仕事をパワハラで辞めたい?パワハラの原因と職を変えるタイミング

仕事をパワハラで辞めたい?パワハラの原因と職を変えるタイミング

パワハラで仕事辞めたい

こんにちは、株式会社YouthPlanet-編集部です。

仕事でパワハラを受けて辞めたいことってありますよね。

私自身も前職では、パワハラに近いことを受けていて仕事を辞めたいとずっと考えていました。私の場合は他の社員より長時間労働を強いられて、精神的ストレス目の痙攣が止まらなくなって仕事を辞めました。

私の場合、仕事をパワハラで辞めると後遺症が残って、いまだに軽いストレスでも目の痙攣が出てしまって、一生この症状に向き合わなければいけないのか…と思います。

でも、パワハラの環境を勇気を出して抜け出さなかったら…と想像するだけでゾッとします。

私はパワハラの職場から転職を成功させて、環境を変えることができましたが、精神的に大きなストレスを抱えながらの転職は非常に難しいです。

そこで、パワハラを抜け出して現在転職エージェントとして転職ノウハウを熟知した立場から「パワハラで余裕がない時の対処法」をまとめました。

結論を先にお伝えすると、パワハラを受けた場合は改善されることが少ないので、仕事を辞めるか転職をするかです。

そして、仕事を辞めてしまうと経歴に空白の期間ができてしまうので、仕事を続けならが転職をするという選択がベストでしょう。

では、パワハラで仕事を辞めたくなった際の「仕事を続けながら転職をする為の転職方法」について、これから詳しくお伝えをしていきます。


<2021年4月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

なぜ仕事をパワハラで辞めたいと思うのか?

仕事をパワハラで辞めたいと思う理由を聞いていくと、上司のパワハラ同僚からのパワハラに耐えられないからという答えが帰ってきます。

しかし、パワハラを紐解いていくと、実は上司や同僚もパワハラをするよう会社に仕向けられているケースも多いのが事実です。

パワハラ上司や同僚が多い会社は以下の3つに分類されます。そして、あなたの会社が以下の3つのどれかに当てはまる場合は直ぐにでも会社を辞めることをオススメします。

1. 選別
2. 使い捨て
3. 無秩序

1. 選別

会社の方針で「選抜」が採用されている場合、大量に採用して入社後も「立候補」「予選」などで社員を競わせ、店長やディレクター、部長になることをゴールとさせます。

選抜の仕組みを採用している会社で、ありがちなパワハラは、ノルマの成績が悪いからと上司が詰めてきたり、職場環境が殺伐として上司が常に怒鳴り散らしているケースが多いです。

何故なら、店長やディレクター、部長になっても厳しい評価制度で、少しでも業績が落ちると平社員に降格させられる為、上司もプレッシャーで追い込まれて、部下にパワハラをしてまで成績を上げさせようとしてくるからです。

2. 使い捨て

使い捨ては社員を「安く」「長く」使い捨てていくパターンですが、特徴としてはなかなか辞めさせてもらえないことが挙げられ、精神・肉体的に疲弊してしまうまで働かされます。

使い捨ての場合、会社は上司に残業代のコントロールと退職と止める役割などを与える為、残業を付けようとする社員をパワハラで押さえ込む上司が多いのです。

また、使い捨て型の会社は、労働者が「壊れて」いないうちには辞めさせようとはしません。何故なら、新規人員募集は採用コストがかかり、面倒だと考えているからです。

後釜が決まるまで働くのが筋だ」「教育した分は働いてもらう」などと、いろんな理由をつけて社員が辞めないように、パワハラで押さえこんでくるのです。

3. 無秩序

立場上、部下や社員には何をしてもいいという価値感が職場を支配している時のパワハラほど怖いものはないでしょう。

例えば、上司が業務中に女性のお尻を触って嫌がると、さらにしつこく付きまとわれたり、入院しているのに「働きにこい」と電話やラインで言われたりしたとお話される方もいます。他にも「死ね」「脳みそが腐ってる」「役に立たないゴミだ」などの暴言を言われたりと話を聞きます。

また、遅刻をすると罰金、売上が低いから罰金などと金銭を要求される場合や、過度な長時間労働を無駄に強いられるなどもあります。

仕事をパワハラで辞めたくなったら環境を変えるべき理由

上司のパワハラ等で仕事を辞めたくなったら、転職を行い職場環境を変えること強くオススメします。

何故なら、パワハラが存在する会社は前章で説明した通り、「選別」「使い捨て」「無秩序」の3つに当てはまることが多く、部署異動や人事に相談したところで会社全体で、麻痺した価値観なので相手にしてもらえない可能性があるからです。

仕事をパワハラで辞めたくなるのは甘いの?

