後悔してからでは遅い!女性の転職は早めの決断が功を奏す

女性の転職は早めの決断が功を奏す!女性の転職は20代がおすすめ!

Aさん:30代前半  女性 会社員 の話

今の会社に新卒で入ってもうすぐ10年になります。

最初は聞いたことがある会社だから安心!と安易に選んでしまいましたが、想像以上の激務で、その割に残業代も満足にもらえず不満は募るばかり。

転職を考えたこともありましたが、日々の忙しさのせいにして後回しにした結果、気が付くと後輩もどんどん転職していき、人手不足でさらに忙しい毎日の中、自分の転職のことなんて考えられなくなっていました。

そんな私ももう30をすぎ、転職し新しい職場で生き生きと働いている後輩を見て

「やっぱりもう限界だ!転職しよう!」

と決意したはいいものの、やはり30代になると選択肢もあまりなく、結局転職は諦めてしまいました。。

なぜ最初に転職を考え始めたあの時転職しなかったのか。。

5年前の自分に「今転職しないと一生後悔するよ!」って言ってやりたいです。

転職したいとは思いながら日々の職務に追われているうちに時間が経ってしまっていた。。

いざ転職しようと思っても何から始めたらいいのかわからない。。

やっと決心がつき転職活動を始めてみたはいいものの、選択肢は限られていた。。

いくつになってもやる気になれば転職できるって思っていませんか?

転職市場にいつまでもあなたの需要があると思っていては危険です。

転職は早ければ早い方が、選択肢も多くあなたの転職成功の確率も高くなります。

Aさんのように後悔してからでは遅いのです。

では転職にベストな年齢とは?転職成功の秘訣とは?

「女性が転職のチャンスを逃して後悔しない方法」を解説していきます。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職市場において女性の市場価値とは?

女性だけでなく、転職市場において一番市場価値が高いのは20代です。

今すぐに転職を考えていない方も、実際追い込まれて転職を本気で考える頃には、もう30代に入り、選択肢が狭まってしまう可能性が高いです。

20代前半

近年は以前ほど”1社3年”といった縛りはなくなってきており、20代前半でも転職の目的が明確であれば、受け入れられるようになってきています。

20代前半のうちは、第二新卒枠での転職が可能のため、転職可能な職種も多く、スキル・実績よりも、人柄・やる気面のポテンシャルで判断されます。

そのため、実績はなくても、熱意さえあれば新たな職場への道は開けます。

20代後半

社会人経験も4,5年経った20代後半になると、今度はやる気などのポテンシャルを活かしつつ、経験をアピールしてキャリアアップを狙うことが出来ます。

また、30代に入ると、若さやポテンシャルを売りにすることは難しくなってきます。

ライフイベントから逆算:正社員転職なら20代後半までに!

厚生労働省の「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、

  • 女性の平均初婚年齢:29.4歳
  • 第1子出生時の母親の平均年齢:30.7歳

というデータがあります。

このデータは採用側も意識するところで、産休・育休を取って復職するにしても、一旦離職する前に十分に仕事を覚える期間を逆算すると、20代半ば~後半までの人が採用されやすい傾向にあります。

