手書き?PC?履歴書の書き方間違えないで!| 転職書類選考の対策

履歴書は手書き?PC?正しい判断基準を詳しく解説します!

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

先日、転職希望者下記の質問を受けました。

履歴書は「手書き作成」か「パソコン作成」か、どちらが印象が良いか教えて下さい。

  • 手書きの方がいい気がするけど字に自信がない。。
  • 時間もないのでパソコン作成にしたいがマイナス評価になるの?
  • パソコン作成しないとパソコンスキルが低いと思われる?

など、履歴書を書くときに、PCだとマイナス評価にならないかと悩む人は意外に多いのです。

今回はそんな悩みをお持ちのあなたに、履歴書の書き方をご説明いたします。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

履歴書の書類選考での役割

基本的には、履歴書は書類選考には使われません。

履歴書は本人確認や人事が確認する情報として、内定した後に保管するための用途です。

しかし、書類選考において履歴書は「応募者の第一印象」を決める役割も持っています。顔写真や職歴などで、あなたの第一印象が決まるからです。

あなたの第一印象を決める履歴書は「マイナス評価を避けること」を意識して作成する必要があります。

履歴書は手書きかパソコン、、採用担当者の評価は?

引用:リクナビNEXT

リクナビNEXTのアンケート結果を見てみると、「違いはない」「どちらとも言えない」という採用担当者が全体の約6割を占めていました。

履歴書は手書き or パソコン?その判断基準は?

履歴書は「マイナス評価を避けること」が重要ですが、上記アンケート結果を見てもらうと分かる通り手書き作成かPC作成については正直「どちらでも問題はない」とされています。

しかし、応募企業によってマイナス評価をされるケースもあるので「手書きで書くべきなのか」それとも「パソコン作成でも問題ないのか」次項以降でどれに当てはまるかチェックしていきましょう。

手書きの方が良い企業

手書きの方を好む企業はあなたの筆跡から人柄を鑑みよ疎する傾向があります。

また、誤字がないか漢字の知識を見ているという企業も少なからずあるようです。

1.老舗企業や公庁関係

老舗企業や公庁関係企業は誠意や丁寧さを重んじる傾向にあり、「手書き=誠意」という印象を受ける風潮があります。

また、文字からあなたの「人柄」を推し測ろうと考えていますので、手書きの方が良いでしょう。

2.面接官や役職層の年齢層が高い

年齢の高い方の場合、「履歴書は手書きで書くもの」という認識がまだ強く残っている方も多いので、手書きで書いた方が好印象です。

3.業務で”手書き”がある職種

日常業務の中で手書きでの書類記入、宛名書きなどがある「事務」や「秘書」などの職種の場合、丁寧に書かれた手書きの履歴書が好印象になる場合があります。

パソコンで作成した方が良い企業

パソコンで作成した履歴書を好む企業は、単純に「パソコン作成の方が読みやすい」という意見が多かったです。

また、パソコンスキルを見ている企業も多いようでした。

1.先進的なベンチャー企業や外資系企業

ベンチャー企業や外資系企業の場合「履歴書はパソコン作成するもの」と考えている企業も多いです。

この場合、手書きの履歴書を提出すると「パソコンという便利なツールを使いこなせていない」「非効率的」という印象を与えてしまうため、パソコンで作成した履歴書を送りましょう。

2.提出方法の指定があった場合

求人サイトや自社HP上の求人には、PC経由で履歴書提出を指定される場合があります。

その場合は、指示に従ってPCで作成した履歴書を提出しましょう。

履歴書は手書きとパソコン作成?それぞれのメリット/デメリット

履歴書を手書きする場合とパソコン作成する場合のメリットとデメリットをご説明しますので、履歴書を書く際の判断の参考にしていただければと思います。

手書き作成のメリット/デメリット

手書きの場合文字からあなたの「人柄」が伝わりやすく、また、PCよりも「個性」が出しやすいです。

しかし、手書きの場合、ボールペンで書く必要があり、間違えても修正テープ等使ってはいけません。

PC作成と比べて履歴書作成に時間がかかる上、字体によっては採用担当者にとって読みにくいとマイナス評価を受けてしまう事もあります。

パソコン作成のメリット/デメリット

パソコン作成だと、まず手書きよりも文字は読みやすいです。近年ではWeb上のでテンプレ―トの入手も簡単に出来ますので、それらの使用により履歴書の作成時間の短縮も可能です。

しかし、前述にあったような「手書き=誠意」といった認識があり、手書き作成を好む企業であった場合パソコン作成はマイナス評価です。

まとめ

今回は履歴書の作成方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

採用担当者へのアンケートを見てみると、どちらでも問題はないと答えた方が6割、その他4割の採用担当者の中で3割は手書きを好むという結果が出ています。

上記のパソコン作成の方が良い企業に当てはまらず、また指定がなく悩んだ場合には、手書きの方がマイナス評価を避けることができるでしょう。

引用:リクナビNEXT

事実、リクナビNEXTの調査結果転職成功者の多くは手書きで履歴書を作成していたというデータが出ています。

履歴書は第一印象を左右する書類なので、他の項目やマナーについて不安をお持ちの方は【転職 履歴書】書類選考はコツと印象!面接官が直伝する8ステップ を参考にして履歴書を作成してくださいね。

< 書類選考に強いエージェント2選 >

最後に、私たちが転職の職務経歴書等の書類選考に強いと考える、大手転職エージェントをオススメします。

リクルートエージェント:求人数国内最大規模が特徴
リクルートエージェントは、国内最大手の総合転職エージェントです。もちろん職務履歴書の情報もありましたし、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの指示を集めています。可能性を広げて転職活動をしたい方におすすめです。

 doda:転職者の満足度No1が特徴
dodaは、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内規模No.2の転職エージェントです。職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが素晴らしいと評判です。提案力・求人数ともにNo.1では無いものの、総じて「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

応募書類の作り込みで書類選考の通過率、内定獲得率は大きく変わってきます。あなたは職務経歴書の作成なんて人生に2-3回作れば良い方ですが、私たちは年間に数百件の職務経歴書作成のサポートをしているのです。差が出て当然なので、是非お気軽に私たちのような転職エージェントにご相談ください。

リクルートエージェント:求人数国内最大規模が特徴
 doda:転職者の満足度No1が特徴