転職エージェントが教える人事に好かれる転職術

転職エージェントが教える人事に好かれる転職術

絶対にやめて!リスクが高い転職方法【解決法アリ】

2018年5月の転職求⼈倍率は1.78倍。

まさに「売り手市場」であり、2014年からこの5年で数値は上り調子の活況です。

転職をするにしても転職をしないにしても、「自分のキャリアを見直す=リキャリア」にとっても格好の時期と言えます。

しかし、転職で失敗してしまうと年収や待遇が大幅に悪くなってしまいます。

さらに、失敗したからと言ってすぐに再転職をしようとしても、採用担当者からは、『すぐに会社を辞めてしまうダメなヤツ』とレッテルを貼られてしまうケースも少なくないので注意が必要です。

2018年は、求人数も増えて”転職に有利な背景”を知っていますか?

(引用:日経新聞)

最近、有効求人倍率だって44年ぶりに高水準でしたし、

実は、2017年度上半期中途採用実績において、人員を「確保できなかった」企業が半数以上あったのです。

(参照:株式会社リクルートホールディングス)

その為、2018年は中途採用の増加が見込まれていることもデータとしてあります。

(参照:株式会社リクルートホールディングス)

だから、転職希望者にとっては、非常に有利な状況なんですよ。

繰り返しお伝えしますが、転職をするにしても転職をしないにしても、「自分のキャリアを見直す=リキャリア」は今がベストです。

絶対にやめて!リスクが高い転職方法

転職に非常に有利の状況とは言っても、自分にあった会社を探す方法って、なかなか難しいですよね。

あなた1人で転職サイトなどのweb情報だけで、”なんとなく”転職を決めてしまうと、入社後に転職を失敗した・・・と後悔してしまうリスクがあります。

(Aさんのように、転職を短いスパンで繰り返してしまうと、人事は「この人はすぐに会社をやめてしまうので、採用のリスクが非常に高い」と考え、書類選考で不合格になってしまうのです。)

転職に有利な状況だからと言って、誰のアドバイスも受けず、業の内情を把握せず、転職をしてしまうのはリスクが高い為、オススメできません。

転職を成功に導くたった1つのコツ

転職への成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。

図解で理解する
転職エージェントの全知識

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介、面接のセッティング、年収交渉等、転職に必要な以下の6つのサポートを行ってくれるサービスのことです。

転職エージェント』と『転職サイト』の違いは以下の通りです。

めんどくさい求人集め、面接日程調整から、企業と交渉しずらい年収交渉など、転職の全てを専任のエージェントがサポートしてくれるので、転職エージェントを利用しない手はないですね。

そして、あまり知られていませんが、転職に成功する人は転職サイトではなく、転職エージェントを使いこなしています。

転職エージェントには、少なくても2社、転職成功率を上げたければ4社以上登録をしましょう。

リクルート調べでは、転職成功者の平均登録社数は4.2社に登録していて、必ず複数の転職エージェントを使いこないしているというデータまで取れているからです。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

 ランキング登録
必須度
特徴
doda全ての方に
必須
転職者満足度No.1
転職ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数と
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に必須 サポートが丁寧。非公開求人にも期待が寄せられる。
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の求人情報が豊富
JAC Recruitment外資・技術系に必須 スペシャリスト採用では実績No1。経験を生かせる。
例えば、私が初めて転職をするなら、
doda」「パソナキャリアに必ず登録します。

dodaは営業能力が高いこと、求人数が豊富、職務経歴書を丁寧に添削してくれることがメリットです。

パソナキャリアはとにかく対応が丁寧なので、転職が初めてでも安心して利用できることがメリットです。

さらに、転職に悩んでいる段階であれば、
doda」に登録しておけば間違いはないですね。


doda」は大手転職エージェントの中でも相談や面談の日程の融通が利きやすく、電話での相談から可能なので、転職に迷っている段階で相談だけという方でも利用しやすいです。

転職エージェントのメリット・デメリットを大公開

転職エージェントの強いメリット

転職エージェントを利用する強いメリットは、3つあります。

1.個別に非公開求人をもらえる
2.応募企業に特化した対策が可能
3.企業との調整・交渉をしてくれる

1.個別に非公開求人をもらえる

非公開求人とは企業が事業戦略上の理由で、他社に知られることなく重要なポジションに人を採用したい場合、転職エージェントに内密で依頼する求人で、転職サイトなどで公開されている公開求人よりも条件が良いケースが多いです。

転職エージェントは企業と機密保持契約を結んで、一般公開されていない「非公開求人」を大量に保有している為、転職において使わない手はないでしょう。

2.応募企業に特化した対策が可能

転職エージェントは、採用担当者と情報交換を密に行っている為、面接官の特徴や面接で聞かれる想定質問、対策方法など、あなたがwebで調べても知ることができない情報を蓄積しています。

転職エージェントを利用することで、他の転職希望者が知らない情報を手に入れることができる為、圧倒的に優位に立つことができるのです。

3.企業との調整・交渉をしてくれる

転職エージェントは、企業とあなたの間に入ってくれて、面接の日程調整から、年収交渉まで行ってくれます。

※実は裏でゴリ押しして貰える、あなたの魅力

転職エージェントは面接の後に採用担当者と連絡を個別にとり、面接の評価を確認しています。

転職エージェントの能力次第なのですが、面接で上手く伝えることができず、本来不合格になるところを、転職エージェントの営業力で面接をやり直したりなんとか通過させることも実は多いのです。

Point
転職エージェントは必ず複数社登録&比較!