女性が転職する際に気を付けること

転職活動で失敗しないように心がけておきたい事をご紹介します。

転職理由は説明できるようにしておく

  • なんとなく今の仕事が合わない
  • 仕事にやりがいがない
  • 環境を変えたい

など曖昧な理由で転職活動をしてしまうと、書類選考や面接でも曖昧さが伝わり、内定をもらうのが難しくなります。

また「なぜ今の仕事を辞めたいのか」を明確にしておかないと、次の転職先でも同じ理由で離職することになる可能性もあるので、ちゃんと考えておきましょう。

やりたいことは何か明確にする

転職するなら選択肢の多い20代をおすすめしてきましたが、それゆえに企業選びには失敗しやすいのも事実です。

就職活動の時は企業のネームバリューや聞こえのいい職種などで選んでいたかもしれませんが、転職でもその調子ではまた同じ失敗を繰り返すことになります。

転職する際は「自分が本当にやりたいことは何か」「自分のやりたい事をやらせてくれる企業であるか」をしっかりと考えて転職先を選びましょう。

譲れない条件を絞る

20代は転職市場価値が高いとお伝えしましたが、あなたの求める条件すべてを兼ね備えた企業はそうそうありません。

そんな時、転職先を絞りやすいように妥協できない条件の優先順位を決めておくと、企業選択がスムーズに進みます。

第三者、転職に精通している人の意見を

転職先企業の情報もあなた個人だけで集めるのはとても困難ですし、あなた自身の長所や短所も、どんな仕事が向いているのかも意外と自分ではわかりにくいものです。

転職を考えたら自己流で進めるよりも、転職に精通している転職エージェントなどの第三者の客観的意見を聞くようにしましょう。

転職エージェントはあなたの経験や希望に沿った転職先を一緒に考え、最適な転職先を提案してくれるので、とても心強い存在になることでしょう。

転職エージェントが女性の転職を成功に導きます

何度もお伝えしましたが、女性の転職は早めの行動が吉!20代での転職をおすすめします。

しかし、選択肢が豊富で比較的採用されやすい20代だからこそ、誤った転職先選びをしてしまい、転職後に「こんなはずじゃなかった」なんてことも。

将来を左右する転職活動は慎重に行いたいものです。

そんな時は転職のプロである、転職エージェントの活用をおすすめします。

大手転職エージェントに登録するだけで転職成功の確率はぐっと上がります。

転職エージェントのメリット①:非公開求人の紹介

企業が求人を出す際には、2種類の求人を使います。

  • 公開求人・・・転職サイトや自社ホームページ掲載の求人情報
    (求人全体の10~20%程。)
  • 非公開求人・・・転職エージェントのみが保有する求人情報
    (求人全体の80~90%程。より良い条件の求人情報が多い)

転職エージェントに登録しておけば、転職サイトなどで検索しても出てこない、より良い条件の求人情報をいち早く手に入れることが出来ます。

>>とりあえず求人情報が一番多いリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職エージェントのメリット②:即戦力としてのPR方法を伝授

新卒と違い、転職は即戦力として活躍できるかを企業はチェックします。

転職エージェントは、あなたの経歴から事務職として活かせるスキルを客観的な視点で教えてくれ、アピール方法まで教えてくれます。

転職エージェントのメリット③:転職成功まで徹底サポート

転職エージェントは多くの転職希望者を転職成功に導いたノウハウを持って通過率を上げる応募書類の準備から面接対策までしっかり指導してくれます。

また、自分ではなかなか面倒な面接日程の調整や、内定後の雇用条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれるので安心です。

>>【登録完了まで3分!無料!】手厚いサポートが充実!まずはdodaに相談だけでもしてみる。

女性の転職におすすめの転職エージェント4選

転職エージェントを活用

以下におすすめの転職エージェント4社をご紹介します。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

 登録
必須度
特徴
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
業界最大手の求人数
大手企業への転職実績多数
doda全ての方に
必須
転職者満足度No1の丁寧な対応
ノウハウが好評
パソナ
キャリア
初めての転職に必須土日も相談可能!
非公開求人にも期待が寄せられる。
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ20代・第二新卒の求人情報が豊富

転職活動において、転職エージェントとの相性はとても重要です。

おすすめとしてはこの中から複数登録して実際にエージェントに会ってみて、あなたにあったエージェントを選ぶことです。

追記:女性の転職経験がある方に女性の転職エージェントの選び方をより詳しく記事にしていただきました。詳しく知りたい方は以下の記事を参考にされてください。

女性の気持ちをわかってくれる転職エージェントで良いところはないの?と悩んでいませんか? 女性のキャリアは結婚や出産、育児、配偶者の転勤、離婚といった家庭事情など、女性にしか大変さがわからない人生の転勤が沢山あります。女性の気持ちをしっかりと理解してくれて、あなたの希望にマッチする求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶことが重要です。女性だからこそ登録すべき転職エージェントについてご紹介します。

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント

転職支援実績No.1というのがうなずける、下記の4つの大きなメリットがあります。

  1. 30万人以上の転職成功実績から得たノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有
  3. 99%が満足と答えた「面接力向上セミナー」
  4. 20時以降、土日祝日、思い立ったらいつでも相談できる

これらのサポートは全てを完全無料で受けることが可能です。求人・企業情報の充実度、サポートの質、ノウハウの豊富さなどを総合すると、リクルートエージェントを活用することが最も賢明な判断です。

   リクルートエージェント  

doda | 求人保有数業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

また、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。在職中の転職活動であなた一人では不安なことも全力でサポートしてくれます!