はっきりとお伝えしますが、仕事をパワハラで辞めたくなるのは甘くありません。

会社側はなかなか変わらない為、一度パワハラで辛くなってしまうと、その会社に勤めている間ずっとパワハラで悩み続ける可能性だって高いわけです。

そんな過酷な環境を辞めたくなるのは甘いというか当たり前のことですよね。

先日、転職を成功させたOさんとお話しをする中でパワハラの話題になりました。

Oさん 金融 営業 27歳

パワハラで仕事を変えた27歳の男性です。上司は営業成績が悪いと応接室で「数字作れないなら人間じゃない!お前殺すぞ!」と1時間ぐらい詰めてきます。パワハラのストレスが辛すぎて朝出勤するときに何度も電車に飛び込もうと考えたことがあります。会社にはパワハラ上司しかいないので、自殺を考える社員がいるらしく、寮では自殺しないよう観察されていました。私は運よく転職を成功させることができたので、今ではパワハラと一切無縁の環境で働いていますが、まだパワハラ上司の元で働いている同僚を見ていると、精神を壊して仕事を休職している人もいて、可哀想になってしまいます。パワハラで仕事を辞めたくなったら素直に転職をした方が、幸せになれるんだなと思いました。

パワハラが原因で仕事を辞めたいと転職相談にくる方の多くは「パワハラが理由で職場環境を変えるのって考えが甘いですか?」と質問をされますが、今の時代で社員の働き方も考えられない企業であれば、さっさと転職を成功させて今の環境を抜け出すことを強くオススメしています。

だって、パワハラであなたの人生を壊そうとする企業の為に働くことって、本当に必要ですかね?

星の数ほど企業があるのであれば、年収や働き方に満足できる企業は必ずありますよ。

仕事をパワハラで辞めたくなったら転職一択

パワハラで仕事を辞めたくなったら仕事を辞めるのではなく、転職を行なってください。

パワハラが理由で仕事を辞めずに転職をオススメする理由は以下の2つです。

1. 精神的プレッシャーが強くなり焦りなんとなく転職を決めてしまう
2. キャリアの空白期間の印象が悪い

1. 精神的プレッシャーが強くなり焦りなんとなく転職を決めてしまう

パワハラが原因の場合、辞めずに転職をオススメする1つ目の理由としては、仕事を辞めてしまうと精神的プレッシャーで焦って「なんとなくいい感じだからこの会社でいいか!」と根拠もなく転職先を決めてしまうことに繋がりやすいからです。

パワハラが原因で仕事を辞めたいと感じる時は、すでに精神的に安定していません。さらに仕事を辞めてしまうと「早く次の転職先を決めないと」「転職が決まらなかったらどうしよう」とより精神的なストレス焦りが大きくなってしまいます。

このように、パワハラが原因で仕事を辞めたいと考える時は、「早く次の会社を決めたい」という一心で転職先を ” なんとなく ” 決めてしまい、転職先が想像以上に給与が低かったり、またパワハラが蔓延している職場の可能性が高く転職に失敗してしまう可能性が高いのです。

