ブリヂストンの転職(中途採用・求人・年収・面接)内定術

ブリヂストンの転職(中途採用・求人・年収・面接)内定術

ブリヂストンの転職(中途採用・求人・年収・面接)内定術

こんにちは、株式会社Youth Planet代表、 転職エージェント堀田です。

私自身、転職エージェントとしては転職が活発な海外でハイクラスな転職を担当し、さらに国内ではメガバンクや大手IT企業の面接官の経験を通じて毎年何百人もの面接を行ってきました。

そんな私が考える、転職の本質は、企業理解”と”戦略的な求人確保”の2点を確実に行うことです。

あなたのブリヂストンへの転職成功率を劇的に上げられるよう

記事の前半では「ブリヂストンの転職で見るべきポイント | 企業理解編

記事の後半では「ブリヂストンのキャリア(中途)採用 | 戦略的な求人確保編」をまとめました。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

ブリヂストンの転職で見るべきポイント | 企業理解編

ブリヂストンの転職の通過率を上げる方法は、企業理解”と”戦略的な求人確保”の2点を確実に行うことです。

記事の前半では、企業理解(事業内容・求める人物像・会社理念とトップメッセージ)をまとめています。

ブリヂストンの見るべきポイント
企業理解編)
事業
内容
自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
人物像企業HPから「求める人物像」をチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
会社理念・社長メッセージブリヂストンがどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

ブリヂストンってどんな会社?

まずは、ブリヂストンの企業理解を深めていきましょう。

株式会社ブリヂストン(英: Bridgestone Corporation)は、東京都中央区に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカーおよびそのブランド。創業地の福岡県久留米市ではムーンスター、アサヒシューズとこの会社とで「ゴム三社」と呼ばれている。元々は1930年(昭和5年)、日本足袋株式会社(にほんたび。現在のアサヒシューズ株式会社)のタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化、その後、1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名となる。

引用:wikipedia

ブリジストンの企業情報

概要
本社所在地東京都中央区京橋三丁目1番1号
代表者代表執行役CEO 石橋 秀一
設立1931(昭和6)年3月1日
資本金1,263億5,400万円(2019年12月31日現在)
売上3兆5256億円(2019年12月期)
従業員143,589名(2019年12月31日現在)
事業内容タイヤ関連商品、自動車関連商品やスポーツ用品の製造・販売

ブリヂストンの事業内容

ブリヂストンは乗用車用、トラック・バス用、建設・産業・農業車両用、航空機用/二輪自動車用のタイヤ・チューブを製造・販売するメーカーです。

ブリヂストン事業内容

引用:ブリヂストン公式HP

その他にも、スポーツ用品や加工品なども扱っています。

ブリヂストンのグローバル展開

ブリヂストンは、世界26カ国に180以上の生産・開発拠点を持ち、150以上の国々で事業を展開しているグローバルな企業です。

ブリヂストンのグローバル展開

引用:ブリヂストン公式HP

ブリヂストンでは、国内の売上は20%、国外の売上高は80%程をしめるほどのグローバル展開を行なっております。

ブリヂストンのトップメッセージ

ブリヂストンのトップメッセージ

引用:ブリヂストン公式HP

CEOのトップメッセージでは、「業界に置いて全てに『断トツ』」を達成させる為にグローバル企業文化を課題設定とするとメッセージがあります。

2017年には中期経営計画 を立て「ブランド戦略の推進」「イノベーション(技術/ビジネスモデル/デザイン)」「継続的改善」を通じてグローバル企業文化の育成を達成していきます。

気になるブリヂストンの年収

社員の平均年収:692万円(39.3歳)

引用:四季報

ブリヂストンの中途採用では、求人やポジションによって条件は大きく変わるので、担当の転職エージェントと相談をしながら確認していきましょう。

ブリヂストンの口コミ・評判まとめ

ブリヂストンの口コミや評判をまとめてみました。

ブリヂストンの給与・福利厚生

ブリヂストンはメーカーにしては給与水準は高めで社員の満足度も高いです。ただ、年功序列の風土が残っているため若いうちはあまり給与の差はありません。

福利厚生に関しては赴任手当や家族手当など金銭面の手当に関しては比較的評価は高いようですが、寮や社宅、その他の福利厚生に関してはあまり満足度は高くないとの評価でした。

ブリヂストンの仕事のやりがい

ブリヂストンはグローバルに事業を展開しており、そのダイナミズムが各々の仕事のやりがいにつながっているようです。

ただ、評価に関しては上司の一存という部分があるため、その点に関しては不満に思っている人も少なからずいました。

ブリヂストンの研修・教育制度はとても評判が良く、新卒・中途採用どちらにおいても学ぶ機会や様々な経験を積む機会が用意されているのでスキルアップ・キャリアアップに関しては高い評価を得ていました。

