アパレルの転職面接での想定質問9選と万全なアパレル面接通過対策!

アパレルの転職面接での想定質問9選と万全なアパレル面接通過対策!

こんにちは。株式会社Youth Planet -転職エージェント編集部です。

今回はアパレル業界への転職面接についてご質問をいただきました。

アパレル面接でよく聞かれることはなんでしょうか?
主に何故このブランドが好きか、転職の理由、自己PR…はきっと出てくるとは思うのですが…それ以外だったら何の質問をされるものなのでしょうか?
(20代前半 女性)

アパレル業界への転職をお考えの方には朗報です。アパレル業界への転職面接でされるであろう質問はある程度想定できます。

アパレル業界への転職面接では、一般企業への転職面接と同様に志望動機や自己PRなど定番の質問だけでなく、アパレル業界への興味関心や、知識などを問われる質問をされます。

事前に面接で想定される質問に対する回答を用意しておくことで、本番の面接でも焦らずスムーズに受け答えができます。

この記事ではアパレル業界での面接で採用担当者が重要視するポイントを押さえるとともに、面接で想定される質問とその回答のポイントを具体的にご紹介します。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

アパレルの転職面接では第一印象から気を抜かない

アパレル業界のみならず、転職面接では第一印象が重要です。また、アパレルの転職面接では「私服で来てください」と言われることが多く、どのような服装でいけばよいのか悩むところだと思います。

また、接客など人と接する機会の多いアパレル業界への転職面接では話し方や・態度などから人柄も見られますので、第一印象から好印象を与えられるポイントを押さえておきましょう。

服装

アパレル業界への転職面接で、「私服で来てください」と言われることはよくあります。

「私服で」という指定があっても、普段どうりの服装で行くのはよくありません。私服で行くとはいえ、企業の採用面接であることには変わりありませんので「面接にふさわしい私服」を意識してコーディネートしましょう。

まず面接で重要なのが「清潔感」です。面接らしく清潔感が出せるシャツを選ぶのも良いですし、ジャケットもきっちり見せるのには有効なアイテムです。過度なミニスカートや、お辞儀をした時に胸が見えてしまいそうなルーズなトップスや、首回りがヨレたシャツは面接には不適切ですので注意しましょう。

また、シルエットやサイズ感、小物使いなどで「おしゃれ」は十分アピールできるので、ファッション誌などを読んで参考にしてみるのも良いでしょう。

競合他社のブランドのものはなるべく着用しない方がベター

これも重要なことですが、「競合他社」のアパレル製品は避けるようにしましょう。特に、ターゲット層や系統が似ているブランドのロゴが大きく入ったものは絶対やめましょう。

可能であれば、そのブランドの商品を着ていくことも良いですし、もし競合他社のブランドかどうかわからない場合は、どこのブランドかわからない「ブランド主張の無い」服装で行くようにしましょう。

話し方・態度

転職面接では面接官の目を見て話すのは鉄則です。しかし、面接では緊張して表情が硬くなりやすいので注意しましょう。

面接は緊張するもので必要以上に相槌を打ったり早口になってしまう、声も通常よりも小さくなったりしがちです。大きくハキハキと話すことを心がけましょう。 また姿勢も大切です。背筋をのばし、イスにはやや浅めに座りましょう。

アパレルの転職面接で面接官が見るポイント

アパレルの転職面接で、面接官や採用担当者は以下の3つのポイントを面接で見極めています。

  • 本当にアパレル業界に興味があるのか
  • 応募先アパレル企業・ブランドへの適正
  • アパレル業界に向いている人柄であるか

本当にアパレル業界に興味があるのか

面接官はファッションやトレンドにどれぐらい関心度があるのか、知ろうとしています。

最近のトレンドの動向や、応募企業のブランドの系統のファッション雑誌を調べておくことは重要です。応募企業も複数ブランドを抱えていることもあるので、それぞれのブランドの系統やそのトレンドの動向、ファッションの競合にもどういった企業やブランドがいるのかなど、しっかり調べて対策しておきましょう。

