転職したいけど自信がない人は○○するだけでOK!

転職したいけど自信がない人は○○するだけでOK!

転職に自信がない

こんにちは、株式会社Youth Planet-転職エージェントの編集部です。

転職したいけど、自分に自信がないから転職に踏み切ることができない!

このような悩みを抱えている人はいないでしょうか?

実は私も、転職を経験しましたが今までの自分の経歴に自信がなかった為転職に踏み切るまで時間がかかりました。

この記事を読んで、あなたが少しでも自分に自信を持つことができ、自分が希望する働き方に向けて動き出すことができれば嬉しく思います。


<2021年11月の転職情報>

※ 企業は今期中に採用予算を消化させようとしてくるため、内定率も上がるため、転職を悩んでいる方にもオススメのタイミングです。
4月は転職希望者が本格的に転職活動に動き出す時期ですので求人を先に確保することが必要です。
以下のステップで転職のライバルに差をつけることを強くオススメします。

  1. 複数の転職エージェント(『doda』『リクルート エージェント』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
※4月は転職エージェントも気合いを入れてサポートを行うタイミングですので、登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。

また、転職サイトで求人を集めたい方は、国内最大級の求人数を保有している『リクナビNEXT』への登録を早めに行うことをオススメします。

転職に踏み切る自信が持てない原因とは?

昔の私と同様に、転職に踏み切れない人も少なくありません。

転職する自信が持てない理由には、どのようなものがあるのか一緒に確認していきましょう。

転職したいけど自分の強みがわからないので自信がない。

転職をする際に、自分の強みを数値化する必要があります。
例えば、下記の転職成功事例をご確認ください。

2016年度(個人)  目標8,645万円/実績10,960万円/達成率126.8%
(2位/25名中 営業平均達成率109.2%)

上記のように数値化できる仕事の実績があるとベストなんですが、そんな成果を出したことがないから自信がないという人も少なくありません。

さらに、転職を始めて、仕事の成果を振り返ると、自分にはアピールできるものが何もないと感じてしまい、余計に自分に対する自信を失ってしまうのです。

転職したいけど、面接が苦手で自信がない

転職活動の流れは、書類選考→一次面接→二次面接→最終面接という流れが基本です。

常に自分をPRしていく必要がありますが、面接になると上手く自分のPRを語ることができなくなってしまう人がいます。

悪循環なのが、PR語ることができずに不合格になると、次の転職面接でネガティブになってしまい、さらに自信を無くしてしまうのです。

転職に自信が持てないのは私だけ?

転職に悩んでいる人はあなただけで、周囲の人は転職に自信を持っているのでしょうか?

以下の、2017年1月〜12月の1年間に転職エージェントdodaを利用して内定を得たデータを元に算出を確認していきましょう。

転職平均応募社数引用:doda

実は転職成功者が転職活動を始めてから、内定をもらうまでの平均応募社数は17.7社となっています。

あくまで目安となりますが、内定をもらうまでの流れは以下の図のイメージです。

書類通過率面接通過率

つまり、平均すると18社受けると1社転職に成功するのです。

逆の見方をすると「転職者」はなかなか転職先が決まらない状況が続き、自信を失いつつも転職活動を頑張って続けていることが分かりますよね。

私も転職を経験した時は、私だけが自信がないし悩んでいるし・・・と思っていました。

しかし、上記の数値から考えると、多くの人は自信を持てずに、でも多くの企業を受けながら頑張って転職活動をしていたのですね。

転職に成功する人=自信を持っている人

転職で成功する人の特徴が「今すぐ転職をしようとしていない人」

というと矛盾があるように聞こえるかもしれませんが、「今すぐ転職したくてでも内定もらえなくて、、」と自信をどんどん失っていくと内定ってどんどんもらえなくなるものなんですよ。

転職の内定をいくつももらってる人は在職中に「いい案件があれば転職したいな」ぐらいで待ってる人が多いです。

そう言う人はただ何もせず待っているわけではなくて、転職エージェントなどに「いい案件あれば今すぐにでも転職したいんですけど」って転職エージェントをうまく利用して内定をかっさらっていくんですよ。

本当は焦ってもないけど転職エージェントにはそういう体で求人を集めてもらう→心に余裕があるから転職面接でも実力発揮→内定→内定が1つでもあると優秀に見えてさらに内定が増える

転職で成功する人のメカニズムはこういうことです。

転職に自信がない方が、自信を持って転職する秘策

転職に自信がない方が、内定を勝ち取っていく為の秘策はズバり転職エージェントを活用することです。

自分の強みって正直、自分1人で考えていても迷走してしまって余計に自信がなくなってしまいませんか?

余談ですが、私も転職を経験した時は、ただでさえ仕事で忙しいのに合間の時間で自分のPR探してもよく分からないまま、ただ時間が過ぎていってしまいました。。。

転職エージェントは、仕事で忙しくてPRの整理をすることが難しい方や、初めての転職で1人では客観的に自分のPRが分からない方をサポートして、職務経歴書」や「模擬面接」を転職希望先の企業に合わせて対策を行うサービスなんです。

さらに、転職に悩んでいる方も転職エージェントに相談すること はできます。

転職をするかどうか分からない。そんな場合も転職エージェントに相談をしても良いのでしょうか?実際に転職相談をするメリットとデメリットをご紹介します。さらに、転職相談に効果的な転職エージェントの種類も理解することで判断材料が整うのではないでしょうか?