 ランキング登録
必須度
特徴
doda全ての方に
必須
転職者満足度No.1
転職ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数と
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に必須 サポートが丁寧。非公開求人にも期待が寄せられる。
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の求人情報が豊富
JAC Recruitment外資・技術系に必須 スペシャリスト採用では実績No1。経験を生かせる。

※転職に悩んでいる段階なら、相談だけでもOkな『doda』でキャリアの可能性を見直しましょう。

>>doda公式HP

転職エージェントの
デメリット

転職エージェントのデメリットは、中には経験の浅い転職エージェントもいて、彼らに適当な情報を掴まされる可能性もあります。

あなたの会社にも優秀な方、成績が悪い方がいらっしゃると思いますが、転職エージェントも同じです。

成績が悪い転職エージェントが担当についてしまうと、逆に足手まといになってしまいます。

結果、転職に失敗してしまうケースもあるので本当に注意して下さい。

転職エージェントの利用で必ず押さえるべきPoint

転職エージェントに登録する際には、複数の転職エージェントを比較して、優秀なエージェントを探すことを必ず行って下さい。


担当になる転職エージェントによって大きく左右されるので、転職エージェントは最低3社以上に登録をし「担当エージェントが優秀か」を厳選して、そこと一緒に転職活動することが成功率を上げるPointになります。

 ランキング登録
必須度
特徴
doda全ての方に
必須
転職者満足度No.1
転職ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数と
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に必須 サポートが丁寧。非公開求人にも期待が寄せられる。
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の求人情報が豊富
JAC Recruitment外資・技術系に必須 スペシャリスト採用では実績No1。経験を生かせる。

※転職に悩んでいる段階なら、相談だけでもOkな『doda』でキャリアの可能性を見直しましょう。

>>doda公式HP

転職エージェントを
120%使いこなす登録方法

繰り返しお伝えしますが、転職を成功させるPointはエージェントに2~3社登録をし比較することです。

転職エージェント選びに失敗してしまうと、逆に大きな足手まといになってしまい、応募すれば通ったはずの企業も落ちるといった失敗に繋がります。

転職で失敗しない為に、転職エージェントは同時に複数利用するのが基本です。

以下の方法で登録することで転職エージェント120%使いこなすことができるでしょう。

Step1.
大手転職サイト3~5社に登録
転職成功者の平均登録社数は4.2社です。(リクルート調べ)データから分かるように、転職成功のためには複数利用が必要です。
Step2.
転職エージェントを比較して1~2社に絞る
サイトに登録後、転職エージェントから連絡がきます。そのタイミングで「優秀で、信頼できるエージェントか」をしっかりとチェックして下さい。その上で1,2社に絞ります。
Step3.
絞ったエージェントにキャリアの相談を行う
転職に迷っている段階でもOkです。「転職するか迷っていて・・・」と伝えれば問題ないです。
Step4.
必要があれば中小転職サイトに登録を
大手転職エージェントでキャリアの方向性が決まり、さらに情報収集が必要であれば、中小の転職エージェントに登録をしてさらに情報収集を進めましょう。

転職エージェントにはいつ登録するべきなの?

転職エージェントには『今』ここで登録して下さい。

なぜなら、転職エージェントが保有している求人は不動産と似た特性を持っているからです。

このように、転職したいと思っていても、募集がかかった求人は不動産の物件と同様にすぐに埋まってしまいます。

その為、転職を少しでも考えているのであれば、まずは求人を確保する必要があるのです。(転職自体は求人をチェックして、条件が合えばさらに検討していけば良いのです。)

転職で登録しておくべき
オススメ転職エージェント一覧

大手の転職エージェントにまずは登録するメリットをお伝えしてきました。

しかし、どの転職エージェントに登録すれば良いのか分からないという方の為に、私の元大手転職エージェントだった経験を活かして、あなたが登録すべき大手の転職エージェント一覧をお伝えします。

doda
転職者満足度No.1丁寧な対応

20代・30代は必ず登録

転職者からの満足度が非常に高く、転職ノウハウも充実している。

doda転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントで、職務経歴書や面接対策が素晴らしいと言われています。dodaの転職エージェントは業界ごとのスペシャリストで、その大半が業界での就業経験のある人です。求人数も国内最大級ですので、これ以上ない心強い味方となってくれます。

サイトからの登録数 求人情報数
1,569件30,609件

>>プロの裏情報:dodaは営業力が強いので職務経歴書・面接の通過率が上がります。必ず登録

      doda     

>>doda公式HP

リクルート
案件総数・内定決定率No.1

転職したいけど転職活動の始め方がわかならい20代に強くオススメの転職エージェント

案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。信頼による非公開求人10万件以上の保有し、転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントに無料登録して経験豊富な転職エージェントと面談をするだけでも価値がある。

サイトからの登録数 求人情報数
1,354件29,866件

   リクルートエージェント  

パソナキャリア
初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

初めての転職の情報収集で必要。満足度の高い専任転職エージェントが無料でサポート

初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはパソナキャリアの登録をおすすめします。また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、転職の情報収集を初めて行う方にもオススメです。

サイトからの登録数 求人情報数
1,211件11,027件

    パソナキャリア   

マイナビエージェント
20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ

第2新卒・20代大卒の転職希望者は必ず登録。

マイナビエージェント」は、とにかく20代の転職支援に力を入れています。20代を積極採用している企業の情報を豊富に持っていたり、転職が初めての人でも丁寧に業界情報や面接対策を行ってくれるので、20代であれば登録をしておきましょう。

サイトからの登録数 求人情報数
1,101件24,009件

  マイナビエージェント  

JAC Recruitment
ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント

20歳〜50歳×年収600万円以上。ハイクラスと海外求人あり。

JAC Recruitmentは20~50歳の「ハイキャリア層(年収600万円以上)」をターゲットにしており、現在の年収が600万円以上あるなら年収300万円以上UPも可能。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

サイトからの登録数 求人情報数
970件7,176件

   JAC Recruitment