アパレル販売員に年齢制限はある?アパレル業界で長く働き続ける方法

アパレル販売員に年齢制限はある?アパレル業界で長く働き続ける方法

アパレル 転職 理由

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

アパレル販売員として何歳くらいまで働けますか?
アパレル販売員の年齢制限ってだいたい30代くらいかなと思うのですが、その後はどうしたらいいのでしょう。
私はファッションが好きなのでアパレルを志望していますが、先々のことを考えてちょっと迷っています。。
(25歳 女性)

アパレル販売員=華やか、若い人の仕事」と思っている方は少なく、相談者さんのようになんとなく「アパレル販売員ならするとしても30までかな?」と年齢制限を感じている方は多いのではないのでしょうか。

結論から言いますと、アパレル販売員に「何歳まで」という年齢制限はありません。

しかし、アパレル販売員の仕事は立ち仕事で体力勝負ですし、休日も不規則です。また、給与水準も決して高いとは言えないため、年を重ね、ライフスタイルが変化するとともにアパレル販売員を続けることに不安を感じる方も多いでしょう。

アパレル業界で年齢に関係なく働き続けたい方は、年齢に伴って起こり得る問題や不安を理解したうえで、それでもアパレル販売員として働き続けるのか、よく考えて今後のキャリアプランを考える必要があります。

今回はアパレル販売員として長く働きたい方や販売員に限らずアパレル業界内でキャリア形成をしたい方、長く働き続けたい方のための方法やアパレル業界内での転職成功法をご紹介します。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アパレル販売員に年齢制限はあるの?

アパレル販売員として働くのに「何歳まで」というリミットはありません。

アパレル販売員は高卒から働けるところもあるため、他職種と比べて比較的平均年齢が低めなのは事実ですが、アパレルブランドのコンセプトや対象年齢によって、販売員の年齢層も異なります。

30代・40代のアパレル販売員も多い

アパレル販売員として働いているのは若い人ばかりというイメージがありますが、実際には30代、40代で働く人は沢山います。

働いている販売員の年代は、アパレル企業やブランドのコンセプト、扱う商品、ターゲット層などによって異なるようです。

ヤング向けのブランドであれば、店員も20代の人が中心となりますが、ミセス向けのブランドであれば30代以上の店員が働いている場合が多いですし、また百貨店などでは比較的お客様の年齢層も高いので、ある程度経験を重ねたベテランの販売員が重宝されることがあります。

アパレル販売員が年齢と共に考える悩みとは

もう一度言いますが、アパレル販売員に何歳までという年齢制限はありません。

しかし、アパレル販売員として働く方にとって、年齢とともに抱える不安や問題になることがあります。

収入面

アパレル販売員の給料は、他の業界に比べて低く、将来的に収入について不安に思う人も多くいます。その上、ずっとアパレル販売員として働くうちは、勤続年数を重ねても昇給はあまり見込めないようです。

アパレル業界で働きたいけど、収入に不安がありキャリアアップやキャリアチェンジを考える方も多いのも現状です

体力面

アパレル販売員の仕事は、一見華やかでおしゃれですが、非常にハードな仕事です。

基本的に1日のほとんどが立ち仕事のため、年齢が上がってくると体力的に仕事をするのが難しくなります。

今後のキャリア

キャリアアップのイメージが抱けないことも、アパレル業界で働く人の悩みのひとつです。仕事の経験年数に合わせてどのようにアパレル販売員のキャリアが変化するのか明確にイメージしにくいようです。

また、店長より年上になってしまうとアパレル販売員として働きにくさを感じてしまうこともあり、年齢による悩みが出てきます。

年齢に関係なくアパレル業界で働き続けるためには

では、年齢を気にせずアパレル業界で働き続けるためには、販売員として転職し職場を変えるのか、もしくは同じアパレル業界内で販売員から他職種に転職するなどの方法があります。

