20代が初めての転職で失敗しがちなこと【注意】

20代が初めての転職で失敗しがちなこと【注意】

こんにちは、株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

現在、転職市場で20代の若手層に対する需要は非常に高いです。具体的に、入社3年未満の人は第二新卒として未経験の業種・職種の採用が活発に行われています。

また、20代後半になると未経験採用枠だけでなく、大幅なキャリア採用も行われている為年収アップできる転職も増えているのでかなり有利です。

しかしそんな20代の転職ですが、全ての人が転職を成功させていることができているわけではなく、転職で内定をもらえず仕事を嫌々続けたり、内定をもらっても転職先の環境が悪くて後悔の念を持ちつつ我慢して働くことも少なくはありません。

「初めての転職は怖いな・・・でも、今の仕事違う気がする」「早く転職したい」でも初めての転職で失敗したくない!とモヤモヤされている方も多いでしょう。

これは、転職エージェントも企業も教えてくれませんが、モヤモヤを解消してキャリアを積んでいくためには、長期的なキャリアを考えて転職活動をしていく必要があるのです。

この記事では、初めての転職について(特に20代の転職に焦点を当てて)20代の転職事情や、初めての転職で失敗する人の事例、20代で転職を成功させる転職方法をご紹介していきます。


<2019年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
11月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※11月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

初めての転職で失敗しない為に必要なこと

20代の初めての転職で失敗しない為は、あなたがどういうキャリアを積んでいくかを考える必要があります。

キャリアとは、経歴や職歴と一般的に言われていますが、20代の転職においては『利益に繋げられる力』と捉えると考えやすくなります。

初めての転職でキャリアを意識せず、キャリアに失敗してしまう人の多くは、以下の2つのケースに当てはまる場合が多いです。

1, 20代のキャリアに一貫性がない
2, 20代で1つの仕事しか経験していない

—1, 職歴に一貫性がない

職歴に一貫性がない

20代に”なんとなく”転職を繰り返し続けると、職歴に一貫性がなくなります。

例えば、スキルマッチングの部分(マネジメント等)で一貫性が出せれば問題ありませんが、平社員として職歴に一貫性がなければ、30代で年齢に合った強みがない為人生苦労してしまいます。

—2, 1つの仕事しか経験していない

20代で1つの仕事しか経験していない

20代に1つの会社で1つの仕事しか経験できなかった場合、30代からはマネジメントができないから採用できない、営業しかできないなら20代でこれから伸びる人材を採用していきたいと、企業側から必要とされないことが多いです。

20代が転職後失敗したと感じる-3つの事例

20代の転職で失敗したと感じるのは、なんとなく転職をしてしまって、転職後失敗したと感じて転職を繰り返してしまうケースが多いです。

特に20代で転職を繰り返してしまう方の多くは、以下の3つの事例で転職後失敗したと感じてしまうそうです。

1, 仕事、会社とのミスマッチ
2, ブラック企業に転職
3, 前職に戻りたくなる

仕事、会社とのミスマッチ

20代の転職で最も多い失敗は、転職後ミスマッチに気がつくケースです。

想像していた年収や職場環境とは違った、全くやりがいを持てない、労働時間が想像以上より多かった等のミスマッチがあげられます。

せっかく転職をしたのに、転職後に自分にあっていなかったとミスマッチの理由ですぐに辞めてしまう人が少なくありません。

ブラック企業に転職

焦って求人を選んでしまい、せっかく転職したのにブラック企業だったというのもよくあるパターンです。

期待して転職したのに、サービス残業やパワハラ、倒産寸前の会社だったなんてことも実際ありえます。

新卒ではホワイト企業へ入社できたのに、ブラック企業に転職してしまい、なんどもブラック企業へ転職を繰り返してしまうという人が多いです。

前職に戻りたくなる

転職する前は、嫌で嫌で仕方なかったと思っていた仕事も、いざ辞めてみると意外によかったなと気づいてしまうことも多いようです。

自分の経験値に落とし込むことで、比較できるようになり、もう少し働き続けても良かったのでは?と後悔に繋がることもあります。しかし、このパターンは転職後半年もすればなくなるようです。

20代の初めての転職を成功に導くたった1つの転職方法

20代、特に初めての転職を成功に導く転職方法は「転職の専門家である転職エージェントに転職相談を行い、キャリアをどのように積んでいくかを決めてから転職すること」です。