転職に自信がない方に好評な転職エージェント3選

それでは、具体的に転職に自信がない方に好評な転職エージェント3社転職エージェントを選ぶポイントをご紹介していきます。

そもそも、転職するか迷っているという方は、とりあえず担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントdodaに「転職するか悩んでます。。」と伝えるだけでも転職のアドバイスを丁寧に教えてくれますよ。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

リクルートエージェント | 案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

担当者によってサービスに差があるようですが、充実した転職サポートで、第二新卒からハイキャリア層まで幅広い転職者から支持を集めているエージェントです。

転職支援実績No.1ですので、下記の2つの大きなメリットがあります。

  1. 転職エージェントに圧倒的なノウハウの蓄積
  2. 信頼による非公開求人10万件以上の保有

転職を考えていて、まだ登録していない方はすぐにでも登録すべき転職エージェントです。

   リクルートエージェント  

doda | 業界No2.丁寧な対応とノウハウが好評

転職エージェントdoda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営するdodaは、国内規模No.2の転職エージェントで営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

さらに、職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいという評判です。

また職務経歴書対策が必要な方は、以下の専用フォームから登録した方がスムーズです。
>>doda-職務経歴書専門<<

仮に、リクルートの担当との相性が合わなかったときの場合に備えて、必ず登録すべき転職エージェントです。

      doda     

パソナキャリア | 初めての転職には必須

パソナキャリア 転職エージェント

初めての転職活動には「リクルートエージェント」と「dodaに加え、パソナキャリアの登録は手厚いサポートに定評がある為、特にオススメです。

パソナキャリアは転職エージェントとしての能力はそこまで強くありませんが、情報収集先として非常に強力な転職エージェントですので、情報収集を初めて行う方にもオススメです。

     パソナキャリア    

転職エージェントを選ぶポイント

転職エージェントを選ぶポイントは、必ず比較することです。

一般的に企業には、優秀な営業マンもいれば、成績の悪い仕事を真面目にしない営業マンもいるかと思います。

転職エージェントも同様に、転職支援が優秀なエージェントもいれば、成績が悪くブラック企業を平気で紹介してくるエージェントもいます。

ここで、優秀なエージェントの見分け方をご紹介します。

<営業成績が良い転職エージェントの特徴3点>

  1. 連絡スピードが早い
  2. 求人を的確に選んでくれる
  3. 職務経歴書や模擬面接を丁寧にしてくれる

転職において、連絡スピードが早いことは特に重要視してください。

転職の決め手は「 条件の良い求人を選ぶこと 」です。

しかし、求人は不動産と同じで、募集がかかったと思ったらすぐに募集が埋まってしまうものなので、転職エージェントの連絡スピードが遅いと求人がなくなってしまうのです。

転職エージェントの使い方としては、3社を一気に登録をします。 → 各エージェントの連絡スピードをチェック → 求人を的確に教えてくれるかをチェック → 職務経歴書・模擬面接対策が丁寧かチェックして優秀なエージェントを探すだけなんですよ。

あとは優秀な転職エージェントが条件の良い求人を探してくれて、企業に合わせた対策をしてくれて、年収交渉まで一括してやってくれるのです。

例えば、私が初めて転職をするなら、リクルートエージェント」「doda」「パソナキャリアに最低限登録して、各エージェントの比較をします。

リクルートエージェントは国内最大手だから求人数がメリットです。

dodaは営業能力が高いこと、職務経歴書を丁寧に添削してくれることがメリット(求人数も国内N02でリクルートとあまり変わらないこともメリット)

パソナキャリアはとにかく対応が丁寧なので、転職が初めてでも安心して利用できることがメリットです。

あと、転職に悩んでいる段階であれば、「doda」に登録しておけば間違いはないですね。

doda」は大手転職エージェントの中で一番連絡が早いので、条件にあう非公開求人が出たらすぐに連絡してくれますよ。

転職に自信が持てない!まとめ

何度も言いますが、私自身も転職活動をした時には、自信が持てずにただ悩んでいました。

でも、3社の転職エージェントに登録をして、色々自分のPRを整理したり、職務経歴書の作成をサポートしてもらったりしていく中で、これが自分の強みだったんだ!と自信が持てるようになりました。

私は最終的にdodaさんに転職支援をお願いして、面倒を見てもらい、内定をゲットすることができました。

今振り返ると、転職エージェントを選ぶ時に、リクルートエージェント」「doda」「パソナキャリアに登録して、各エージェントの比較をしたことが、内定をいただけたきっかけだったんだなと思います。

あと、転職エージェントを利用すると転職しなきゃいけない訳ではないので、安心して利用できますよね。

私、個人的には優しく丁寧にお話を聞いてくれたり、
職務経歴書の添削をしてくれたdodaの担当者さんがオススメですが、
担当者さんの能力次第なので、やはり比較して決めていくことが重要です。

  1. >>リクルートエージェント
    国内最大手の求人数を保有しています。
  2. >>doda
    職務経歴書や面接の対策サポートが素晴らしいです。
  3. >>パソナキャリア
    初めての転職の方に好評です。

最後に、まだ転職するか悩んでいる段階であれば、転職するかどうかは決めなくていいので、とりあえず相談だけでも大丈夫なので、

担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない>>dodaさんにまず登録して、転職エージェントの雰囲気をチェックするだけでも良いかと思います。

(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません。)

転職エージェントdoda

      doda