職務経歴書の志望動機で書類選考は決まる!3ステップで攻略せよ

職務経歴書の志望動機で書類選考は決まる!3ステップで攻略せよ

こんにちは、株式会社Youth Planet-編集部です。

今回は「職務経歴書の志望動機」について、質問を頂きました。

面接官から見た志望動機のポイントを教えていただけますか?

また、履歴書にも志望動機を記載していますが、職務経歴書には志望動機を書いた方が良いですか?

  1. 志望動機の書き方に不安がある
  2. 書類選考が通過しない

これまで多くの転職者のサポートをしてきた中で、上記の職務経歴書の志望動機について多くの質問を受けてきました。

そこで、今回はメガバンクと大手IT会社の面接官を経験してきた 転職エージェント堀田の職務経歴書の志望動機のコツとノウハウをまとめていきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

職務経歴書に志望動機が必要な理由

多くの企業は職務経歴書で足切りをしています。

職務経歴書の目的と用途は「書類選考の判断基準・面接の質問の参考」ですので、十分に職務経歴書を作り込むことで、書類選考・面接通過率は圧倒的に上がるのです。

< 堀田のアドバイス >
1年前に、私の中学時代の友人が異業界への転職活動を始めた際に、自分で応募書類(履歴書・職務経歴書)を作成して、13社に書類を提出したところ、たったの3社しか書類選考が通過せず、内定は1つも取れませんでした。しかし、その後彼は私のところに転職相談にきて、応募書類(履歴書・職務経歴書)を一緒に作り変えたところ、6社中5社の書類選考に通過し、上場企業を含む2社から内定を獲得したのです。

職務経歴書は書類選考の合否に関わる

書類選考で合否に関わるのは職務経歴書です。

履歴書は基本情報の確認としての目的ですので、選考に関わる志望動機は職務経歴書に記載して、面接官から「話を聞いてみたいな」と思わせることが重要です。

職務経歴書は面接の質問の元となる

転職の面接官は職務経歴書にサッと目を通し面接を行います。

面接で質問して欲しいことを職務経歴書に記載することで、面接を有利に進めることができます。

職務経歴書と履歴書の志望動機がかぶる、、対策は?

職務経歴書と履歴書の志望動機の内容は同じもので問題ありません。

職務経歴書に詳細を書いてその要約を履歴書に書いても良いです。

また、履歴書の志望動機はあまり重要視されないので「職務経歴書に別記」と書いても良いでしょう。

職務経歴書の志望動機は3ステップで作成!

志望動機のコツは①企業に惹かれていること →  ②事業・ポジションに惹かれていること → ③貢献できる根拠の流れで組み立てることです。

流れ 志望動機例:コンテンツSEOディレクター
 1. 企業に惹かれていること前職では地域コンテンツマーケティングの経験があり、当時から貴社の一貫したマーケティングに基づいたビジネスには魅力を感じておりました。
 2. 事業・ポジションに惹かれていること地域コンテンツマーケティング職として3年間勤務してきましたが、より広いフィールドで頑張りたいと考えておりましたところ、今回、貴社のコンテンツSEOディレクターを拝見しまして、「自分もこんな環境で挑戦してみたい」と転職を決意致しました。
3. 貢献できる根拠地域コンテンツマーケティングでは主に商品開発と集客で高い成果を出しており、今回のポジションで貢献できると考えております。コンテンツSEOディレクターの職務は未経験ですが、必要とされるであろう情報収集力、チームを導いていくマジメント力、KPIの改善力、自分の頭で考える思考力は持ちあわせていると自負しております。

1. 企業に惹かれていること

志望動機はあなた自身の人生経験に紐づけて企業を選んだ理由を書くことで、採用担当者や面接官との距離がグッと近づくことができます。

 1. 企業に惹かれていること前職では地域コンテンツマーケティングの経験があり、当時から貴社の一貫したマーケティングに基づいたビジネスには魅力を感じておりました。

2. 事業・ポジションに惹かれていること

ここでは「現在の仕事では満たされない、あなたのやりたい仕事」がある事を書きましょう。その内容が志望理由に繋がります。

 2. 事業・ポジションに惹かれていること地域コンテンツマーケティング職として3年間勤務してきましたが、より広いフィールドで頑張りたいと考えておりましたところ、今回、貴社のコンテンツSEOディレクターを拝見しまして、「自分もこんな環境で挑戦してみたい」と転職を決意致しました。