転職エージェントとは、完全無料で転職相談や、非公開求人の紹介、職務経歴書の添削、面接日程調整など転職に関する全てをサポートするサービスです。

※ 注意点としては、多くの転職エージェントはビジネスモデル的に、短期的な視点で見ていないので、内定が出やすい求人しか紹介してこない可能性が高いということです。
特に、大手の転職エージェントでは、1人のエージェントが同時に100人ぐらいサポートする形なので、転職支援の「質」よりも、とにかく求人を大量に紹介してどこか受かれば良いという「量」を優先するエージェントが多いと言われているのです。

長期的な視点でキャリアを考えたい方へ

弊社 株式会社Youth Planet代表-堀田 誠人は、以前は転職市場が活発な海外で大手転職エージェントを経験していましたが、長期的に転職者のキャリアに寄り添えないと感じていました。

そこで、国内で転職エージェントとして(株)Youth Planetを設立し、長期的な視点の転職支援を実現する為、ある転職希望者のキャリアの実現の為に2年間も伴走しました。

その結果、2016年には株式会社リクルートキャリア主催の「グッドエージェント賞2016」にて大将を受賞し、「転職エージェントの質」にこだわりたい!という方から高評価を受けるエージェントです。

仕事選びは、今後の転職に大きな影響を与える為、キャリアを含めた転職相談を希望の方は、堀田 誠人までご連絡ください。

20代の転職方法を徹底分類

20代の転職方法は、以下の3つに分類することができます。

1, 20代で入社1年目の転職方法
2, 20代で第二新卒枠の転職方法
3, 20代後半の転職方法

具体的に、各転職方法について説明していきます。

1, 20代で入社1年目の転職方法

20代で入社1年目の転職を検討するときは、まず転職する前に、今の職場でなんとか頑張れないかを模索することです。

最近転職市場が活発と言われていますが、入社1年目の転職は非常に厳しく、転職先があったとしても大量大量採用をしている企業が多かったりします。

しかし、中には「1年間で3日間しか休みがない…」というブラック企業もあるので、本気で転職をしたければ転職サイトと大手転職エージェントを併用する転職方法がオススメです。大量の求人を集めてどんどん書類選考を行ってください。

–転職サイト

大量の求人確保の為には、『リクナビNEXT』(国内最大級)がオススメです。

–転職エージェント

転職エージェントは第二新卒に特化した求人を保有しているマイナビ ジョブ20’sへ登録をしましょう。

2, 20代で第二新卒枠の転職方法

20代の第二新卒枠の転職では、特に入社3年目以降はどこの企業からも需要がある為、転職エージェントを活用して年収を上げたり、ポストを上げた転職にチャレンジしていきましょう。

20代の第二新卒枠で転職する場合は、質の高いエージェントにキャリア相談することで30代どのように活躍できるか可能性が広がります。

長期的なキャリアを描きたい方は、弊社の転職エージェント堀田に転職相談をオススメします。

>>長期的なキャリア相談はこちらから

また、大手転職エージェントを活用したい場合は、以下の5社から複数者登録して比較し、担当者を絞っていきましょう。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 常時10万件以上の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

3, 20代後半の転職方法

20代後半からの転職は、特にスキルや経験を生かして年収を上げることが可能です。

20代後半からの転職方法は、転職エージェントをより使い分けてキャリアを積むことができるので、「分業型」「両面型」「ヘッドハンティング型」から選んで転職活動を進めましょう。

–分業型

「とりあえず多くの求人を見てみたい」という転職は分業型の転職エージェントを利用していきましょう。

転職エージェントは、転職者側のキャリアコンサルタントを担当するCAと、企業型を担当するRAに別れており、業務を効率的に行えるので、求人の数は大量に保有しています。

一方で、あなたを担当するキャリアコンサルタントの質はバラバラなので、必ず複数社の転職エージェントを比較して下さい。

○ 求人の量がメリット
× キャリアコンサルタント(CA)の質がバラバラ

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

–両面型

「キャリアをさらに積んでいきたい」「年収アップを行いたい」という目的の転職であれば、両面型の転職エージェントを活用して下さい。

両面型は、分業型の転職エージェントに比べると求人数は少なくなります。一方で、企業とのコネクションが強い為、企業のTopや役員とカジュアル面談を組むことも可能ですし、書類選考の通過率もグッと上がります。

また、年収条件等の交渉も力強く行ってくれる為、年収を上げて転職に成功することが可能なのです。

両面型のオススメの転職エージェント

両面型の転職エージェントでは、弊社 転職エージェント 堀田 がスキルマッチングに好評があります。『株式会社 Youth Planet 』の活用もオススメします。

合わせて読みたい事例

>>26歳の転職で年収を200万円上げた話

–ヘッドハンティング型

ヘッドハンティング型は現在の年収が600万円以上の方から利用するとメリットがあります。

2000人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接声をかけてもらうことができる、ヘットハンティング型の転職サービス『 ビズリーチ 』を活用しましょう。(ビズリーチの使い方

