女性が転職面接で好印象を与える服装と身だしなみマナーを完全攻略!

女性が転職面接で好印象を与える服装と身だしなみマナーを完全攻略!

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

転職の第一関門である書類審査を突破したら、次は面接です。

女性が意外と転職の面接で悩むのが服装です。

「転職の面接の服装は就活の面接の時と同じで大丈夫?」
「スーツで行くべき?それともビジネスカジュアルの方がいいの?」

女性の転職面接の場合は服装だけでもワンピースなのかスーツか、スーツであればパンツかスカートか。インナーは?メイクや髪型は?選択肢が多い分、悩み出したらキリがないですよね。

女性の転職面接の服装は、転職面接での第一印象を決める重要なポイントです。

実際に、転職面接での服装のマナーが悪いと、その後の質疑応答がきちんとしていても、結局マイナスのイメージが残ってしまうと言う面接官も多いようです。

いざ面接が決まってから慌てなくて済むよう、前もって転職面接に備えて服装マナーの確認をしておきましょう。

女性の転職面接での最適な服装の条件は?
カバンや、アクセサリー、メイク、髪型はどうすればいいのか?

女性の転職面接にふさわしい服装の条件、身だしなみのマナー、やってはいけない服装例など、このページを読めば女性の転職面接で、好印象な服装を完全攻略できるでしょう。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

女性の転職面接に最適な服装とは?

女性の転職面接では、企業側から「私服で来てください」との指定のない限りはスーツで行くのが無難です。

企業側からすると、転職の面接は将来の戦力を選ぶ「商談」の場です。ビジネスマナーでは商談に臨む際には必ずスーツを着用するのが常識ですので、転職面接には女性もスーツを着用するのがよいでしょう。

女性の転職面接にふさわしいスーツの選び方

女性の転職面接にふさわしいスーツをどうやって選べばよいのでしょうか。

色、インナー、柄、スカート丈

転職面接に最適な女性のスーツの条件に関しては下記を参考にしてください。

スーツの色

転職活動するにあたってリクルートスーツのようなブラックやネイビーも良いですが、初々しさが出やすいですし、他と差をつけたい方はグレーベージュもお勧めです。

もしブラックやネイビーを選ぶなら、インナーで淡いピンクやブルーを着用し差をつけるのもよいでしょう。

スーツの柄・デザイン

スーツの柄は女性の場合デザイン性があり豊富ですので迷ってしまうかもしれませんがここはあえて無地がベストでしょう。デザインもシンプルなものがお勧めです。アパレル関連の転職希望の方は別ですが、あまり過度なものは好まれにくい傾向にあります。

また、インナーに関しても、無地なものでピンタックや小さめなフリルがついているものなどが清潔な印象を与えやすいのでベストといえるでしょう。間違ってもビーズなどがついてるものやきらびやかなデザインは避けたほうがよいでしょう。

インナー

インナーに関してはまず第一に清潔さが大事です。シャツの場合はしっかりアイロンをし特に襟周りの汚れがないかチェックしましょう。インナーは基本的に白が良いです。もちろんシャツも白いものも清潔さがでて良いですが、スーツが黒などのダークカラー場合、薄いブルーや薄いピンクもお勧めです。

シャツ以外にもブラウスカットソーインナーもお勧めです。シャツと違って、こなれた感じが出やすくビジネス経験者たる熟練さがでやすいでしょう。

色はブラウスやカットソーの場合は、白がベストでしょう。シャツと違ってすでにこなれた感じが出やすいので清潔さを出すためにも白がお勧めです。

スカート丈

スカート丈は短めも長めもあまりよくありません。着用し、一度座ってみて膝上5㎝がベストです。

また、ビジネスの場では必ずストッキングを着用するのがマナーです。素足は気を遣っていない状態であり失礼と捉えられる場合があります。

面接官の前では座った姿勢が一番見られることを意識しましょう。

パンツスーツとスカート、好印象なのはどっち?

パンツとスカートどちらにしようか迷っている場合はスカートがよいでしょう。女性らしさがでやすく事務職や受付職でしたらなお、好印象を与えやすいでしょう。逆にパンツスタイルは、営業職等の場合に活発さを与え好印象を与えやすいといえます。ですので、ご自身の転職希望先に合わせて選ぶとよいでしょう。

転職面接にリクルートスーツはNG?