2. キャリアの空白期間の印象が悪い

仕事をパワハラで辞めるか悩んでいる方の、転職相談で多い質問は「気持ちを落ち着かせるために一度仕事を辞めてから転職を考えるのはアリですか?」という内容です。

この答えとしては、「キャリアを考える上では、仕事を続けながら転職活動をした方が、転職をしやすい」です。

採用側の目線では、仕事を辞めた空白の期間は十分な理由がない限りネガティブな印象を与えてしまいます。

あなたが受けているパワハラが酷いものだとしても、転職後もすぐに仕事を辞めてしまうのではないかと評価されてしまい、内定が取れにくくなってしまうのです。

とは言っても、パワハラのストレスは受けた人しかわからないものです。無理して出社し続けるのではなく、病院などの診断書を利用するのも選択肢としてはアリです。

私は職場にどうしても行くことができなかったので、病院の診断書などを活用して休職を行いながら、転職活動を進めました。

パワハラで仕事を辞めたくなったときの転職方法

パワハラで仕事を辞めたくなった際の転職方法は、通常の転職方法と異なります。

パワハラが原因で職を変えたい場合は、通常の転職と比べて短期間で転職活動を行う必要があるのです。

なぜなら、転職活動は体力的・精神的に負荷が強い為、パワハラで精神的に疲れ切っている状態で転職活動を行うと、なんとなく転職先を決めてしまって転職を失敗してしまうのです。

なんとなく転職をしてしまって失敗しない転職方法は「失敗しない転職方法」を参考にしてください。

転職方法を知りたい!でも、自分にあった転職方法が分からないという方は、実はキャリアを考えていないケースが多いです。転職方法の流れや、仕事をやめて転職活動をするのか、仕事を続けて転職活動をするのか、転職方法に関する全ての情報をまとめました。

短期間で転職活動を成功させる方法

繰り返しお伝えしますが、パワハラで精神的に疲れている状態で転職活動を行うには短期間で転職を成功させる必要があります。

転職活動で重要なことは質の高い求人を一気に確保することです。

求人自体は以下の4つの方法で求人を確保できますが、短期間質の高い求人を確保して転職を成功させる為には、「4.転職エージェント」の一択です。

1.転職サイト
2.ハローワーク
3.企業の採用ページ
4.転職エージェント

転職エージェントは質の高い非公開求人を大量に保有しており、さらにあなたにマッチした求人を迅速に選定して求人を紹介してくれます。

さらに、転職エージェントにサポートを受けるメリットを上げると、転職で必要な履歴書の添削や面接対策も全て行ってくれるのです。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>顧客No.1のdoda

転職エージェントの6つのサービスは以下の6つです。

転職エージェントの6つのサービス

転職希望者は、通常転職は10~20社くらいの企業に応募すると言われていますが、職務経歴書を10~20枚用意して、10~20社の面接日程調整を行うことを想像すると、時間がなくて嫌になりますよね。

何度もお伝えしますが、パワハラが嫌になって仕事を辞めたいと考える時は精神的に大きなストレスを抱えています。さらに、仕事をしながら転職活動をすると職務経歴書や面接日程調整もストレスとなってきて、「なんとなくでいいから、この会社に転職しよう」と考えてしまうのです。

人生を左右する転職において「なんとなく」はNGです。

必ず、複数の転職エージェントから求人を紹介してもらって比較検討をして下さい。

例えば、車や物件など金額が大きな買い物をするときには、複数の業者に見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入を進めることが多いですよね。

転職も同様に今後の人生の大きな転機なので、見積もりをとる感覚で複数の転職エージェントに求人を紹介してもらって、一番条件が良い求人・相性の良いエージェント経由で転職を進めていくことがセオリーなんです。

それでは具体的な転職エージェントの詳細をご紹介していきます。

doda | 顧客満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、顧客満足度No.1の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。
  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有
さらに、dodaのエージェントは3ヶ月間の研修を受けた精鋭ですので、個々の能力値が高く、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判で、総合的にdodaを活用することが最も賢明な判断だと言えます。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。 >>doda-職務経歴書専門<<

     doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント
初めての転職活動や、サポート力を重視する方にはdodaパソナキャリアの登録をおすすめします。

また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。
もちろん書類・面接選考の対策から退職手続きまで手厚くサポートしてくれます。

パソナキャリア情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1


リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント
転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。
  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる
これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントは必ず登録すべきエージェントの1つです。

  リクルートエージェント  

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ
マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。
メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない
マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、dodaと「パソナキャリアに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

JAC Recruitment|ハイキャリア転職で実績No.1

JAC Recruitment 転職エージェント
ハイキャリア案件を求めている方には「doda」に加え「JAC Recruitment」の登録はしておきましょう。

JAC Recruitmentは外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。 質・量・サービス共にトップレベルなのでハイキャリア案件を求める方は「JAC Recruitment」に登録をして、ハイキャリアに特化した対策を行なっていきましょう。

