転職に成功する人が実践している転職成功のポイントを大公開

転職に成功する人が実践している転職成功のポイントを大公開!

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

転職に失敗する人と成功する人の違いってご存知ですか?転職に成功する人は何か特別な転職方法を使っているのでしょうか?

いいえ、何一つ特別なことをする必要はないのです。転職に成功する人が実践していることとは転職活動の過程でちょっとしたポイントを一つ一つおさえていっているだけなのです。

今回は転職に成功する人が実際に押さえているポイントを以下の4つの段階に分けてそれぞれお伝えします。

  • 転職の事前準備
  • 企業選び
  • 面接
  • 内定後の注意点・ポイント

このページを読んで事前に転職活動のポイントを知ることで、確実に一歩一歩転職成功に向けて進んでください。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職に成功するためのポイント①:転職の事前準備

転職に成功する人はまず、転職活動を始める準備から入念に行います。

転職活動を始める前に、転職活動を始めるタイミング、転職理由や転職の条件を改めて振り返り整理してから計画的に転職活動を始めましょう。

転職活動は退職前に行う

転職活動は退職前に行う方が有利に働くことがあり、また気持ちの面でも余裕を持って転職活動に臨めるのでオススメです。

この理由は以下の2つです。

1,会社の人事は退職後の空白期間をみている
2,仕事が決まらない期間が長引くと資金的にも焦りが強くなる

1,会社の人事は退職後の空白期間をみている

転職活動をするからと安易に会社を辞めてしまい、内定が出ない期間が続いてしまうと、会社の人事からは『空白の期間』と厳しくマイナス評価を受けてしまいます。

空白期間に関して具体的な理由が説明できれば問題はありませんが、基本的には「退職後の空白の期間を作らないこと=退職前に転職活動を行うこと」を転職成功に向けての最初の1歩です。

2,仕事が決まらない期間が長引くと資金的にも焦りが強くなる

転職活動には交通費や転職活動期間の生活費など何かと出費がつきものです。退職後転職が決まらないと貯金が減っていき精神的に追い詰められてしまい、安易に「どこでも良いので決まった会社に入社しよう」と考えてしまいます。

また、失業保険が貰えるからと思っていても、自己都合で退社してしまうと3ヶ月間は失業給付金を受け取れず、収入がゼロの状況が続くことになってしまいます。

以上のことから、金銭的な不安を抱えなくて済むよう、基本的に転職活動は退職前に行うことをオススメします。

自己分析は客観視を意識

転職活動において評価は企業側が行うので、『自分がやりたい事、自分が目指したい事』に加えて企業の採用側が何を評価すべきか客観視する事が必要です。

転職活動と就職活動を比較した際に、採用側が一番厳しくチェックしていることは『即戦力』になり得るかどうかとも言われています。

例えばよくある事例としては『自己の市場価値を高く設定してしまう』『大企業にいたから大丈夫』等、在籍している企業目線で自己評価してしまうと、転職活動に失敗する可能性が高くなってしまいます。

転職において会社は採用後すぐに結果を出す『即戦力』となる転職者を求めています。

どのような資格を持っているかやどんな企業に在籍していたかというよりも、あなたの実績や経験などをベースにアピールすることが重要になってきます。

即戦力としての自己アピール

最近求職者から良くある質問としては『それでは転職者どのように即戦力表現し、職務経歴書や面接に望めば良いのでしょうか?』です。

この答えとしては、転職活動のPRでは『再現性』を出すことです。

要は転職前に出せていた成果を、転職後も同じパフォーマンスで再現できますか?という部分を対策する事が必要です。

具体的には『転職において再現性を出す自己PR作成』を一読しておくことをオススメします。

転職の面接における自己PRの完璧な形ってわかりますか?そこを目指してあなたも面接前の準備をすると面接の通過率が劇的に上昇します。転職エージェントの社長が、転職面接で受かるための自己PRに再現性をもたせる方法をお教えします。

転職理由を明確にすること

転職する理由・目的を明確にすることで理想的な職場を簡単に探すことができ、転職活動を有利に進めることができます。

1, 退職理由は次の職場を選ぶ重要な判断基準になる
2, 転職の目標を達成できる

1, 退職理由は次の職場を選ぶ重要な判断基準になる

退職理由とは現職で特に不満だったことで、退職する決意につながったことです。

退職理由が曖昧なまま転職活動を行ってしまうと、前職と同様に不満を持つ職場を選択してしまいまい、早期退職に繋がってしまう可能性があります。

転職する際は現職で何が不満なのかを明確にし、『あなたが譲れない転職の軸』を基準を持ち転職活動を進めていきましょう。

2, 転職の目標を達成できる

「転職の目的=自身の将来像」を明確にすることでその目的から逆算して考え転職先を考えることができます。

例えば、年収は○○万円以上、残業○○時間以内(前職では残業が多く家族の時間が十分に取れなかった為)、○○業界(スキルアップとキャリア形成の為、IT業界がマスト)等、目標を具体的に作っておくことをオススメしておきます。