ブリヂストンの社風

ブリヂストンはよくも悪くも古くからの日本企業の典型であり、保守的なため意思決定に時間がかかるとの口コミが多かったです。

部門内ではコミュニケーションも取りやすく風通しも良いとのことでしたが、縦割りの意識が強く部門外とのコミュニケーションは不十分で会社全体でいうと風通しが良いとは言い難いようです。

ブリヂストンの女性の働きやすさ

近年女性も活躍できる会社作りの一環として、事業所内託児所を設置したりと、女性登用の制度も整ってきています。

ブリヂストンの中途採用情報

ブリヂストンの中途採用の傾向として同業他社と比べて事務職の募集が多くあります。ただ、転職エージェントに問い合わせると企業HPに載っていない非公開求人も複数保有していました。

ブリヂストンへの転職をお考えの方は企業HPの採用情報だけでなく、転職エージェントの保有する情報もチェックしておくことをおすすめします。

ブリヂストンでは中途採用でも教育制度に力を入れている

現在ブリヂストンは海外への事業展開に伴いグローバル人材の育成に力をいれており、中途採用の転職者にも新卒同様研修制度を設けており、複数の語学の研修も行なっています。

また、海外トレーニー制度を中途採用者にも適応しており、入社3年目から海外赴任のチャンスがあります。

通常新卒の方が昇進昇給においては優先されがちですが、ブリヂストンでは中途採用者にとっても新卒同様、グローバルに活躍するチャンスとキャリアアップ・スキルアップの機会も与えられます。

ブリヂストンの難易度・倍率の考察

ブリヂストンの難易度・倍率は具体的な数値では発表されていませんが、転職ランキングで上位にブリヂストンは、転職エージェントの私からみても難易度・倍率は高いでしょう。

ブリヂストンの難易度・倍率が高いということは、それだけ入社意欲を持たれている方が多いです。また、ブリヂストンへのエントリーも殺到していると考えられます。

そこで、難易度・倍率の高いブリヂストンの転職成功術を、次項から説明していきます。

ブリヂストンの書類選考(履歴書・職務経歴書)

まずは、難易度・倍率の高いブリヂストンの書類選考の対策です。

多くの転職者はブリヂストンの応募書類(履歴書・職務経歴書)で足切りしますし、面接の質問も応募書類(履歴書・職務経歴書)を参考にして質問をします。

十分な準備をするために秘策を3つ用意しました。

  • 秘策その1:歓迎要件、求められる人物像に寄せる
  • 秘策その2:実績を数字で示す
  • 秘策その3:面接で突っ込んで欲しいことを入れる

書類選考に不安がある方は下記の書類選考(職務経歴書・履歴書)対策の記事 を参考に準備を進めてください。

書類選考の通過率をグッとあげる秘策を知っていますか?私の友人は自分で職務経歴書を作成して、13社に応募し、3社しか通過しませんでしたが、私が添削して6社応募で5社通過しました。その方法を転職エージェント社長の私が教えます。

ブリヂストンの求める人物像

ブリヂストンの求める人物像

引用:ブリヂストン公式HP

ブリヂストンのトップメッセージで「業界全てにおいて『断トツ』」を目指しているとありました。

その意味は、他社の追随を許さない存在を目指していくということですし、その為に常に先を読む、困難な課題にも自ら立ち向かう勇気が必要であるようです。

さらにグループのあらゆる組織と連携を取りながら最後まで課題解決に向かってやり抜く姿勢が求められます。

ブリヂストンの一次・二次・最終面接対策

ブリヂストンの面接については、職種やポジションによって内容や回数が異なってくるようですが、平均して3〜4回程度となることが多いようです。

転職(一次・二次・最終)面接の面接官の特徴や対策などに不安がある方は下記の面接対策の記事 を一読して面接準備を行いましょう。

こんにちは、転職エージェント堀田です。転職準備って何をすればいいの?想定質問はwebや転職エージェントから集めたし大丈夫?正直、そんな簡単な対策では面接官からすぐに見透かされてしまいますよ。転職面接の一次・二次・最終面接の想定問題と対策をまとめました。さらに転職に成功している人はみんな行なっているヒントもお伝えしますが・・・

ブリヂストンに特化した面接対策

金融への転職、特にブリヂストンのような難易度・倍率が高い企業の面接対策は、転職エージェントを活用してブリヂストンに特化した対策を行うことが必要です。

<Point 1>
転職エージェントは、ブリヂストンのような大手企業であればあるほど、多くの転職希望者をサポートしているため、ブリヂストンへの転職の成功・失敗それぞれのデータを蓄積&ノウハウ化しています。
<Point 2>
また、優秀な転職エージェントは、ブリヂストンの採用担当者と深いコネクションがあり担当者の特徴を把握していたり、独自の経路で転職者をプッシュしてブリヂストンへ内定させることもできるのです。