初めての転職のQ&Aと事例

弊社に転職相談に来る、初めての転職者で多い質問をQ&A形式にして、まとめてみました。

Q. どの年代の転職相談が多いですか?

20代の転職相談が多いです。

転職市場の求人数は2008年のリーマン・ショック以降、ずっと右肩あがりです。

それにともなって、求職者も増えていて、株式会社Youtu Planetでも年々ご相談が増え続けていますね。

特に20代の転職希望者も増えてきていて、2年前に比べると1.5倍ほどになっています。特に新卒23年目で転職する方は増えてきていますね。

昔は、入社して「3年はガマンしろ」という風潮がありましたが、最近は変わってきています。

13年”という縛りはなくなってきていて、20代前半でも転職理由や目的がはっきりしている方であれば、年齢に関係なく転職を成功しています。

Q. 20代で転職に失敗する転職理由はありますか?

一番失敗する転職理由は「他責思考」の転職理由です。
他責とは、「問題の責任を自分ではなく他社のせいにする」ことです。

「上司がわるい」「会社の方針がよくないから駄目だった」など、転職理由を誰かのせいにしてはいませんか?確かに働いていると自分ではどうしようもないことが、起きることはわかります。

しかし、企業側も採用面接で、他責思考の転職理由だと基本的に不合格になってしまいます。なぜなら、他責思考の人は職場環境を悪化させ、問題を何も改善させることができない人と評価されるからです。

Q. 20代が初めての転職で失敗しがちなことは何ですか?

一番多いのは、次の会社で何をしたいのかはっきりさせないまま、”なんとなく”転職活動を始めることです。(「なんとなく会社の環境が合わない」「なんとなく仕事にやりがいを持てない」)

もちろん、”なんとなく”を具体的に掘り下げていくと、転職したい本質があるのですが、それに気づかずに転職活動を進めてしまうと、どこからの内定は出ませんね。

補足. そんな20代の相談者がきたときは、どうするんですか?

転職理由の棚卸しをします。私たち、転職エージェントの仕事は何が原因で転職をしようと思ったのか、次はどんな会社で働きたいのかなど掘り下げていきます。

転職理由を明確に持っている方でも、掘り下げていくと「人間関係」「成果を認めてもらえない環境」など、次の転職先に必要な要素も出てくることがあります。

そこを明らかにしておかないと、次の転職先でも同じ理由で短期離職をしてしまう可能性があるので、非常に重要なステップです。

Q. 転職における、仕事選びのコツを教えてください

就職活動と同じ感覚で転職活動に望んではいけない、ということですね。

就活では業界や企業のネームバリューなどに引っ張られますが、転職では「自分に何ができるのか」という”仕事内容”が重要になってきます。

正直な話、あまり知られていないけど、キャリアアップに適した会社ってたくさんあるんです。

でも、特に20代の相談者は就活気分のままネームバリューにこだわりすぎて、次の転職も失敗したり、転職後また仕事が合わないと言って短期離職していきます。

Q. 「転職に迷っている」そんな微妙なときも相談だけでも大丈夫ですか?

転職に迷っているときこそ、転職エージェントに相談してください。

転職は単独・自己流で進めるよりも、第三者と対話することが重要です。

1人で進めるとどうしても自分のことばかり考えて、企業のことがよく見えなくなりがちです。

転職エージェントは様々な企業から内部情報を聞いている為、転職市場を十分に把握しています。

例えばスキル・経験が足りていない方が、ピンポイントで「この会社にいきたい」と希望されたときに、「企業のニーズとご希望の仕事内容には、○○の部分でギャップがあるようです。」とアドバイスすることができます。

さらに、希望されている仕事内容に対して、類似した求人や、より希望に近い求人を提案することもでき、相談者の希望をもとに最適な企業を一緒に考え・探すことができるのです。

Q. 転職エージェントの選ぶコツはありますか?

転職エージェントは必ず2~3社を比較してください。

転職エージェントとは言えども、優秀な方もいれば、成績が悪い方もいます。成績が悪い方は正直情報を十分に提供できていない為、相談者は転職に失敗してしまうのです。

車や物件など人生において大きな買い物をするときには、複数の業者に見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入・交渉を進めることが多いですよね。

転職も同様に今後の人生の大きな転機なので、複数の転職エージェントに求人を準備してもらい、一番条件が良い求人・相性の良いエージェント経由で転職を進めていくことがセオリーなんです。

