

車や物件など人生において大きな買い物をするときには、複数の業者に見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入・交渉を進めることが多いですよね。

転職も同様に今後の人生の大きな転機なので、複数の転職エージェントに求人を準備してもらい、一番条件が良い求人・相性の良いエージェント経由で転職を進めていくことがセオリーなんです。

一般的にも会社には、優秀な営業マンもいれば、成績が悪い方もいますよね。転職エージェントも同様に営業能力が低く、成績が悪い転職エージェントがいるので注意して下さいね。

<営業成績が良い転職エージェントの特徴3点>

  1. 連絡スピードが早い
  2. 求人を的確に選んでくれる
  3. 職務経歴書や模擬面接を丁寧にしてくれる
アマゾンジャパン(Amazon)の転職に強く
必ず登録すべき厳選転職エージェント5選


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
顧客満足度No.1
丁寧な対応
ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に
必須
サポートが丁寧
非公開求人にも期待が寄せられる。
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の
求人情報が豊富
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
スペシャリスト採用では実績No1
経験を生かせる。

要は転職エージェントには3~5社一気に登録 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけでいいんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが、勝手に転職エージェントが求人を探して、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉までやってくれるんです。

例えば、私が初めて転職をするなら、
doda」「パソナキャリアに必ず登録します。

dodaは営業能力が高いこと、求人数が豊富、職務経歴書を丁寧に添削してくれることがメリットです。

パソナキャリアはとにかく対応が丁寧なので、転職が初めてでも安心して利用できることがメリットです。

さらに、転職に悩んでいる段階であれば、
doda」に登録しておけば間違いはないですね。


doda」は大手転職エージェントの中でも相談や面談の日程の融通が利きやすく、電話での相談から可能なので、転職に迷っている段階で相談だけという方でも利用しやすいです。
それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

追記:条件の良い求人を見逃さない方法

何度もお伝えしますが、大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

複数の求人と転職エージェントを比較することで、条件の良い求人と優秀な転職エージェントと出会う確率が圧倒的に高くなるのです。

さらに、求人について注意点を記載しました。下記をご確認ください。

※注意事項 転職求人は不動産と同じ?

求人の有無については、各転職エージェントごとに、職種や時期、募集人数により応募締め切りも変わっていきます。

不動産と同じで、募集がかかったと思ったらすぐに募集が埋まってしまうものなので、本気で転職を考えている方は、今すぐにでも転職エージェントを登録し、求人情報を逃さないようにすることが重要です。

このように、転職したいと思っていても、募集がかかった求人は、不動産の物件と同様にすぐに埋まってしまいます

その為、転職を少しでもしたいと考えているのであれば、まずは求人を確保する必要があるのです。(転職自体は求人をチェックして、条件が合えばさらに検討していけばいいのです。)

大手の転職エージェントで一番求人の連絡が早いのはdodaです。

転職に悩んでいるのであれば、とりあえずdodaに登録しておけば安心です。

>>求人の連絡が早いdodaに登録する。

余談ですが、転職は戦略的に考えると優位に立てるので、もし私が今転職をするのであれば、事前に求人だけ先に集めます。

この条件なら転職を考えてもいいかと思える求人があれば応募を出して、最終的に年収交渉を転職エージェントにお願いし、現職よりも良い条件を手に入れて転職をします

キャリアを作るのが上手な人は「大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較すること」「転職求人は不動産と同じ」「転職は戦略的に考えると優位に立てる」などの転職のコツを知り尽くしているのですね。

この記事を最後まで読んでいただいたあなたは、すでにアマゾンジャパン(Amazon)の転職では非常に優位なポジションを取っています。

下記に、アマゾンジャパン(Amazon)の転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント5選を載せています。

求人がなくならないうちに、転職における相見積もりを取って戦略的に内定を取って行ってくださいね。

>>求人の連絡が早いdodaに登録する。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

アマゾンジャパン(Amazon)の正社員求人まとめ

アマゾンジャパン(Amazon)への転職成功術をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アマゾンジャパン(Amazon)も職場によっては激務・人間関係が悪い為に失敗する人は少なくはありません。

そこで、年収や待遇の条件の良いポジションを手に入れる為に、求人の比較だけは必ず行ってください。ただ比較するだけでも、条件の違いや待遇の違いは必ず見えてくるはずです。

あなたの今後のキャリアが良いものになるようしっかりと準備することをおすすめします。

>>外資系の求人にはJAC Recruitment

アマゾンジャパン(Amazon)の転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント5選
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>顧客No.1のdoda

アマゾンジャパン(Amazon)のクチコミ(評判)から読み解ける対策

アマゾンジャパン(Amazon)は外資系の会社なので、強力なリーダーシップや生産性に対する考え・行動ができるかをチェックされる質問が多いようです。

また、物流を担っているアマゾンジャパン(Amazon)ですので5Sに対してのこれまでの経験を質問されることもあるようです。

想定質問:リーダーシップについて

アマゾンジャパン(Amazon)の面接は基本的に、「リーダーシッププリンシプル」に基づいて質問を行っているようです。

事前にアマゾンジャパン(Amazon)の自社HPから確認して、これまであなたが経験した行動プロセスや考えをしっかりと整理してまとめておきましょう。

想定質問:生産性について

アマゾンジャパン(Amazon)の面談では、生産性についてはの質問もあり、業務プロセスの改善思考・行動を詳しく聞かれることが多いようです。

「前職での失敗体験は?」「問題に対する対応はどうしたのか?」「その問題について今後の対策・対応」などの問題に対する一連の業務改善体験を具体的に聞かれた方もいたようです。

>>外資系の求人にはJAC Recruitment

アマゾンジャパン(Amazon)へ転職が成功(内定)した時の退職交渉

アマゾンジャパン(Amazon)の転職が成功(内定)した際には、現職の退職交渉を考えていきましょう。

これは、転職エージェントとしての目線なのですが実は転職活動より負荷がかかるのが退職交渉だと言われています。

実は私自身、退職交渉って3回やってるのですが、どれもそこまで上手くできたとは言い切れません。

転職エージェントが見た退職交渉トラブルと切り出し方を「実は難しい転職活動より退職交渉(切り出し方・理由・引き止め)」にまとめましたので、アマゾンジャパン(Amazon)への転職を考えているあなたは、是非一読してください。

退職の切り出し方で悩んでいませんか?私自身も転職の際に、退職交渉で難しさを感じた1人です。もちろん引き止めにも合いましたし、退職交渉の理由でも悩みました。トラブルの実例も載せております。特に第二新卒の方は退職の切り出し方に悩んでいる方も多いと思いますので、是非ご参考にされてください。
The following two tabs change content below.

堀田 誠人

メガバンクで面接官を経験。その後、人材大手Intelligenceのシンガポール法人立ち上げメンバーとして転職。帰国後に株式会社Youth Planetを設立。リクルートキャリア社主催のGood Agent Award 2016で大賞を受賞。 キャリア相談はお気軽にこちらから連絡ください>>