まとめると、ブリヂストンは転職エージェントのPoint1&2を活用して特化した対策を行えばいいのか!と思うかもしれませんが、もちろん転職エージェントにも良し悪しがありますしブリヂストンに得意、不得意などもあります。

ブリヂストンのキャリア(中途)採用 | 戦略的な求人確保編

ここではブリヂストンの正社員の非公開求人を戦略的に確保して、転職を成功させる方法をご紹介していきます。求人で転職は決まる

ブリヂストンへの転職を決める為のコツは、転職エージェントを活用するという1点に尽きます。

転職エージェントを使うべき3つの理由は下記の通りです。

  1. 個別に非公開求人をもらえる可能性がある
  2. 応募企業に特化した対策が可能
  3. 年収を上げるなど待遇の交渉も依頼が可能

1. 個別に非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは企業と機密保持契約を結んで、
企業HPに一般公開されていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは、企業が事業戦略上の理由で重要なポジションにこっそり人を採用したい場合、転職エージェントに内密で依頼する求人。
条件が良いケースが多いです。

大手の転職エージェントは、非公開求人の保有率が圧倒的に高い為、ブリヂストンの非公開求人を保有している場合もあります。

企業の採用ページや転職サイトをチェックして「特に転職したい条件・求人がないな」と思ったとしても、転職エージェントが保有していることも多いのです。

しかし、非公開求人は募集がかかるとすぐに殺到してしまうので、転職エージェントの連絡スピードが決め手になってしまうことも少なくありません。

2. 応募企業に特化した対策が可能

転職エージェントは多くの転職希望者のサポートを行なってきている為、大手・人気企業であればあるほど、内部の採用プロセスを熟知して独自のノウハウを蓄積してきています。

具体的には、採用担当者の特徴や好み、過去受かった人の傾向、特化した想定質問や正しい回答、など通常知ることができないデータを大手の転職エージェントは蓄積しているのです。

さらに、蓄積してきたデータを駆使して、模擬面接・職務経歴書をあなたと一緒に考えてくれる為、転職エージェントを活用していないライバルよりも圧倒的に優位に立てるのです。

※実は裏でゴリ押しして貰える、あなたの魅力

転職エージェントは面接の後に採用担当者と連絡を個別にとり、面接の評価を確認しています。

転職エージェントの能力次第なのですが、面接で上手く伝えることができず、本来不合格になるところを、転職エージェントの営業力で面接をやり直したりなんとか通過させることも実は多いのです。

注意点は、転職エージェントの営業力が弱いと、あなたを売り込むことができないので、営業力が強い転職エージェントを選びましょう。

3. 年収を上げるなど待遇の交渉も依頼が可能

実際に転職をした方は、ご存知かと思いますが「転職で年収・待遇交渉」は自発的に行う必要があります。

しかし、多くの転職者が口を揃えて言うのは「どのタイミングで交渉すればいいかわからなかった…」と言うことです。

なぜなら、個人経由での応募すると、最終面接の場で入社同意書を書かされることが非常に多い為、そもそも年収交渉する場面が設けられていないのです。

転職エージェント経由であれば、入社する意向は転職エージェント経由で伝えることができるので、合わせて転職エージェントに年収交渉をしてもらうのです。

しかし、成績が悪くて、営業力がない転職エージェントが交渉してしまうと、上がる年収も上がらない…なんてことも多いのが事実です。

ブリヂストンの転職で必ず登録すべき転職エージェント5選

Q. 転職エージェントで登録すべき転職エージェントと活用方法を教えてください。

転職エージェント5選

大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

車や物件など人生において大きな買い物をするときには、複数の業者に見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入・交渉を進めることが多いですよね。

転職も同様に今後の人生の大きな転機なので、複数の転職エージェントに求人を準備してもらい、一番条件が良い求人・相性の良いエージェント経由で転職を進めていくことがセオリーなんです。

一般的にも会社には、優秀な営業マンもいれば、成績が悪い方もいますよね。転職エージェントも同様に営業能力が低く、成績が悪い転職エージェントがいるので注意して下さいね。

<営業成績が良い転職エージェントの特徴3点>

  1. 連絡スピードが早い
  2. 求人を的確に選んでくれる
  3. 職務経歴書や模擬面接を丁寧にしてくれる
ブリヂストンの転職に強く
必ず登録すべき厳選転職エージェント5選


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
転職者満足度No.1
丁寧な対応
ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に
必須
サポートが丁寧
非公開求人にも期待が寄せられる。
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の
求人情報が豊富
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
スペシャリスト採用では実績No1
経験を生かせる。