3. 貢献の根拠

何度も言いますが「転職=即戦力」です。

あなたが「現職で身につけた、あなたの強み」が活きることをPRしてください。

3. 貢献できる根拠地域コンテンツマーケティングでは主に商品開発と集客で高い成果を出しており、今回のポジションで貢献できると考えております。コンテンツSEOディレクターの職務は未経験ですが、必要とされるであろう情報収集力、チームを導いていくマジメント力、KPIの改善力、自分の頭で考える思考力は持ちあわせていると自負しております。

職務経歴書の志望動機の書く順番は?文字数は?

細かいことですが、職務経歴書の作成の際に悩みがちな「志望動機の書く順番」「志望動機の最適な文字数」についても解説しておきますね。

志望動機の順番

職務経歴書は基本的に形式は自由なので、書く順番も決まりはありません。

ただ、一般的な順番は以下の通りです。

職歴

志望動機or自己PR

志望動機の最適な文字数

職務経歴書の志望動機は文字数が多ければ良いというわけではありません。

志望動機の最適な文字数は大体300文字前後です。

短すぎると雑に感じられますし、長すぎると読みづらいし要点が伝わりづらくなります。

簡潔かつ採用担当者の目線から、知りたい内容が網羅されている文章を目指しましょう。

採用担当の職務経歴書の志望動機に対する目線

採用担当者の職務経歴書の志望動機のチェックポイントは以下の2点です。

  1. 企業とのマッチ度合い
  2. 貢献の根拠

前項でもお伝えしましたが①企業に惹かれていること →  ②事業・ポジションに惹かれていること → ③貢献できる根拠の流れで志望動機を組み立てると、「もっと話を聞いて見たい!」と思われ通過する確率が高まります。

さらに、「即戦力PR」「文字数」を押さえるだけであなたの職務経歴書は採用担当者の目に留まりやすくなります。

採用担当者の目に留まる|即戦力PR

さらに、「即戦力として何がしたいか」というポイントを盛り込むとさらに通過率が上がります。

 2. 事業・ポジションに惹かれていること地域コンテンツマーケティング職として3年間勤務してきましたが、より広いフィールドで頑張りたいと考えておりましたところ、今回、貴社のコンテンツSEOディレクターを拝見しまして、「自分もこんな環境で挑戦してみたい」と転職を決意致しました。

即戦力として携わりたい職務やポジションをしっかりと伝えることが必要ですが、意外にも多くの転職希望者が出来ていないのです。

採用担当者の目に留まる|文字数

書く文量は200-300字を目安として作成してください。

志望動機は熱意を込めて書きたい内容がたくさんあると思いますが、約200~300文字に収めましょう。

「もっと話を聞いて見たい!」と思ってもらえると書類選考は通過するものです。

まとめ

職務経歴書の志望動機について面接官の視点でコツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

何度も言いますが職務経歴書の目的と用途は「書類選考の判断基準・面接の質問の参考」となります。

何度もお伝えしますが、①企業に惹かれていること →  ②事業・ポジションに惹かれていること → ③貢献できる根拠の流れで志望動機を作成することで通過率がグッと上がります。

< 書類選考に強いエージェント2選 >

最後に、私たちが転職の職務経歴書等の書類選考に強いと考える、大手転職エージェントをオススメします。

リクルートエージェント:求人数国内最大規模が特徴
リクルートエージェントは、国内最大手の総合転職エージェントです。もちろん職務履歴書の情報もありましたし、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの指示を集めています。可能性を広げて転職活動をしたい方におすすめです。

 doda:転職者の満足度No1が特徴
dodaは、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内規模No.2の転職エージェントです。職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが素晴らしいと評判です。提案力・求人数ともにNo.1では無いものの、総じて「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

応募書類の作り込みで書類選考の通過率、内定獲得率は大きく変わってきます。あなたは職務経歴書の作成なんて人生に2-3回作れば良い方ですが、私たちは年間に数百件の職務経歴書作成のサポートをしているのです。差が出て当然なので、是非お気軽に私たちのような転職エージェントにご相談ください。

リクルートエージェント:求人数国内最大規模が特徴
 doda:転職者の満足度No1が特徴