譲れないポイント・妥協点を決めておく

転職活動を行う前に「必ず叶えたい条件」と「妥協点」を決めておくと転職成功へ一歩近づきます。

転職で成功するポイントの一つとして、一貫性を持って企業選びを行うことが重要です

求人を探していると綺麗なオフィスやユニークな福利厚生がある職場など、魅力的な条件に目を取られ転職の軸を見失ってしまう方も少なくありません。

しかし、「叶えたい条件」と「妥協点」を設定できていれば企業選びをスムーズに行うことができ、入社後に「他の会社にしておけばよかった」などの後悔せずに済みます。

また、転職活動の叶えたい条件と妥協点を決めておくことで、職務経歴書や面接で自身の考えを上手く伝える事ができるので、事前に決めておくことをオススメします。

転職に成功するためのポイント②:企業選び

転職先の企業選びは慎重に行う必要があります。

転職先の企業は複数の候補をあげ、それぞれの企業に関する情報収集を徹底的に行い、あなたに合った転職先を探しましょう。

応募企業を一社に絞らない

転職したい企業が明確な方ほど第一志望の企業を受ける前に面接に慣れる為、複数の企業を応募することをお勧めします。

また、複数企業を受けることで、1つの企業から内定を取れなかった際のリスクを減らすことができます。

1, 面接になれることが出来る

対話力に自信がある方でも初回の面接では緊張のため本来の力を出し切れないということも多く、実際の面接で経験を重ねることで改善され内定に近づくことができます。

第一志望の企業を受ける前に複数の企業で面接を受け、慣れておくことで第一志望の企業の転職面接で本来の力を発揮しやすくなります。

2, 精神面的にも余裕が生まれる

一般的に、書類選考率は25%程度、そのあとの一次面接通過率も25%程度と言われています。もし1つの企業に絞って転職先を探してしまうと、その企業に落ちた時に後がなくなってしまします。

精神的に余裕を持って転職活動を進めるためにも、複数の企業に応募しておくことをおすすめします。

情報収集は徹底的にする

「大手だから」「聞いたことある会社だから」などとイメージだけで転職先を決めてしまってはのちのち後悔する結果になることが多いです。

「情報不足により面接で低評価を受ける」「自分の希望にあった求人があったのに知らずに妥協してしまう」など情報不足は転職活動の様々な面でマイナスに働いてしまうため、イメージだけで転職先を選ぶのではなく、情報収集は徹底的にしましょう。

事業内容/企業の特色

転職先を選択する際には、産業分類における業種だけでなくその会社が本質的に」何をしているかを理解することが重要です。

1つの業界の中でもそれぞれの会社でどこに強みを持っているか、どのようなサービスをしているかは異なります。

事業内容や企業の特色は転職先の企業選びの基本ではありますが、とても重要なポイントです。

自分のキャリアとの共通点

先ほども申し上げた通り転職採用において、企業側は『即戦力』となる人材を求めています。

自身のキャリアと企業の業務との共通点をアピールすることで、企業側から『即戦力となる人材』と判断され、転職活動を有利に進めることが出来ます。

企業選びをする際は、自身のキャリアとの共通点を整理しておきましょう。

仕事のレベル

入社していない段階で仕事内容の詳細や求められる仕事のレベルを知るのは困難ですが、転職希望先の企業の現在の状況によって業務のレベル判断できるため、まず求人の背景が「欠員」か「増員」かを判断しましょう。

「欠員」の場合、企業は辞めた方の穴埋めをするためその人と同等もしくは上回る「即戦力」となる人材を求めているため、求められる仕事のレベルは高いでしょう。

一方、「増員」の場合は研修期間が設けられる可能性があり未経験からの転職でも研修やOJTから始められることがあります。

仕事内容と条件

転職先企業を選ぶ際、事業内容から企業を選ぶ方や、自身のキャリアプランに沿って仕事内容から企業を選択するという方も多くいらっしゃいます。

その場合は求人票に書いてある仕事内容だけでなく、その背景にある「求める人物像」や「その仕事内容でのミッション」などを把握しておくことも重要です。

会社の雰囲気・カルチャー

会社の社風やモットーだけでなく、職場の人間関係なども転職先を選ぶ上で重要な要素になります。

入社前から判断することは難しいので、できれば企業を訪れたり、社員の方にお話しを聞く機会があれば理想的です。

また、人間関係やチームワークに関しては人事考課の評価項目を確認するのも一つの手です。個人の業績とチームへの貢献度の評価の比重によって、社員同士の協力の意識の強さを測ることができます。企業ホームページで評価制度や教育制度をチェックしておくのもいいかもしれません。