要は転職エージェントには3~5社一気に登録 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけでいいんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが、勝手に転職エージェントが求人を探して、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉までやってくれるんです。

例えば、私が初めて転職をするなら、
doda」「パソナキャリアに必ず登録します。

dodaは営業能力が高いこと、求人数が豊富、職務経歴書を丁寧に添削してくれることがメリットです。

パソナキャリアはとにかく対応が丁寧なので、転職が初めてでも安心して利用できることがメリットです。

さらに、転職に悩んでいる段階であれば、
doda」に登録しておけば間違いはないですね。


doda」は大手転職エージェントの中でも相談や面談の日程の融通が利きやすく、電話での相談から可能なので、転職に迷っている段階で相談だけという方でも利用しやすいです。
それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  


追記:条件の良い求人を見逃さない方法

何度もお伝えしますが、大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較することです。

複数の求人と転職エージェントを比較することで、条件の良い求人と優秀な転職エージェントと出会う確率が圧倒的に高くなるのです。

さらに、求人について注意点を記載しました。下記をご確認ください。
※注意事項 転職求人は不動産と同じ?

求人の有無については、各転職エージェントごとに、職種や時期、募集人数により応募締め切りも変わっていきます。

不動産と同じで、募集がかかったと思ったらすぐに募集が埋まってしまうものなので、本気で転職を考えている方は、今すぐにでも転職エージェントを登録し、求人情報を逃さないようにすることが重要です。

このように、転職したいと思っていても、募集がかかった求人は、不動産の物件と同様にすぐに埋まってしまいます

その為、転職を少しでもしたいと考えているのであれば、まずは求人を確保する必要があるのです。(転職自体は求人をチェックして、条件が合えばさらに検討していけばいいのです。)

大手の転職エージェントで一番求人の連絡が早いのはdodaです。

転職に悩んでいるのであれば、とりあえずdodaに登録しておけば安心です。

>>求人の連絡が早いdodaに登録する。

余談ですが、転職は戦略的に考えると優位に立てるので、もし私が今転職をするのであれば、事前に求人だけ先に集めます。

この条件なら転職を考えてもいいかと思える求人があれば応募を出して、最終的に年収交渉を転職エージェントにお願いし、現職よりも良い条件を手に入れて転職をします

キャリアを作るのが上手な人は「大手転職エージェントを利用するコツは必ず比較すること」「転職求人は不動産と同じ」「転職は戦略的に考えると優位に立てる」などの転職のコツを知り尽くしているのですね。

ここまで理解するとあなたは、すでに転職で非常に優位なポジションを取っています。

下記に、転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント5選を載せています。

求人がなくならないうちに、転職における相見積もりを取って戦略的に内定を取って行ってくださいね。

>>求人の連絡が早いdodaに登録する。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

ブリヂストンの正社員求人まとめ

ブリヂストンへの転職成功術をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ブリヂストンも職場によっては激務・人間関係が悪い為に失敗する人は少なくはありません。

そこで、年収や待遇の条件の良いポジションを手に入れる為に、求人の比較だけは必ず行ってください。ただ比較するだけでも、条件の違いや待遇の違いは必ず見えてくるはずです。

あなたの今後のキャリアが良いものになるようしっかりと準備することをおすすめします。

ブリヂストンの転職に強く、必ず登録すべき厳選転職エージェント5選
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>転職者満足度No.1のdoda

ブリヂストンへ転職が成功(内定)した時の退職交渉

ブリヂストンの転職が成功(内定)した際には、現職の退職交渉を考えていきましょう。

これは、転職エージェントとしての目線なのですが実は転職活動より負荷がかかるのが退職交渉だと言われています。

実は私自身、退職交渉って3回やってるのですが、どれもそこまで上手くできたとは言い切れません。

転職エージェントが見た退職交渉トラブルと切り出し方を「実は難しい転職活動より退職交渉(切り出し方・理由・引き止め)」にまとめましたので、

ブリヂストンへの転職を考えているあなたは、是非一読してください。

退職の切り出し方で悩んでいませんか?私自身も転職の際に、退職交渉で難しさを感じた1人です。もちろん引き止めにも合いましたし、退職交渉の理由でも悩みました。トラブルの実例も載せております。特に第二新卒の方は退職の切り出し方に悩んでいる方も多いと思いますので、是非ご参考にされてください。
The following two tabs change content below.

堀田 誠人

メガバンクで面接官を経験。その後、人材大手Intelligenceのシンガポール法人立ち上げメンバーとして転職。帰国後に株式会社Youth Planetを設立。リクルートキャリア社主催のGood Agent Award 2016で大賞を受賞。 キャリア相談はお気軽にこちらから連絡ください>>