転職活動をなさる方でしたら新卒時に使用したリクルートスーツをお持ちの方も多いと思います。ですが、リクルートスーツは転職時はNGと言われたりもします。

なぜなら、リクルートスーツはデザインもごくシンプルでフレッシュさが出やすいといえます。転職者にフレッシュさがあるのは好印象を与えません。それは、経験のない頼りなさが前面にでてしまうためです。

リクルートスーツを着用するとしたら20~30代前後までと思っていたほうがよいでしょう。リクルートスーツを使う方は、一度試着しデザインや汚れがないか確認し、クリーニングに出してから使用することをオススメします。また、インナーを白シャツではなくカットソーやブラウスにするなどの変化が必要だと思っておきましょう。

女性の転職面接に最適なカバンの選び方

転職面接のカバン選びですが、絶対条件として、A4サイズがが入ること、黒が基本のシックなカバンであることです。間違ってもブランド品や、過度なデザインがあるもの、リュックは避けましょう。

面接時に華美なものは、良い印象を与えません。万人に好かれやすい、ベーシックなものを心がけましょう。また、バッグの中身は見えてしまうこともあるので、事前に整理整頓したか確認しておきましょう

転職面接に持っていくものに悩んだら

転職面接に持っていくものに悩んだら「転職面接で絶対に持ち物で困らない!持ち物18選」のチェックリストを確認して、当日忘れ物をして困らないよう準備をしておきましょう。

こんにちは、今回は必要な持ち物を忘れてしまって不合格になる中途採用者(転職者)も意外に多いため、必要な持ち物18選をまとめました。また、大手企業2社で採用担当(面接官)も経験している転職エージェント堀田の視点も取り入れましたので、この記事を読んでしっかりと対策を行なっていきましょう。

転職面接での女性の身だしなみポイント

女性の転職面接では服装以外に気を付けなければならない身だしなみのポイントがあります。

メイクやネイル

女性ならメイクやネイルに気を配っている方も多いとおもいます。いざ転職面接にはどういったものが良いのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そこでまず大事なのは、清潔さとシンプルさです。メイクはナチュラルを意識しましょう。基本的に派手なもはNGですので、濃いアイメイク派手な口紅絶対やめましょう

また、ネイルは何もせずとも綺麗にカットされてあれば大丈夫です。もしネイルをなさりたい方はクリアやヌディーカラーのシンプルなものなら手先が綺麗にみえてよいでしょう。どちらにせよ長すぎるものはNGですので気を付けましょう。

髪型・髪色

以前の会社では髪型が自由だったとしても、転職面接時には髪を黒く染めましょう。髪が茶色いだけで落とされる場合もあります。

また、髪型は肩にかかる長さの場合は結ぶのが原則です。前髪は顔にかからないようにピン止めしましょう。髪を結ぶ場合は、結ぶ位置が高めだったり、結び方をアレンジしたりするのはやめましょう。

アクセサリー

アクセサリーは女性ならネックレスやピアスなど、さまざまなものをお持ちかもしれませんが、転職面接時はすべて外しましょう外さなくて良いのは結婚指輪だけです。どんなにシンプルなものでもアクセサリー類は着用しないほうが無難です。

また、逆に腕時計はつけていくほうが良いでしょう。ビジネスマンらしく見えますので、シンプルなものを着用していくことをお勧めします。

転職面接の際の靴はヒールの高さが3〜5センチのパンプスが基本です。

色は基本黒ですが、スーツやカバンに合わせて茶色やベージュでも良いです。

形は先の尖りすぎていないもので、ピンヒールや装飾があるもの、爪先が出るものは避けましょう。

また面接では足元まで見られています。目立つ汚れや傷は印象を悪くしてしまうことがあるので、事前に入念にチェックしておきましょう。

転職面接で私服の指定があった場合

転職活動中、応募した企業先から、「面接には私服でお越しください。」と指定される場合があります。

企業側からこのような指定がある場合は、私服ということで悩む方も多いとおもいますが、「オフィスカジュアル」または「ビジネスカジュアル」でいきましょう。間違っても普段のデニムにTシャツなどではいけません。

では

どういったものかというと、ビジネススーツの少し肩をぬいたような服装です。具体的には、ベーシックなインナーにジャケット、カジュアルスカートを合わせましょう。パンツスタイルも良いですが基本的にはスカートがベストです。この場合タイトスカートでなくプリーツスカートやフレアスカートも女性らしい良い印象を与えやすいので良いでしょう。

また、私服でという指定がある場合は、企業側としては社風に合った人物かどうかを判断したいという意図もあります。ですので、SNSやHPを参考にして企業先社員がどんな服装で仕事をしているのか、あらかじめ確認しておきましょう。

【年代別】女性の転職面接で好印象な服装のポイント

前項までが女性の転職面接で好印象な服装や身だしなみのポイントになりますが、年代に合っていない服装をしてしまうと違和感を感じ印象を悪くしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

年代別にそれぞれに適した面接の服装のポイントを解説していきます。

20代:20代前半はリクルートスーツも可!フレッシュ感とこなれ感のバランスが大事!

