女性が転職してワークライフバランスを実現するためのポイント3つ

女性が転職してワークライフバランスを実現するためのポイント3つ

アパレル 履歴書 転職 写真

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

近年、女性の転職者で「ワークライフバランスを重要ししたい」といった相談が増えてきました。

特に家庭がある女性にとっては「ワークライフバランス」は転職においてとても重要な判断ポイントの一つですよね。

「ワーク」優先しすぎてプライベートな時間が取れないのはもちろんのこと、「ライフ」を重要視しすぎて、仕事の効率や仕事量が落ちるようでは、あなたにとっても会社にとっても不利益を及ぼすばかりになってしまいます。

女性が転職で「プライベートが充実し、仕事の効率も上がる」といった、私生活と仕事の相乗的に充実させるワークライフバランスを実現させるためには?

今回は女性がワークライフバランスを実現する転職のポイントと、ワークライフバランスを重視した転職の成功方法を解説していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、ワークとライフ、つまり仕事と生活(プライベート)の両方のバランスを取ることで、両方の時間がより良くなるように目指すことです。

仕事をする上でプライベートも充実できるように働き方を見直そうという、日本政府の”働き方改革”からこの名称が広く世に伝わりました。

女性の転職理由で最も多いのはワークライフバランスの実現

厚生労働省の「平成29年雇用動向調査結果の概況」によると、女性の転職理由として「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」というワークライフバランスに関する不満が最も多い14.7%を占めており、前年度よりもその割合は上昇していました。

厚生労働省のデータから見ても、ワークライフバランスに対する女性の意識は年々高まっていると言えます。

女性が転職でワークライフバランスを実現するポイント4つ

女性が転職でワークライフバランスを実現するために、転職先を選ぶ際に判断基準にしてほしいポイントは以下の4つです。

  • 残業時間を確認
  • 制度の充実度
  • 既婚率
  • 厚生労働省の認定企業

残業時間を確認

女性がワークライフバランスの実現を目的に転職する際に最も気になるのが残業時間かと思います。ワークライフバランスを重要視したい女性にとって残業が多い会社はデメリットでしかありません。

しかし、会社情報に残業時間の記載は無いことが多く、希望求人会社に知り合いがいれば聞いて確認するのも良いですし、そうでなければ転職エージェントに聞いてみる、もしくは転職口コミサイトで確認することが大事です。

また、募集要項に「みなし残業」の記載がある場合は注意が必要です。

「みなし残業」とは残業や休日出勤が有る無いに関わらず、一定量の賃金をその分割り増しするという給与の仕組みです。残業の有無にかかわらず給与にみなし残業分がプラスされているのは一見得した気がしますが、時間割で計算してみると「金額のわりに残業が多かった」という場合が多いので、注意が必要です。

ワークライフバランスを重要視する女性には、給与に反映されない残業は精神的に辛くなるのでしっかりと見極めることが大事です。

制度の充実度

近年はワークライフバランスを重要視する企業が増えてきました。積極的にワークライフバランスに取り組んでいる企業は福利厚生などの制度が充実しています

制度とは、一般的な「休暇制度」から、「出産・育児休暇」から「在宅勤務制度」「時短勤務制度」「フレックス制度」など企業によってさまざまあります。

こういった制度充実もワークライフバランスの取りやすさに直結してきますし、ワークライフバランスを重要視している企業ということでもあります。また、これらの制度の取得率なども口コミや、転職エージェントに積極的に聞いて調べてみることをお勧めします。

既婚率

既婚率はワークライフバランスの重要視する女性にとって転職先に良い企業かどうか判断するのに重要な判断材料になる項目です。

既婚率とは、その企業に勤めている方の結婚している割合のことですが、既婚者が多い企業というのは妻帯者や子供のいる家庭持ちの方が多くいるいうことで、家庭生活を維持するのに無理のない仕事量でワークライフバランスを保てている可能性が高いという指針になります。

また、結婚を継続できていることは、パートナーがその企業に勤めることを良しとしているということですし、子供がいる方は子供の都合での勤務時間や休暇が取得できているということになりますので、ワークライフバランスを大事にできる企業といえるでしょう。

厚生労働省の認定企業

厚生労働省による認定企業に注目するのもポイントです。

  • 若者雇用促進法→ユースエール認定制度
  • 女性活躍推進法→えるぼし認定制度、プラチナえるぼし認定制度
  • 次世代育成支援対策推進法→くるみん認定制度、プラチナくるみん認定制度