会社のカルチャーに関しては社長のバックボーンが影響していることも多いです。「社長が営業出身」「○○企業出身」と言った経歴から分かることもあるので、企業サイトのトップメッセージなどにもしっかり目を通しておきましょう。

会社の将来性

会社の将来性については、会社の軸となっている商品の競合優位性について調べると良いでしょう。

競合優位性がなかったり、低かったりする場合は倒産のリスクが考えられますし、他の企業が真似できるような優位性であればその会社の将来性は低いと言えるでしょう。

また、競合優位性だけでなく、会社の販売戦略や業界全体の成長見込みなども重要な判断基準になります。

転職に成功するためのポイント③:面接時はマナーを厳守

転職に成功する人は、会う人全員が面接官だと思って行動しています。

面接官だけでなく、面接官以外の人からも常に見られているという意識で面接時以外の待ち時間でも社会人としてのマナーにのっとった行動しましょう。

例え面接でパフォーマンスを発揮したとしても、『さっき面接に来てた人、受付で態度が悪かった』と面接官に伝わってしまうだけでも、評価が下がってしまうので注意しましょう。

30分前には面接会場入りして最終チェック

面接前には30分ほど前に会場入りして、身だしなみのチェックを行いましょう。

人間の第一印象を決めるのは55%以上が身だしなみと言われていて、もちろん面接官としても第一印象であなたの印象を決めてしまうからです。

よくオススメしているのは、面接会場に30分前に入ってトイレなどの鏡であなたの見え方をチェックすることです。具体的には、髪型は整っているか、服装にだらしない部分はないか、服等にゴミが付いていないか、靴の汚れも念入りに確認しておきましょう。

転職の面接会場についてから面接終了までの一連の流れとマナーについては「合否55%が決まる!面接官のプロが伝えるマナー25選」にまとめていますので、こちらを一読して面接に臨むことをお勧めします。

大手企業2社の面接官も経験している、転職エージェント堀田が合否55%が決まる面接官の視点をお伝えします。実は多くの転職(中途採用)者が面接マナーの対策を行わないのですが、意外に知らないと損をしてしまう情報をまとめました。面接準備で不安がある方は一読ください。

転職に成功するためのポイント④:内定をもらったら終わり!ではない

転職に成功するには内定をもらっても入社日まで気を抜いてはいけません。

入社後に「こんなはずじゃなかった」とならないように内定前に必ず内定通知書に記載したる給料や労働時間の条件を必ずチェックしておく必要があります。

また、気持ちよく転職先での新たな生活をスタートするためにも、今の会社を円満に退社する努力も欠かしてはなりません。

内定承諾前に条件をよくチェックする

採用内定通知書などで採用条件をしっかり確認し、納得した上で内定を承諾するようにしましょう。

事例としては、メールで送られて来たPDFファイルの内定通知書と、郵送されてきた内定通知書では配属先が異なることが発覚して、トラブルになったケースもあります。

また、もちろん給料や残業代についてや、各種手当についてもしっかり確認しておいて入社後「思ったより給料もらえてない!」なんてことがないようにすることも重要です。

退職時は最低限のマナーを心がける

これはマナーの問題なので基本的には”気持ちよく送り出してもらう為に、退職時のマナーを理解し心がけるようにしましょう。

「常識外れな奴だ」と思われたまま退職すると、退職後にも悪い噂も立てられる可能性もあります。

退職の引き継ぎなどマナーに間することは『退職の引き継ぎは何する?挨拶はメールで良い?どんな内容がいいの?』を一読しておきましょう。

退職の引き継ぎの内容や挨拶・メールのタイミングについて聞かれることがあります。具体的に何をしていいかわからない方も多いので、こちらでは例文付きで挨拶メールの内容をお伝えしています。

追記:転職時にブランクが出来る場合の注意事項

退職日と入社日の間が空いてしまう方は、『年金』や『健康保険』に関する手続きを自分でしなければならないので注意しましょう。

退職日を迷った場合は、入社日の翌日をお勧めします。

退職に関して悩みや不安がある場合は『退職手続きってどうやるの?退職前〜退職後までチェックリスト付き!』を一読しておきましょう。

退職の手続きって何すればいいんだろう?と質問される方多いです。退職手続きを難しく感じてしまうのは、会社が行っていた手続きを自ら能動的に行わなければならないことにあります。はじめてでわからない方も多いのでこちらではチェックリスト付きでお伝えします。

まとめ

今回は転職に成功するためのポイントをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

あなたが転職に成功できるかどうかは以上にあげた転職に成功するポイントを一つ一つ確実に押さえていけるがどうかにかかっています。

とはいえ、一人ですべて実践していくことは大変ですし、不安な方は転職エージェントなど無料で利用できる転職のプロなどに相談しながら効率的に転職活動を進めていくのも良いかもしれません。

このページがあなたの転職成功への手助けになることができたら幸いです。


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細