あなたのアパレル業界内でのキャリアプランに合った職場を選びましょう。

年齢に合ったアパレルブランドに転職

アパレル業界へ転職する際は、比較的幅広い世代に利用されているブランドや店舗を選ぶことが重要です。幅広い世代に利用されているブランドや店舗であれば、年齢を重ねてもお客様からのニーズがあるアパレル販売員として長く働き続けることができます。

また、自分と顧客ターゲットが近いブランドや店舗で働くことで、同世代のお客様も多く、安心して利用してくれます。

アパレル販売員から店長を目指す

アパレル販売員から店長へのキャリアアップも、長く働くコツの一つです。

収入も安定しますし、管理職としての仕事があるので、立ち仕事が比較的に減るため、体力的にも楽になるでしょう。

努力すれば20代でも店長を目指すことができますし、店長職を経験することでアパレル業界内の別のキャリアへの道も開けます。

アパレル販売員から本社勤務へ

先述した通り、アパレル販売員は大変ハードな仕事です。年齢的、体力的に不安がある場合、一度アパレル販売員として経験を積んだ後に本社勤務を目指すという選択肢もあります。キャリアを変えることで、販売員としての経験を活かしながら同じ企業で長く働くことができるでしょう。

また、アパレル業界でもデザイナーやパタンナーなどの専門的な知識がある方は、結婚や出産を経て復職する方も多くいますし、販売員をしながら専門的な知識を学んでおくとよりよいです。

アパレル業界内の転職・キャリア相談に転職エージェント!

アパレル業界内効率的かつ確実により有利な条件で転職を行うには転職エージェントの利用が欠かせません!

アパレル業界への転職におすすめの転職エージェント3選

アパレル業界への転職におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェント」、「doda」、「パソナキャリア」の3社です。

下記にそれぞれの転職エージェントの特色をご紹介しますので、アパレル業界への転職の際にはぜひあなたに合った転職エージェントを選択し、活用してみてくださいね。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

業界トップの内定決定数から企業からの信頼も厚く、企業の内部情報にも精通しているため、幅広い業界・企業に特化した対策も可能です。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

また、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。在職中の転職活動であなた一人では不安なことも全力でサポートしてくれます!

dodaではエージェント一人一人に自社研修で徹底的な指導を行っていますので、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

パソナキャリアも平日・土曜日は夜間まで面談可能で何かと融通が利くことと、手厚いサポートで有名です。

また、パソナキャリアは女性活躍推進を掲げており、女性の転職サポートには他社と比べてもより高い評価を得ています。

パソナキャリア情報収集に長けた転職エージェントとして有名で、スキルや経験だけではなく志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれます。

     パソナキャリア    

アパレル業界内で他の職種への転職を考えている方へ

アパレル業界で働き続ける中で、販売員ではなく事務や営業、バックオフィスの業務に転職して新たなキャリア形成を目指す方におすすめの記事を下記にあげています。ぜひ参考にしてください。

アパレル営業への転職|アパレル営業に必要なスキルと転職成功のポイント

アパレル事務への転職|絶対に失敗しないアパレル事務への転職方法

アパレルからデスクワークに転職したい!アパレルからECサイト運営への転職

【アパレルへの転職】生産管理に転職するための全知識を徹底解説!

まとめ

今回は何歳までアパレル販売員として働けるのか?という質問に回答させていただきました。

アパレル販売員として何歳までという年齢制限は原則ありません。

ただ、アパレル販売員という職業の特性として「体力勝負」「薄給」「休日が不規則」ということがあり、年齢を重ねると共にアパレル販売員として働くことに不便や不安が生じるのは事実です。

それでもアパレル業界に身を置きたい方は、販売員としても働ける職場はありますし、販売員にこだわらなければキャリアアップも可能です。

アパレル業界で長く働きたい人はぜひ一度今後のキャリアプランを考えて、あなたに合った働き方を選択してくださいね。