ユースエール認定を受けるには前事業年度の残業時間が月平均20時間以下かつ月平均60時間以上の残業をしている正社員が一人もいないことが条件であったり、くるみん認定された企業は子育てサポートが充実しているという基準になりますので、女性も働きやす環境が整っている目安になります。

女性がワークライフバランス重視の転職をする際の注意点

女性がワークライフバランス重視の転職をする際に気を付けてほしいのは、ワークライフバランスを優先して安易に職種や業種を変えないようにするということです。

転職を考える際にワークライフバランスのために、今まで培ってきた職種をあきらめて職種を変更し一度転職してしまうと、今後その職種では転職できにくいからです。それは、今までのキャリアやスキルを捨てるようなものですし、もし好きでその職種で働いてきた方は、やっぱり戻りたいと思ったときに後悔することになりかねません。

例えば、バリバリの営業やエンジニア職の方が、事務職や経理に就いた場合、今一度、前職のようなことがやりたくなっても、ブランクがあれば情報や技術に遅れがでてきてしまうことを懸念し採用する企業は少ないのが現状です。

女性がワークライフバランスの実現を目的に転職するに職種を変更することを考える場合は、よくよく熟考して決めるようにしましょう。

女性がワークライフバランスを優先する転職を成功させるには

女性がワークライフバランスを重視した転職を成功させるには、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。

転職エージェントは、企業の公式HPや転職サイトには載っていない非公開求人を持っており、企業に関する情報にも精通しています。

また、優秀な転職エージェントは求人票からは読み取れない、実際に働いている人にしかわからないワークライフバランスの実態なども把握しているので、「入社してみたら思っていた会社と違っていた」といった失敗を避けることができます。

女性の転職におすすめの転職エージェント3社

女性の転職におすすめの転職エージェントは以下の3社です。

 登録必須度特徴
パソナキャリア女性の転職に
必須
詳細
リクルート
エージェント
比較するために
必須
詳細
doda比較するために
必須
詳細

それでは各転職エージェントの特色をみてみましょう。

パソナキャリア | 女性の転職には必須

総合転職エージェントの中で『女性活躍』を推進する代表企業

パソナキャリアは、大手転職エージェントの中でも特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナキャリアは『特化型転職エージェント』ではなく総合転職エージェントなので女性の転職特化しているとPRはしていませんが、実は女性の転職で外せない存在です。

パソナキャリアは全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しています。実際に女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

(引用:パソナ公式HP)

希望をすれば、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性の事情について理解をしてくれ安心して相談することができるため、女性に必須の転職エージェントです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1と同時に、社内でも女性が働きやすい環境づくりを進めているようですので、リクルートエージェントでも女性特有の事情に深い理解があるようです。

求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントを活用することが最も賢明な判断です。

また、私が転職を経験した際に担当していただいた女性の転職エージェントさんは、企業の制度について詳しく調べてくれました。

   リクルートエージェント  

doda | 転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

doda画像

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

私が担当していただいた女性の転職エージェントさんは、業界の知識とそれぞれの会社の社内の雰囲気など質問すると必ず調べて教えてくれました。

さらに、doda」は職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。
>>doda-職務経歴書専門<<

      doda     

転職エージェントをフル活用するには

女性が転職活動において転職エージェントをフル活用する方法は「女性が選ぶべき転職エージェント厳選3選と選び方のコツ」にまとめています。

ぜひ参考にされてください。

女性の気持ちをわかってくれる転職エージェントで良いところはないの?と悩んでいませんか? 女性のキャリアは結婚や出産、育児、配偶者の転勤、離婚といった家庭事情など、女性にしか大変さがわからない人生の転勤が沢山あります。女性の気持ちをしっかりと理解してくれて、あなたの希望にマッチする求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶことが重要です。女性だからこそ登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

最後に

今回は女性がワークライフバランスを重視した転職に成功する方法を解説していきましたが、いかがでしたでしょうか。

女性の転職においてワークライフバランスは転職先を選択する際にとても重要なポイントになります。

ワークライフバランスを重要視しない企業に転職してしまっては、ワークライフバランスの実現は遠のきますし、女性は今後の結婚や出産などのライフイベントにも影響を及ぼすことになりかねません。

ワークライフバランスを重視した転職は、転職エージェントを利用して入念な情報収集と転職対策を練った上で行いましょう。

この記事を参考に、女性がワークライフバランスのとれた働きやすい企業への転職に成功できるよう願っています。