応募先アパレル企業・ブランドへの適正

面接では、自社の企業やブランドに適正な人材かも重要な審査ポイントになります。

アパレル業界での仕事は楽しいことばかりではありません。時に、心身ともに疲弊しモチベーションが下がってしまうことで業務効率が下がってしまうこともあります。

その中で仕事にやりがいや楽しさを見出して、会社で力を発揮できる人材かどうかを面接で判断しています。

アパレル業界に向いている人柄であるか

アパレル業界でも販売スタッフの面接試験では、アパレル販売員に向いている人柄かどうかを見られます。

面接での話し方がハキハキしているか、自信を持って話しているかを見られますし、販売員になったときセールストークが上手そうかなどもチェックされています。

ファッションとは関係のない雑談的な質問が投げられることもありますが、それに対して臨機応変に応対できるかも判断材料となります。

アパレルの転職面接の想定質問9つと回答のポイント

では実際にアパレルの転職面接で想定される質問9つとその質問に対する回答のポイントをご紹介していきます。

面接でよくある想定質問9つと回答のポイント

アパレル面接での想定質問9つの回答のポイントを参考にあなたなりの回答を用意しておきましょう。

アパレル業界へ転職しようと思った理由は何ですか?

まず、未経験のアパレル転職面接では必ず質問される「なぜアパレル業界に転職志望なのですか?」という質問です。前職を離れてまでアパレル業界に転職したい理由が知りたいのです。

単純に前職にただ不満があるだけなのか、前職以外ならなんでも良いのか、単なる憧れだけで志望していないか、などをチェックされています。

前職の仕事とアパレル業界との共通点を見つけて、そこからもっとアパレル業界で働きたいという意欲が湧いたなど、志望動機と絡めて答えるのもよいでしょう。前向きな回答ができるようにしておくことが大切です。

自己PRをお願いします。

面接ではどの企業も質問してくることに「自己PR」があります。

これは、自分の長所であったり、これなら誰にも負けない!という点はもちろんですが、それをどうやってこのブランドや企業で役立てていけるのかというビジョンを答える必要があります。

これまでの仕事を経験してどんな事が出来るか、どんな努力を今後していくのかなどの具体的な目標やビジョンを伝えましょう。

アパレル業界の中でも当社に転職しようと思った志望動機を教えてください。

この質問では、多くの求人情報の中からなぜこの企業を選んだのかを明確に答えられるようにしましょう。

事前に徹底的にブランド研究を行い、このブランドのこんなところが魅力に感じた、この企業の新しいやり方に感銘を受け自分が携わって規模を大きくしていきたいなど、具体的に「このブランドで働きたい」という熱意や真剣さをアピールしましょう。

当ブランドの商品についてどう思われますか?

この質問では、具体的にブランドのどんな点が好きなのか、明確に伝えましょう

実際に店舗に足を運んでおき、ブランドのテイストや印象だけではなく、働いているスタッフやコーディネート、店舗の作られ方などチェックしておくことでスムーズに回答する事が出来るようにしておく方が良いです。

今年のトレンドについてどう思いますか?よく読むファッション誌はありますか?

この質問では、ファッション動向を常にチェックしているのか見られていますし、アパレル業界そのものに興味関心があるのかチェックされている質問です。

嘘を言う必要はありませんが、採用担当者にあなたの熱意を伝えるためには、応募先のアパレル企業の製品をよく取り上げる雑誌や、同じような系統のブランドを挙げると好印象です。

前職の退職理由を教えていただけますか。

転職の面接では、この質問も必ずと言って聞かれる質問ですので、あらかじめ答えられるように考えておきましょう。

退職理由は嘘をつく必要はないですが、ネガティブな理由はあえて言う必要はなく、「このブランドへの転職によって、自分のやりたいことが実現できると思った」など、必ず前向きな答えになるようにしましょう。

当社での勤務では土日の出勤や残業がある場合もありますが、対応可能できますか。

この質問は仕事へのやる気や熱意を知るための質問です。

多くのアパレル企業では、希望の職種に限らず入社直後は販売員として経験を積ませる場合がほとんどです。アパレルショップの多くは土日も営業しているため、シフト制で土日勤務や早番・遅番の勤務が強いられます。