  • 年間約2万人の転職成功達成の実績
  • 業界専門のアドバイザーが在籍
  • 約10万件の求人を保有

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

パソナキャリアも平日・土曜日は夜間まで面談可能で何かと融通が利くことと、手厚いサポートで有名です。

パソナキャリア情報収集に長けた転職エージェントとして有名で、スキルや経験だけではなく志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれます。

     パソナキャリア    

マイナビエージェント | 20代・第二新卒にも強い

転職エージェント マイナビ

マイナビエージェント」は、メリット・デメリットがはっきりしています。

メリットデメリット
  • 中小企業の求人も多い
  • 第二新卒や20代の為の求人を多く保有している
  • 担当によってはサポートが良い
  • エージェントは若手が多く、担当によってはハズレもある
  • 希望している案件とマッチしない場合が少なくない

マイナビエージェントは、担当次第なので登録をしてみて、判断することがポイントです。

使い方としては、リクルートエージェントに登録した上で、第二新卒・20代向けの求人や中小企業の求人を取りに行く為にマイナビエージェントを追加で登録することをオススメします。

   マイナビエージェント   

失敗しない転職エージェントの活用方法

転職エージェントに登録し、転職活動を円滑に行うために気を付けてほしいことがあります。

転職エージェントは複数使う

転職エージェント比較

転職エージェントは2人以上使うことをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録し、それぞれの特色をうまく活用することで転職成功へより近づくことができます。

(例)

第二新卒での転職:
「リクルートエージェント」で情報量を確保し、第二新卒を得意とする「マイナビエージェント」に相談。
初めての転職:
「リクルートエージェント」で情報量を確保し、手厚いサポートで安心の「パソナキャリア」でより細かく相談。

転職エージェントにも得手不得手、情報の偏りも少なからずあり、あなたの希望に添えない場合もあります。

複数のエージェントに登録し、どのエージェントがあなたに最適か見極め転職活動を進めることで転職成功へ大きく近づくことができます。

待っているだけではダメ!自発的な転職活動を心がける

転職エージェントに任せたきりであなたはエージェントからの連絡を待つだけ。。

それでは転職成功は遠のいてしまいます。

エージェントによっては、あなたから自発的な行動や連絡がないと、やる気がないと見なされ、疎遠になってしまうこともあります。

転職エージェントとは密にコンタクトを取り、今どんな求人が出ているのか、今あなたがするべきことは何なのか、常にアンテナを張っておきましょう。

 登録必須度特徴
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
doda全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細

追記:条件のいい求人を見逃さない方法

さらに、求人について注意点を記載しました。下記をご確認ください。

注意事項:転職求人は不動産と同じ
求人の有無については、各転職エージェントごとに、職種や時期、募集人数により応募締め切りも変わっていきます。
不動産と同じで、募集がかかったと思ったらすぐに募集が埋まってしまうものなので、本気で転職を考えている方は、今すぐにでも転職エージェントを登録し、求人情報を逃さないようにすることが重要です。

大手の転職エージェントで一番求人の連絡が早いのはパソナキャリアです。

まずは電話での相談から可能なので、面談の時間が取れない忙しい方でも相談しやすいです。

転職に悩んでいるのであれば、とりあえずパソナキャリアに登録しておけば安心です。

まとめ

女性の転職・キャリア形成は結婚・出産なども考慮しておこなければならず、困難な場合も多いです。

しかし、「もう限界!転職しよう!」となった時にはあなたの希望する求人はもうなくなっているかも。。。

迷っている今まず行動しましょう!

今すぐに転職と思っていない方も、チャンスがあるうちに転職エージェントに登録して求人をチェックしておくべきです。

いざという時すぐに転職という手が打てるよう、早めの準備を心がけてくださいね。

優良な求人が集まる転職エージェントは下記にまとめています。

 登録必須度特徴
リクルート
エージェント
全ての方に
必須
詳細
doda全ての方に
必須
詳細
パソナキャリア初めての転職に
必須
詳細
マイナビ
エージェント
20代・第二新卒にオススメ詳細

<関連記事>

女性におすすめの転職先として「女性の離職率の低い業界・職種」を解説しています。女性の離職率の低い仕事は女性が働きやすい環境が整っていることが多いので、転職先を選ぶ際にはぜひ参考にしてみてください。