   JAC Recruitment  

パワハラで仕事が辞めたくなったときの注意点

職場でパワハラを受けて仕事が嫌になってしまったときの注意点は、あなた一人で抱え込まないことです。

家族や友人、奥さんなど身の回りで頼れる人に、今どんなパワハラを受けていて、精神的にどんな状態かを伝えて気持ちの整理をしていきましょう。一人で問題を抱え込んでしまうと、精神的な病気にかかってしまいますし、人生の選択を間違えてしまうかもしれません。

しかし、周囲のパワハラへの理解が得られない方もいらっしゃると思います。

24歳 事務職 女性(Yさん)

「パワハラで仕事を辞めるのは甘いですか?」

私は毎日上司からのパワハラに悩んでいます。私のちょっとしたミスや勘違いに対して「なんでミスするんだ!」と大きな声で怒鳴られます。しかも、ミスを大声で「また、あいつがミスしてさー」と他の人まで言いふらして、正直きついです。。。休日も全体のメールで、私のミスについてしつこく言われますし、業務外の時間でもLineでネチネチとミスを責められます。

業務時間内ならなんとか耐えることができますが、休日や寝る直前までミスを攻められると精神的に無理があります。でも両親に相談しても、上司から嫌われるのはお前に原因があるんだと言われてしまうので、相談すらできません。また、こんなことで仕事をやめてしまうのは私の考えが甘いのでしょうか?

Yさんのように両親にパワハラで仕事を辞めたいと相談しても、原因がYさんにあると言われてしまうと、本当に信じ込んでしまい自分を責めてしまいますよね。。

周囲にパワハラが原因で仕事を辞めたいと相談できない場合は、一人で悩まずキャリアのプロである転職エージェントに相談するようにして下さい。

転職エージェントは、キャリアのプロですので職場を変えることであなたの現状の問題(今回だとパワハラ)を解決する提案を行うことが出来ます。

職場環境のストレスが少ない職場、チーム一丸となって目標に向かっていける職場、社員がみんないい人で仕事のことやキャリアのことを親身になって考えてくれる職場など、あなたが知らない求人を大量に保有していて、あなたにマッチした求人を紹介するのが転職エージェントなのです。

・パワハラが原因で仕事を辞めたい
・もっと環境の良い会社で働きたい
・でも仕事を続けながら転職活動をするのはキツイ
・転職が成功するのか不安

このような悩みを抱えている方は、一度転職エージェントに相談をしてみて下さい。

人材紹介業に勤めている方(転職エージェント)は基本的に明るく話しやすい方が多いので親身にあなたの悩みを解決できる提案を行ってくれます。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>顧客No.1のdoda

どのタイミングで仕事って辞めていいの?

何故かパワハラが原因で仕事を辞めたいと考えている方に多い内容ですが、「どのタイミングで仕事は辞めていいんですか?」とよく質問を受けます。

パワハラで仕事を辞めたいと感じる方は、みなさん総じて優しい、真面目な性格であることが多いです。

だから、精神的に辛くなるまで自分で抱えてしまい悩み苦しんでしまうのです。

上述しましたが、パワハラが原因で辞めるタイミングは、転職先が決まってから辞めることをオススメします。また、転職活動は今ここで始めて下さい。

まずは、ここでキャリアのプロ転職エージェントに登録を行い、すぐに現状の相談を行って下さい。

何故なら、また後で登録をしようと考えていると、仕事で忙しかったり、精神的ストレスで後回しにしてしまい何も行動に移さず、「仕事辞めたいなー」と思うだけで会社に居続けてしまうのです。

そして、気がつけば精神的ストレスが大きくなってしまい、体や精神的に異変が起きてしまうのです。

そんな状態になるまで、自分を放置しないで下さい。

悩んでいるだけなんて、本当に時間の無駄ですよ。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)
ランキング登録必須度詳細
doda全ての方に
必須
詳細
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
-マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細
-JAC
Recruitment
外資・技術系に
必須
詳細

<追記>

もし、転職するか迷っている段階であれば、転職エージェントdodaに登録をしておけば安心です。
>>顧客No.1のdoda