デザイナーやバイヤー志望であっても、会社側の都合によりどんな勤務状況にも、ある程度は無理なく対応出来る姿勢を見せる事が大切です。

他に面接を受けている企業はありますか。

この質問にはあなたの現状を正直に答えればよいですが、全く違う企業やブランドを受けている場合は正確に答えるのはやめましょう。全く違うテイストだと本当にこのブランドが好きなのか?ほんとうにアパレル業界に転職したいのか?などと疑われてしまいます。

面接官に不審感を与えないよう「アパレル業界が第一志望です」や「御社が第一志望です」と一言添えるようにしましょう。

将来の夢や目標はありますか。入社後のキャリアプランもあればお聞かせください。

この質問は今後の目標や将来の夢、キャリアプランをしっかり描いている人材かどうかをチェックされています。

具体的に将来どのようになっていたいか伝えると良いでしょう。例えば、「1日も早くお店の売上に貢献出来る人材になり、5年後には店長になりたいです。」など具体的に伝えましょう。

アパレルの転職面接の逆質問対策

面接で必ず最後に聞かれる質問に「最後に何か質問はありますか?」といった質問がされます。

ここでは事前に質問内容を考えておいて、ここまでの面接の流れを踏まえて重要度の高いものから質問していくのがベターです。逆質問をすることでその企業に入社したい意欲があるなと思ってもらえるからです。

ただし、給与や待遇について質問しすぎるのは印象があまりよくないですし、HPを見たらわかることは質問しないように注意しましょう。

転職エージェントに登録してアパレルに特化した面接対策を!

アパレル業界への転職面接での準備に不安がある方は転職エージェントに登録して無料サポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントは、企業やブランドの情報にも精通していますし、数々の転職希望者をサポートしてきた経験から培ったノウハウがあります。

転職エージェントに登録しておけば、アパレルの転職面接に特化した対策を伝授してくれますし、模擬面接などを行い、万全の体制で面接に臨むことができます。

転職エージェントのサポートがあるかないかでアパレル業界への転職成功率は大きく変わると言っても過言ではありません。

アパレル業界への転職を絶対に成功させたい方にはぜひとも転職エージェントを活用して頂きたいです。

アパレル業界への転職におすすめの転職エージェント3選

アパレル業界への転職におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェント」、「doda」、「パソナキャリア」の4社です。

下記にそれぞれの転職エージェントの特色をご紹介しますので、アパレル業界への転職の際にはぜひあなたに合った転職エージェントを選択し、活用してみてくださいね。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

業界トップの内定決定数から企業からの信頼も厚く、企業の内部情報にも精通しているため、幅広い業界・企業に特化した対策も可能です。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

また、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。在職中の転職活動であなた一人では不安なことも全力でサポートしてくれます!

dodaではエージェント一人一人に自社研修で徹底的な指導を行っていますので、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

パソナキャリアも平日・土曜日は夜間まで面談可能で何かと融通が利くことと、手厚いサポートで有名です。

また、パソナキャリアは女性活躍推進を掲げており、女性の転職サポートには他社と比べてもより高い評価を得ています。

パソナキャリア情報収集に長けた転職エージェントとして有名で、スキルや経験だけではなく志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれます。

     パソナキャリア    

※転職エージェントをフル活用して転職に成功するためには、複数の転職エージェントに登録し、比較しながら転職活動を進めることです。

転職エージェントにも得手不得手があり、あなたの希望や職種・地域に合わせてその時にベストな転職エージェントを選択することで、より効率的に転職活動を行うことができるのです。

まとめ

今回はアパレル業界への転職面接でよくある想定質問とその対策についてまとめてみました。

アパレル業界への転職面接では、あなたの自己PRや熱意についてはもちろん、ファッションや応募先企業やブランドについての知識も問われることがありますので、情報収集も入念に行ってください。

転職面接は緊張すると思いますが、そこであなたの実力を発揮し、あなたの魅力や熱意を出来る限り伝えるためにも、事前に万全の準備をして面接に備えましょう。