私も、26歳で転職を経験しましたが、大手転職エージェントと呼ばれる5社に登録をして、転職情報を集めましたし、転職後も納得して働くことができました。

Q. 優秀な転職エージェントの見分け方

私が考える優秀な転職エージェントの特徴は以下の3点です。

  1. 連絡スピードが早い
  2. 求人を的確に選んでくれる
  3. 職務経歴書や模擬面接を丁寧にしてくれる

見分け方は、転職エージェントに3~5社一気に登録各エージェントの連絡スピードをチェック求人情報を最適に教えてくれるかチェック職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけなんです。

そして、あなたにマッチした転職エージェントに求人選びから年収交渉までサポートをしてもらうのです。


(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
顧客満足度No.1
丁寧な対応
ノウハウが好評
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
パソナ
キャリア
初めての転職に
必須
サポートが丁寧
非公開求人にも期待が寄せられる。
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の
求人情報が豊富
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
スペシャリスト採用では実績No1
経験を生かせる。

要は転職エージェントには3~5社一気に登録 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックするだけでいいんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが、勝手に転職エージェントが求人を探して、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉までやってくれるんです。
例えば、私が初めて転職をするなら、
doda」「パソナキャリアに必ず登録します。

dodaは営業能力が高いこと、求人数が豊富、職務経歴書を丁寧に添削してくれることがメリットです。

パソナキャリアはとにかく対応が丁寧なので、転職が初めてでも安心して利用できることがメリットです。

さらに、転職に悩んでいる段階であれば、
doda」に登録しておけば間違いはないですね。


doda」は大手転職エージェントの中でも相談や面談の日程の融通が利きやすく、電話での相談から可能なので、転職に迷っている段階で相談だけという方でも利用しやすいです。

Q. 転職エージェントに登録するベストなタイミングはありますか?

登録は今ここで登録すべきです。

これは条件の良い求人確保を行う為ですが、各転職エージェントごとに、職種や時期、応募人数によって応募締め切りも変わってきます。

注意して欲しいのは転職の求人は”不動産”と同じで、条件が良い求人は募集がかかったと思ったらすぐに応募が埋まってしまいます。

ですので、1、優秀な転職エージェントをすぐに選ぶこと、そして2、条件が良い求人を紹介してもらうことが転職において重要な戦略なのです。

(転職は求人を集められるだけ集めて、その中から条件が合えば応募していけばいいのです。)

少しでも転職に悩んでいる方は、今ここで登録してくださいね。

昨日に登録していただけていたら、すごく条件の良い求人をご紹介できたのに・・・と残念に思うことも少なくありません。

もっとやりがいのある仕事、今の環境を変えたい・・・転職を考える理由は色々あると思いますが、転職を成功させる方法はただ1つです。

それは、あなたが今ここで行動することです。

悩んでいるだけで行動しないのは時間の無駄ですよ。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 常時10万件以上の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

最後に…

20代の転職と一口に言っても、あなたの今の年齢や、社会人としての経歴次第では、キャリアを大幅にアップさせることもできるでしょう。

20代、特に初めての転職での注意点は、転職を『なんとなく』進めてしまうことはNGです。キャリアに一貫性がない場合や、転職先の企業と合わなかったからすぐに転職を繰り返してしまうこともあります。

転職エージェントも企業も教えてくれませんが、長期的なキャリアを考えて転職をしないと、結局のところ満足したキャリアなんて描けないのです。

あなたの転職の目的によって転職エージェントを使い分けていくことが重要ですが、必ず分業型や大手転職エージェントは複数社の転職エージェントに登録をして比較して下さいね。

–分業型

「とりあえず多くの求人を見てみたい」という転職は分業型の転職エージェントを利用していきましょう。

○ 求人の量がメリット
× キャリアコンサルタント(CA)の質がバラバラ

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

–両面型

「キャリアをさらに積んでいきたい」「年収アップを行いたい」という目的の転職であれば、両面型の転職エージェントを活用して下さい。

両面型の転職エージェントでは、弊社 転職エージェント 堀田 がスキルマッチングに好評があります。『株式会社 Youth Planet 』の活用もオススメします。

–ヘッドハンティング型

ヘッドハンティング型は現在の年収が600万円以上の方から利用するとメリットがあります。

2000人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接声をかけてもらうことができる、ヘットハンティング型の転職サービス『 ビズリーチ 』を活用しましょう。(ビズリーチの使い方

転職は人生の大きなターニングポイントです。このページの転職エージェントに関する知識を参考にしながら、満足のいく転職を行っていただけることを陰ながら祈っております。