リクルートスーツは転職面接にはおすすめできないと解説ましたが、20代前半の場合はリクルートスーツでも構いません。その場合はインナーを色味のあるものに変えてこなれ感をプラスすると良いでしょう。

また、ある程度社会人経験を積んでいる20代後半になるとリクルートスーツは頼りなさを感じる場合があるのでビジネススーツの着用をおすすめします。

30代:20代よりも落ち着いた印象が重要!

30代女性の転職では即戦力となれる人材が求められており、リクルートスーツだと頼りない印象になってしまい即戦力にふさわしくない印象を与えてしまいがちです。

スーツの色もネイビーやチャコールグレーなどの落ち着いたビジネススーツだと年相応ですし、女性らしさと仕事ができる印象を演出できて良いでしょう。

40代:サイズ感が重要!清潔感を第一優先!

40代女性の転職の服装は、まず体型に合ったスーツを選ぶことが重要です。また、清潔感があり年相応の雰囲気のものを選ぶことで転職面接でも好印象を与えることができるでしょう。

スーツの色は黒やネイビー、グレー、ブラウンなど落ち着いた色味がおすすめです。

20代の頃に着ていたスーツがあったとしても体型になっていないかったり、当時の流行り色が強いものだと古臭い印象になったりスーツを着なれていない印象になるので40代の転職では避けた方が良いでしょう。

女性の転職面接でNGな服装

女性の転職面接で絶対に避けたい服装は以下の4つです。

  • サイズの合っていない服装
  • 個性が強すぎるもの
  • 過度な露出
  • 目立つブランド品

サイズの合っていない服装

転職面接では、第一に清潔さが大事です。ですので、体に合わないきつすぎるものや、大きすぎてぶかぶかなものは避けましょう。しっかりとしたビジネス経験が無いと判断されかねません。以前着たものが合わない場合は、買いなおすことをお勧めします。

個性が強すぎるもの

良いスーツを着ようと高価なスーツやアクセサリーを身に着けたいのも良くわかりますが、過度なデザインやブランド品だとわかるものは避けましょう。面接官にはそういったものが嫌いな方も多くいます。万人に好かれやすいベーシックなものを心がけましょう。

過度な露出

女性の場合、女性らしさを武器にしようと、極端に短いスカートや胸元があらわな服などを考える方もいらっしゃるかもしれませんが、こういったものはNGです。あくまでも面接ですので、清潔さを大事にしましょう。

目立つブランド品

社会人の方でしたら、すでにバックや時計にお金をかけてブランド品をお持ちの方もいっらしゃると思います。そこで、いざ転職面接に使用する方もいるかもしれませんが、これはNGです。

面接官によっては嫌悪感を抱く方もいます。面接官に見えるようなブランドロゴが入ったものや、すぐにブランド品だとわかるデザインのものは使用しないようにしましょう。面接官に不快感を与えかねませんので気をつけましょう。

まとめ

以上、女性の転職面接に最適な服装について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

転職面接での服装はあなたの第一印象を決める重要なポイントです。直接合否に関わらないとしても、第一印象が好印象だと、多少面接の質疑応答がうまくいかなくてもマイナスイメージが残りにくいものです。

この記事を参考に転職面接に臨む女性が準備を万全にして当日の面接に臨んでいただけると幸いです。

知っておきたいその他の転職面接のマナー

服装だけでなく、転職面接には意外と知らない人も多いマナーがあります。

合否55%が決まる!面接官のプロが伝えるマナー25選」を読んで、自信をもって転職面接に臨んでくださいね。

大手企業2社の面接官も経験している、転職エージェント堀田が合否55%が決まる面接官の視点をお伝えします。実は多くの転職(中途採用)者が面接マナーの対策を行わないのですが、意外に知らないと損をしてしまう情報をまとめました。面接準備で不安がある方は一読ください。